プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
最近20件の記事
PR

<注意>当ブログからamazonページに飛んだ先のURLを他サイト・掲示板などに貼る(転載する)のは止めてください。




 ■コチラもどうぞ…

プロレス・格闘技DVD&グッズ

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



ブラックアイ2/Twitter
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»
三崎和雄 の「日本人は強いんです」発言、韓国のTV中継では放送されていた
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
K-1:秋山VS三崎、崔洪万VSヒョードル6月再戦か
 試合後も、いろいろ波紋を広げている三崎vs秋山。
 韓国では三崎の試合後のマイクが全て同時通訳で流されたようです。

日本では放送されなかったのに…

 韓国のプロレス情報でお馴染みのブログから。
 「日本人は強いんです」という三崎の発言(同時通訳つき)と、日の丸を掲げて歓喜する観客たち。

 TBSのカメラからの映像をそのまま生で流したものなのでしょうが、この部分が韓国人視聴者にはかなり癪に障ったらしいです
 日本人ファンの秋山へのあからさまな悪意の反応も相まって、韓国のネットでは非難轟々でした。
 例えば「優位性を誇示して韓国人を見下げる日本人の悪意を見た」など。
 TBSの中継は三崎のマイクが全カットでした。
 韓国ではスカパー・PPVの映像を使ったのか、それともTBSの素材を独自に編集、もしくはLIVEで流したのか・・・。
 あの発言をそのまま訳されたら、批判の声が上がって当然でしょう。例え三崎に意識がなくても。

 Dynamite!!中継、韓国では視聴率で記録を作った。
 また韓国では、ケーブル局でのオンエアながらエメリヤーエンコ・ヒョードルvs.チェ・ホンマン戦のときに13.4%を記録した。これは韓国の大みそかでは歴代最高視聴率(民放・ケーブル含む)となっている。
 そりゃ、ネット含めていろいろ話題になりますわな・・・。
 「韓国で再戦」との噂も出ているだけに、ひじょうに反応は気になります。

韓国で再戦の可能性高まる

 問題となっている4点ポジの顔面蹴りは「反則」「ギリギリOK」と意見が分かれています。
 三崎選手が蹴りの動きに入った時点では秋山選手はグラウンド状態(あるいは猪木アリ状態の猪木側)です。ここで秋山選手がべったりと座り込むなどして動きが止まっていれば、そこから蹴るのは反則になりますが、実際には間を置かずに立ち上がる動作に入っているので、レフェリーとしても止めることはできないでしょう。いわゆる「インプレー」というヤツですね。
 確かに微妙なタイミングではありますが、私見ではギリギリで反則とは言えないと思います。

 さて、昨日、ある関係者と話していて、その話になりました。相手の方は昨日の自分のエントリーを読んだわけではないのですが、その方の意見は「あれは反則。三崎選手の蹴りはグラウンド状態の時点で始まっているわけだから、反則を取るべき。秋山選手が立ち上がっているといっても、あれは蹴りが来たから立とうとしたのであり、スタンド状態と見なされるものではない」というものでした。
 「ヒロシです(涙)。 」さんでは静止画による検証も行っています。
 微妙ですが、両手はマットについているようにも見えます。
 また、別の画像では完全に離れているモノもあります(蹴りがヒットしたあとかもしれませんが)。また、顔面に蹴りは当たっていない、という声もあります。
 「やれんのか!」のアメリカ向け中継で解説をしていたフランク・トリッグは、ゴングが鳴った直後に「頭蹴ったのグラウンドだったろ!」と叫んでいたそうです。
 微妙な感じになってきました。
 
 K-1、やれんのか!共に再戦の可能性を示唆し始めています。
 ヒョードルはM-1グローバルとの契約もあるし、実際、やる必要があるとも思えないので分かりませんが、秋山vs三崎は実現しちゃいそうな雰囲気。

 三崎戦で秋山は負傷。
 6月に韓国・ソウルで開催が噂されている「Dynamite!!」なら十分間に合いそう。
 韓国では絶大なる人気の秋山、大晦日の大熱狂がベビー・ヒール逆転で実現しちゃうかもしれない。
 「見てみたい」というのが正直なところですが・・・日韓の関係は複雑でありやっかい。必要以上に盛り上がって、いろいろ飛び火してとんでもない方向に行くのは恐いですよねぇ・・・。
 もともと、秋山問題に日韓は関係ないわけだし。
 谷川さんには慎重に話を進めていただきたい。

 日韓感情については、最初に紹介した「韓プ」さんの記事もぜひ読んでみてください。

チェ・ホンマンの入隊、今年はナシ

 こちらの話は一応決着か。

 K-1の崔洪万(27=韓国)が今年中に徴兵される可能性が濃厚になったと、韓国メディアが一斉に報じた。兵務庁が4日、崔に通知書を発行すると明らかにし、崔側も受け入れる意向だという。もし徴兵されれば26カ月間、リングに立てなくなる。韓国では19歳から27歳までの男子に兵役の義務がある。以前は身長196センチ、体重130キロ以上で兵役が免除される規定があったが99年に廃止された。
 兵役免除の制度が変わった。

 それを受けてK-1が発表。
 ホンマンの徴兵報道についてFEG広報が発表した文書には「この件は既(すで)に届け出がされており2008年中に徴兵される事はないそうです」とつづられており、07年の大みそかには“人類最強60億分の1の男”として知られるエメリヤーエンコ・ヒョードルと総合格闘技ルールで対戦するなど、活躍を広げるホンマンについて「今年もFEGのリングでホンマン選手の元気な雄姿が見られます」と、08年のさらなる活躍に期待を寄せている。
 届けを出すことで延期も可能なんですかね。取りあえず今年もリングへ。
 ・・・・ヒョードル戦を見た限りでは、MMAの方が向いてる気がするが。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「やれんのか!」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: やれんのか!  2008-01-05
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
「日本人は強いんです」は三崎和雄の決め台詞~12.31 やれんのか! ・まとめ
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 PRIDE消滅から約3ヶ月、様々なトラブルを乗り越え大晦日にたどり着いた「やれんのか!」がうつに開催。
 ここでは三崎vs秋山戦中心にまとめ。

清原和博も激怒

 詳細は以下で。

やれんのか! 大晦日 2007
12.31 さいたまスーパーアリーナ(2万7128人)

[5]1R10分、2R5分
 ○三崎和雄(1R8分12秒 KO)●秋山成勲
 ※左フック→ダウン→起き上がりざま顔面蹴り→パウンド→ストップ
  • 三崎:試合後マイク「おまえは去年、たくさんの人と子供たちを裏切った。俺は、絶対に許さない。今日、試合をして、おまえの心が俺にも届いた。だからこれからは、たくさんの人たちと、子供たちに、お詫びと誠意の気持ちを込めて戦って欲しい」
  • 「柔道最高ッ! 日本人は強いんです!! そして、プライドを10年間愛してくれた皆さん、ありがとうございました。俺もみなさんが大好きです!」
  • 秋山は鼻骨骨折の疑いで病院に直行。
  • 三崎の試合後の発言も行き過ぎとの指摘もあり、秋山の応援でリングサイドにいたプロ野球・オリックスの清原和博内野手も怒りをあらわにしていた。
 三崎の試合後コメント、一部を抜粋。
  • 秋山成勲vs三崎和雄 [ スポーツナビ ]
  • ──試合後の秋山選手へのメッセージは試合前から言おうと思っていた?

     僕の彼に対する思いは伝えようと思っていました。彼をリングに迎え入れた気持ちっていうのは、考えていなかった。彼と向かい合ったことで、魂というか、深い部分が伝わってきたような気がして。
     この男はまたリングの上でみんなの信頼を取りもどさなければいけない。そんな気がしました。

    ──気持ちが伝わってきたから「柔道サイコー!」と?

     僕も柔道出身なので、柔道経験者としてあの言葉が出ました。子どもたちに日本の武道の精神を見直してもらいたい、伝えたい、という思いもありました。

    ──秋山選手についてひと言

     ここで交わったのも何かの縁ですからゆっくり話し合ってみたいですね。向こうが受け入れるかどうか分からないけど、僕はそういう気持ちでいます。
    (略)
    ──スパッツに『愛国心』と入っていますね

     僕に変な信仰はありませんが、今僕が生きているのは、ずっと先輩たちからの命が受け継がれているから。その血が流れているということを僕は誇りに思って生きていますし、日本という国を愛しています。
    まず、三崎和雄の「日本人は強いんです」のマイクが話題となっているいようなので、一応、確認を。
     このマイクは三崎が勝った時の「決め台詞」なんであります!
     ・・・って私も知りませんでしたがw あとで友人に聞きました。

    三崎:試合後マイク「名古屋の皆さん、そして名古屋まで応援に来てくださった皆さん、本当にありがとうございました。皆さんのパワーをひしひしと感じました。本当に皆さんのおかげです。皆さん、日本人は強いんです。成せばなる。越えられない壁はありません。次、決勝戦、郷野さんと、日本人が活躍する姿をその目で見に来いや!」

     試合後、三崎は「みなさん、日本人は強いんです」と笑顔でアピール。「自分は今日、たくさんのみなさんからパワーをもらいました。自分は次の2回戦、決勝戦、日本人の魂を持って上がりたいと思います。そのためにはみなさんのパワーが必要になります。また会場で応援よろしくお願いします」とあいさつした。
     デニス・カーン戦勝利後には言ってないみたい。
     まぁ、でも今回限りのモノでないことは確か。
     ただ・・・秋山を意識して言ってる可能性も十分あるかな。そうだったとしても、三崎に聞いて「相手が在日だから」とは言わないでしょうけどね。

     それにしても三崎vs秋山は凄かった。会場がドカンと揺れましたよ。

     やはりTBS版では佐藤大輔氏の煽りVが流されず。
     未見の方は、ぜひ見ていただきたい。



     サブリミナル的に挿入されるローション。
     暗闇でフラッシュバックする秋山。
     前田明も一瞬映る。
     そりゃブーイングもしますって(笑)。

     試合内容も緊張感あって見応え十分。
     秋山のパンチでダウンしてもビビらず下がらず前に出たことが三崎のKO劇に繋がったのでしょう。

     三崎が放った顔面蹴りは問題となっています。
     韓国ではこんな報道も。
     動画で見ると微妙。

     レフェリー、マスコミなどの意見は・・・。
     三崎選手が蹴りの動きに入った時点では秋山選手はグラウンド状態(あるいは猪木アリ状態の猪木側)です。ここで秋山選手がべったりと座り込むなどして動きが止まっていれば、そこから蹴るのは反則になりますが、実際には間を置かずに立ち上がる動作に入っているので、レフェリーとしても止めることはできないでしょう。いわゆる「インプレー」というヤツですね。
     確かに微妙なタイミングではありますが、私見ではギリギリで反則とは言えないと思います。
     実際に試合を裁いた野口レフェリーの判断は・・・。

     朝からメールと電話がガンガン来る。ほとんどが三崎対秋山のこと。レフェリーの目から見てると、立ち上がり様だったから反則じゃない判断。三崎のダウンもちゃんと目が生きてたし。
     何にしても判定が覆ることはないでしょう。

     ただ・・・個人的にはですね、秋山側にはもうちょっとゴネて欲しいかな、と。
     もちろん三崎の勝利は大感動。でもその一方、“ヒール”秋山の魅力も存分に発揮された試合になったわけで・・・これがラストというのは勿体ない。
     ここで「反則かも」という印象だけでも残しておけば、秋山は“死んでいない”ことになる。
     これってプロレスのヒールが負けるパターンのお約束でもあります。
     リック・フレアーからNWA王座を奪取した藤波辰爾は、試合中の反則を翌日に指摘され、ベルト奪取が無効となっています。こんなアレならプロレスには山ほどある。
     糞プロレスファンの意見で申し訳ないが、ここはもう少しゴネてもらって、リマッチとか狙ってほしいのが本音です。
     もちろん私は秋山が嫌いですよw でもでも「やれんのか!」の裏MVPは間違いなく秋山であるし、彼でなければこの感動はなかったわけで。
     ケガの状態は気になりますが、早く戻ってきてほしいもんです。
     三崎の次戦も注目。

    3月にK-1&やれんのか!開催?

     「桜咲く頃、夢の続きを」、あの言葉はコレに繋がる?
     なお、3月中旬と4月に大会開催場所として、さいたまスーパーアリーナを確保していることを明かした谷川EP。今後の大連立の動向、そしてどんな夢のマッチメークが組まれていくのか、注目だ。
     K-1もHERO'Sも、たまアリはあまり使わない。
     やはりPRIDEのイメージが強い会場ですが・・・・。果たして。
     また、いろいろ騒がしくなりそうですな。
     M-1グローバルも本気で日本に来るようです。

    韓国勢は全敗

     ちょーっと時間がなくなったので、その他の試合結果はリンク先でチェックを。

     簡単に感想。
    • ホンマン戦後のヒョードルは顔面が傷だらけ。パンチの威力は相当なモノ。06年のボビー・オロゴンは早めのストップで正解だった・・・。
    • 試合が終わったヒョードルは珍しくガッツポーズ。終始ご機嫌で嬉しそうに観客と握手。いつも冷静に見えるけど、ヒョードルとしても特別な一戦だったんでしょうね。

     なんと言っても会場の熱が凄まじかった。あれは他団体じゃなかなか出せない。あの空気を復活させただけでも、やった価値はある。
     大会としては大成功だったんじゃないでしょうか。

     あと、ちょっと気になるのは韓国の反応。
     秋山はもちろんですが・・・・大晦日の韓国勢は全員敗戦。
     ○ヒョードル vs ●チェ・ホンマン
     ○青木真也 vs ●チョン・ブギョン
     ○魔裟斗 vs ●チェ・ヨンス
     ○ニコラス・ペタス vs ●キム・ヨンヒュン
     これに国籍は日本ですが秋山も加えると・・・5戦全敗。
     しかも、5人が5人とも韓国では英雄級の選手ですからねぇ。
     ちょっと同情もしたくなりますな。
     K-1は夏頃にDynamite!!を韓国で開催するとの噂あり。

     [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
     「やれんのか!」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

    85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



      カテゴリ: やれんのか!  2008-01-03
    投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
    「 やれんのか! 2007」速報、まとめ
    「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
    ※1月1日に11個の記事を1つにまとめした。
    試合時間も正しいのものに書きかえてあります。
    誤字も訂正しました。

    大会開始前

     たまアリ前は長蛇の列。グッズ売り場&入場口がめちゃ混み。
     トイレも凄い人数が並んでいる。

     会場入りました。
     ステージに青幕。
     花道はハッスルと同じ。但しリング直結ではない。
     ハッスルと違ってこちらはスタンド二階三階も使用。
     まだ空席がちらちらあるが、おそらく全部埋まるでしょう。

    オープニング

     ルール説明後、ドクター、ジャッジ、レフリー紹介。
     島田に当然のブーイング。

     暗転…くる!

     煽りVスタート。
     各選手練習風景中心。
     川尻「試合をさせてください」

     やれんのか!立ち上げ会見から参加団体紹介など。
     暗闇から秋山が浮かび上がる映像。
     谷川氏はなぜか「にゃー」の一言。

     高田登場で太鼓。しかしふんどしにはならず。上半身裸止まり。
     全選手入場式。
     秋山に大ブーイング。一番人気はヒョードル。

     花火ドカン。
     盛り上がりすげー!
     第一試合へ。

    [1]ローマン・ゼンツォフ vs マイク・ルソー

     煽りVなし。

     テイクダウンに成功したルソー、上からがぶって首狙い。
     上四方のように上から首をきめる。

    ○ルソー(1R約2分58秒 前方裸絞め)●ローマン

     勝利者ソングが、プライド時代のモノとかなり似ている。

    [2]川尻達也 vs ルイス・アゼレード

     開始してすぐ、アゼレードの打撃に一瞬ふらつく川尻。
     川尻、テイクダウンへ。上からパウンド連打。
     アゼレードは下から蹴りで対抗。それでも川尻はポジションを維持。
     ドント・ムーヴに観客拍手。UWFのロープエスケープじゃないんだから。

     一旦ブレイク、スタンドから再開も川尻がテイクダウン。
     ラウンド終盤、アゼレードがバックをとりスリーパー狙い。
     続いて腕ひしぎ狙い。なんとか川尻こらえる。
     1R終了。

     2Rも川尻がグラウンドで上の展開がつづく。パウンド連打。
     アゼレードも下から腕ひしぎを狙うが決まらない。
     観客は一本を期待してるような声が目立つ。

    ○川尻(判定 3ー0)●アゼレート

     文句なしの判定。

    [3]瀧本誠 vs ムリーロ・ブスタマンチ

     両者胴着なし。
     両者打撃がよい。パンチがクロスして観客一気に沸く。
     ブスタマンチが下から腕ひしぎ狙い。なんとか瀧本脱出。
     ブスタマンチはマジックのようにスルスルとテイクダウン、マウントを奪っていく。
     驚きの連続。
     3分、スタンドで瀧本のパンチがヒットするも、二発目を空振りしてスリップ、場内「ああー」。
     瀧本は柔道系の投げも狙うがすっぽ抜けて不発。
     ブスタマンチは膝十字をきめるチャンスも。

     2R、瀧本が左フック、腰からブスタマンチがダウン。
     観客ドッカン。
     そのままパウンドにいくが…きめきれない。
     ラウンド終盤にはブスタマンチが下からの腕ひしぎで極めそうになる場面も。

     ○瀧本(判定 2ー1)●ブスタマンチ

     観客「えー」。
     うーん、私もブスタマンチ有利に見えたが。
     いい試合でしたけど。

    [4]石田光洋 vs ギルバート・メレンデス

     煽りV、石田の母親がいい味出しまくり。

     試合開始。
     石田はバックをとるとジャーマンへ。
     上になると腹固め風に足で相手の腕をロック。
     石田の動きがよく、次々にテイクダウンを奪う。
     石田はおんぶされる形で上からスリーパー狙いも、メレンデスは石田を頭から垂直になげ落とし脱出。
     お返し(?)とばかり、石田はメレンデスを持ち上げ、変形のノーザンライトボムのように頭から垂直に落とす。
     しかし落とした瞬間三角絞め食らう。脱出。
     石田はメレンデスのバックを何度もとる。
     メレンデスもバックをとられた状態からアームロック狙い。
     石田がギロチンチョークきめたところでゴング。

     2R、両者よく動く。
     石田はストレート・アームバーできめるチャンスも。
     ラウンド終了間際、両者が寝技でパンチ打ち合い。

    ○石田(判定 3ー0)●メレンデス

     石田は涙のマイク。
     イイ試合でした。

    [5]三崎和雄 vs 秋山成勲

     煽りV。暗闇でフラッシュバックする秋山。一瞬ローションも映る。
     「もう世界は秋山を無視できない」

     秋山の入場。いつもの通り、ステージで正座して礼。
     ブーイングが凄い。リングに上がってもブーイング。秋山は長めに頭を下げる。
     三崎入場。大歓声。

     試合開始、秋山の周りを三崎がまわる。
     三崎が足をとりにいくと、秋山はスルリと抜けて脱出。場内ざわめく。
     両者、スタンドで距離をとる。単発の打撃が出るだけ。
     6分、秋山のワンツーがヒット、三崎がダウン。
     すぐに秋山が上から攻めるも、なんとか三崎脱出。

     スタンドに戻る。
     三崎の右ストレートがヒット、秋山ダウン!
     起き上がりざま顔面へ蹴り!
     またダウンした秋山に三崎は上からパンチを連打!
     レフリー止めた!

    ○三崎(1R8分12秒 KO)●秋山

     大大大爆発。
     観客のほとんどが声をあげて叫んでる(ように聞こえる)。
     高田本部長がリングに上がり、興奮して三崎とがっちり抱き合う。頭を突き合わせて何やら話す。

     三崎は秋山を横にマイク。
     「許せなかったけど戦って通じ合うものがあった」。
     興奮しまくり。
     退場する秋山に拍手する観客も。
     三崎「柔道最高!」 。
     まあ三崎も柔道出身ですけど(笑)
     めちゃくちゃ盛り上がった。

     次の試合はヒョードルvsホンマンに変更。
     急遽、TBS生中継に!

    [6]エメリヤーエンコ・ヒョードル vs チェ・ホンマン

     遠い間合いから胴タックルにいくヒョードルだが、ホンマンは体格で押しつぶし上にのる。
     しかしヒョードルは体を入れ替え腕ひしぎへ。
     決まったかに思えたがホンマンは持ち上げて力で振りほどく。

     スタンドに戻るもヒョードルはまたタックル。ホンマンはまた押しつぶす。
     インサイドガードからパウンドにいくホンマン、リーチの分届く。
     ヒョードルは大勢を変えにいくがホンマンのパンチは止まらない。
     それでもヒョードルは下から腕ひしぎ。
     今度は決まった。

    ○ヒョードル(1R1分54秒 腕ひしぎ逆十字固め)●ホンマン

     ヒョードルの顔は傷だらけ。
     短い試合ながらも内容は濃かった。
     ホンマンは弱くない。

     ヒョードル、マイク「これからも日本で戦うことを約束します」

     ヒョードルは観客と握手しながら退場。


    [7]長谷川秀彦 vs 桜井“マッハ”速人

     中盤以降はマッハの攻勢。スタンドの打撃でペースをつかみ何度かテイクダウンにも成功。
     ラウンド終了間際、長谷川もコーナー際で三角を狙うもきめきれず。

     2Rゴングと同時、吹っ切ったように長谷川が打撃で前に出る。
     しかし決め手はなく、寝技ではマッハが上の場面が目立つ。
     見せ場ないまま終了。

    ○マッハ(判定 3ー0)●長谷川

     正直、観客は疲れ気味…。前がすごすぎた。

     あと1試合。年越しギリギリだなあ。
     頼むぞ青木!

    [8]青木真也 vs チョン・ブギョン

     煽りV。青木は「ついてない男」と紹介。
     カルバン欠場もVの中にネタして入ってる。

     青木、バカサバイバーの入場で盛り上がる。

     試合開始。
     やはり青木が優勢…と思いきや、ブギョンが下から腕ひしぎ。かなりがっちり決まるも…なんとか脱出。

     足関やパウンドでは有利な青木だが、ラウンド中盤、またもブギョンの腕ひしぎにつかまる。
     かなりやばい…ああ、クラッチ切れた!悲鳴!
     その瞬間、体反転して脱出。

     2R、青木が優勢。パウンドでかなりおいつめるが決まらず。

    ○青木(判定 3ー0)●ブギョン

    判定が出たのは11時55分。

     時間ない。
     よいお年を!

    年明け!

     賀正!!

     青木の試合が終わり、選手が続々リングに集まる。
     秋山もいる。今日出ていない吉田、郷野、菊田などもリングへ。
     慌ただしい雰囲気のままカウントダウン。

     高田本部長の「今年も、やれんのか!」で年明け…も一度失敗。
     紙テープとか出ちゃってるのに。
     すぐやり直す。

     リングの上に現れた垂れ幕にはこんな言葉が。

     「桜咲くころ、夢の続きを」
     「桜咲くころ、夢の続きを」
     「桜咲くころ、夢の続きを」

     リングに上がった選手が順番に挨拶。
     三崎に関する話が多い。

     高田が挨拶。
     改めて「今年も、やれんのか」で終了。

     いやあ、いろいろあったが素晴らしい興行でした。


     詳しい感想は明日。
     終了です。

     ダイナマイトの結果をまだしりません…。

     [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
     「やれんのか!」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

    85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



      カテゴリ: やれんのか!  2007-12-31
    投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 2 | トラックバック
    [速報します]明日は やれんのか! を会場から速報
    「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
     まず、ハッスル祭りの速報はしません。ネタバレにもなるので。
     皆さん、夜のテレビを見てくださ~い。
     但し、「ミルコの出番」「大物グラビアアイドル」についてのみ速報します。

     「やれんのか!」も簡単になるかもしれません。
     いろいろ速報するサイトは多いだろうから、視点をちょっと変えようかとも思う。具体的にどうするかは決めてないけど。
     まず、MMAの速報をするのが久しぶり。いろいろ心配だ。

     カードはこちら。
    ■「やれんのか!大晦日!2007」
     12月31日(月)さいたまスーパーアリーナ 開始20:00

     [メ]エメリヤーエンコ・ヒョードル vs チェ・ホンマン
     [セ]青木真也 vs チョン・ブギョン
     [6]長谷川秀彦 vs 桜井“マッハ”速人
     [5]三崎和雄 vs 秋山成勲
     [4]石田光洋 vs ギルバート・メレンデス
     [3]瀧本誠 vs ムリーロ・ブスタマンチ
     [2]川尻達也 vs ルイス・アゼレード
     [1]ローマン・ゼンツォフ vs マイク・ルソー
     20時開始です。
     ブラックアイ2は携帯バージョンもあるんで、他会場からのチェックにはそちらもどうぞ。
    http://beye2.com/i/
     但し、年明けが近くなるとネットは繋がりにくくなります。エラーが出るようになったら、しばらくお待ちください。


     では、最終情報。
     K-1も前日会見。
     KIDの対戦相手ヤヒーラが1.2キロオーバーで計量失格。再計量へ。

     「やれんのか!」はこちら。
     笹原さんは、またハッスルのGMにでもなる気でしょうかw

     で、今日のハイライトはこれでしょう。
     こいつ、やっぱりナチュラルだw  明日が楽しみ。

     [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
     「やれんのか!」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

    85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



      カテゴリ: やれんのか!  2007-12-31
    投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
    Dynamite!!に やれんのか! ~格闘技&ハッスル年末興行おそらい
    「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
     いよいよ今年もあと僅か。
     いろいろありすぎた格闘界を締めくくるビッグイベントがついに近づいてきました。
     ここでは出そろった全カードを順番に紹介。
     UFC、ハッスル、Dynamite!!、やれんのか!。

    UFC79 NEMESIS

     まずは、あと数時間で開始となるUFC。
     日本時間では30日の正午頃から開始のようです。
    ■「UFC79 NEMESIS」
    12月29日(土) 米国ネバダ州・ラスベガス マンダレイ・ベイ イベントホール

     [メ]UFC世界ウェルター級暫定王座決定戦
      マット・ヒューズ vs ジョルジュ・サンピエール
     [セ]チャック・リデル vs ヴァンダレイ・シウバ
     [8]リョート・マチダ vs ソクジュ
     [7]リッチ・クレメンティ vs メルヴィン・ギラード
     [6]ソア・パラレイ vs エディ・サンチェス
     [5]ルイス・カーン vs ジェームス・アーヴィン
     [4]ネート・モー vs マニー・ガンバーリャン
     [3]ジョルダン・ラデフ vs ディーン・リスター
     [2]ホアン・カルネイロ vs トニー・デソウザ
     [1]マーク・ボセック vs ドゥーグ・エヴァンス
     大注目は「シウバvsリデル」。UFCでPRIDEファイターが次々に敗れる中、満を持してシウバが出陣。
     いきなりUFCの主役・リデルと対戦、勝つと負けるじゃこの先ガラッと変わる。
     ソクジュvsリョートも楽しみ。

     この大会には五味隆典が来場するようです。
    ホワイト「五味はUFC79に来るよ。シウバvsリデルを見にくるんだ」

    ――それは本当か?近日中に大きな発表があるのか
    ホワイト「良い知らせを発表できるかどうか分からないが、五味を口説いている最中だよ。ずっと前から五味のファイトは大好きだし、彼にはぜひUFCで戦ってもらいたい。我々が出す条件に彼が納得できれば、彼はUFCで戦うことになるはずだ」

    ――スペシャルゲストとして五味がオクタゴンに招かれることもあるのか
    ホワイト「どうだろうね(笑)」
     まだUFCで決定ではない。
     ただ、「やれんのか!」を蹴っての観戦ですから・・・。

     こちらの大会、日本からでもネットでPPVが買えます。
     以下のサイトに説明あり。
     「どうしても見たい」という方はチャンレンジしてみては。

     続いて大晦日。

    ハッスル祭り2007

     試合順決定。
    ■「大みそかハッスル祭り2007」
    12月31日(月)さいたまスーパーアリーナ 開始13:00

     [メ]ジャイアント・シルバ、スコット・ノートン vs 坂田亘、HG
     [セ]インリン様、Gムタ、Mボノ vs 天龍源一郎、TAJIRI、RG
     [4]アン・ジョー、Gバボ vs 池谷銀牙(幸雄)、ザ・グレート・サスケ
     [3]ダイナマイト・ハードコア・ハッスルウエポンマッチ
      キンターマン、クロダーマン vs Erica、崔領二
     [2]川田利明 vs ジャイアント白田、KUSHIDA、\(^o^)/チエ
     [1]猛毒コブラ男爵 vs ケロロ小隊(ケロロ軍曹withギロロ伍長、タママ二等兵)
     結局、メインは坂田&HG。ビッグマッチのメインとしては弱いんですが・・・何かありそうな予感。エスペランサーに続く総統の化身が現れる? それがミルコだったらスゲェなあw

     その他、ハッスル情報をまとめて。
     当日券は全席でるみたい。売れてるんだろうか?

    K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!

     大阪ドームも全カード決定。
    ■「K-1 PREMIUM 2007 Dynamite!!」
    12月31日(月) 大阪・京セラドーム大阪 開始15:00

     [メ]桜庭和志vs船木誠勝
     [セ]山本“KID”徳郁 vs ハニ・ヤヒーラ
     [11]ボブ・サップ vs ボビー・オロゴン
     [10]<K>魔裟斗 vs チェ・ヨンス
     「9」<K>ニコラス・ペタス vs キム・ヨンヒョン
     [8]<K>武蔵 vs ベルナール・アッカ
     [7]K-1甲子園U-18日本一決定トーナメント決勝戦
     [6]田村潔司 vs 所英男
     [5]ミノワマン vs ズール
     [4]メルヴィン・マヌーフ vs 西島洋介
     [3]宮田和幸 vs ヨアキム・ハンセン
     [2]K-1甲子園1回戦:久保賢司 vs 雄大
     [1]K-1甲子園1回戦HIROYA vs 才賀紀左衛門
     [OP]<K>立川隆史 vs 井上由久
     [・]K-1甲子園リザーブファイト:村越凌 vs 藤本新

     ※<K>印がK-1ルール(K-1甲子園ももちろんK-1ルール)。
     最後にニコラス・ペタスvsキム・ヨンヒュンの試合が追加に。
     オープニングも足せばたっぷり16試合。全部終わるまで何時間かかるのだろう・・。
     田村vs所もHERO'Sルールでおさまったようで。

     Dynamite!!関連情報。
     綾戸智絵さんがペタスの応援歌を歌う予定。

     私はボブ・サップが気になります。ボビー相手にビビったらおしまい。

    やれんのか!大晦日!2007

     何とか大晦日までたどり着きました。
    ■「やれんのか!大晦日!2007」
     12月31日(月)さいたまスーパーアリーナ 開始20:00

     [メ]エメリヤーエンコ・ヒョードル vs チェ・ホンマン
     [セ]青木真也 vs チョン・ブギョン
     [6]長谷川秀彦 vs 桜井“マッハ”速人
     [5]三崎和雄 vs 秋山成勲
     [4]石田光洋 vs ギルバート・メレンデス
     [3]瀧本誠 vs ムリーロ・ブスタマンチ
     [2]川尻達也 vs ルイス・アゼレード
     [1]ローマン・ゼンツォフ vs マイク・ルソー
     ラストに「ローマン・ゼンツォフ vs マイク・ルソー」が追加に。このバーター的追加カードはPRIDEっぽいと言えるなぁ(笑)。
     並べると・・・カルバンの欠場が改めてイタイ。
     こうなると、一番の注目は秋山ですね。煽りVが楽しみだ。

     やれんのか!情報をまとめて。

     カルバンは最初から出る気がなかった? でも「やれんのか!」がなかったとしても、K-1から間違いなくオファーは来ていただろうし…ホントの話ならもっと追求すべき。
     明日はアルタ前で公開記者会見。
     秋山の身体を島田レフェリーがチェックしたらオモロイなぁ。ハッスルマニアでヌルヌルネタやってたもんね。

     えーっと、こんな感じで。

     プロレスサミットも書こうと思ったが、今見たら公式サイトに繋がらん・・・。
     グレート・サスケさんが大晦日から元旦にかけて、試合に出まくるらしい。

     [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
     「やれんのか!」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

    85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



      カテゴリ: やれんのか!  2007-12-30
    投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
    «Prev || 1 | 2 | 3 | 4 || Next»
    コンテンツ

    情報クレクレ掲示板
    ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

    「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
     サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
    ネット・プロレス大賞 2011
    ネット・プロレス大賞 2010
    ネット・プロレス大賞 2009

    ※以下は更新を終了したコンテンツ
    楽天・注目商品
    【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
     >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

    楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
     プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
    【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
     アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
    ボディメーカー
     格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
    フィットネスショップ
     格闘技用品、トレーニング用品販売。
    <以下は楽天ではありません>
    DEPORTES(デポルテス)
     原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

    COMMENT

    コメント一覧100件を表示

    • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
    • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
    • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
    • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
    • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
    • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
    • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
    • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
    • あらやどん…目の具合の方はいかがですか?新ブロ...
    • ツカタ…「MVP」藤本つかさ 「最優秀試合」杉...
    TRACKBACK

    トラバ一覧50件を表示

      CATEGORY