プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
最近20件の記事
PR

<注意>当ブログからamazonページに飛んだ先のURLを他サイト・掲示板などに貼る(転載する)のは止めてください。




 ■コチラもどうぞ…

プロレス・格闘技DVD&グッズ

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



ブラックアイ2/Twitter
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 35 | 36 | 37 || Next»
12.23 ノア・大田区総合体育館大会を見てきたよ/バッドエンド連続の理由を考える
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ブログはお久しぶりとなります。
 一昨日はノア・大田区総合体育館大会を観戦。Twitterで感想を書こうかと思ったのですが、長くなりそうなのでブログに書いてみる。
 ただTwitterの延長みたいなものなので、あまりキッチリした文章にはならないかも。そこはご勘弁を。

 自分が新しい“大田区体育館”に来るのは2度目。
 前回は、2012年8月26日の全日本プロレス。メインは秋山準vs船木誠勝の三冠戦。
 この大会も、“全ベルト他団体流出”なるドラマの最終回的興行でした。
 もう遠い遠い昔の話のように感じます。

鈴木vs丸藤

ベルト奪還、団体継続

 約1年続いたノアvs鈴木軍、団体解散を懸けた大きな区切りとなる決戦。
 会場は文句なしの超満員。
 「ノアが新日本の子会社に?」なる噂から始まった2015年、まさかのバッドエンド連発に「何をやっているんだ?」「本当に潰れるぞ」と、いつ見放されてもおかしくない状況が続いていたはずなのだが…最後の最後に超満員。
 ほぼレギュラー参加選手だけでコレというのが、また凄い。
 ノア選手・関係者
そして鈴木軍も、「ザマーミロ!」と天に叫びたい気分だったのでは。

 ノアと鈴木軍の抗争は、単なるストーリーでなく、暗い噂を巻き込むことで、ノンフィクション的な色を強めていました。どこからどこまでがストーリーなのか分からなくなってくる。これが結果的に注目を集め、話題を大きくするることに繋がったと自分は見ています。
 もちろん鈴木軍を中心とした高いレベルの試合内容もあってこそ。

 この日も良い試合が多かったと思います。
 自分は目がアレなので、細かい試合内容は分かってないのですが(TVで確認します)、メインは名勝負と言っていい内容だったと思います。
 大阪の杉浦戦では正面からの壮絶な打撃戦が見せ場であったが、今回は丸藤のスピードに対抗する、巧みな時間差(丸藤)ロープワーク攻防や切り返しの妙が一つの見せ場になっていた。
 鈴木みのるの幅の広さには唸らされるばかりです。使う技は変わらないし、数も少ないんですけどね。

 1年待ったハッピーエンド。杉浦のダブルクロスこそあったが、それも含めて「来年へ続く」とハッキリ示せたことが1つ良い点。鈴木軍も全員かは分からないが、たぶん継続参戦。
 加えて、この日の興行内容が、「来年も面白いものを見られそうだ」と思わせたことも大きい。
 クイズの答えがパタパタっとハマていくような感覚も不思議な興奮へとなっていく。
 興行時間は長めでしたが(4時間半)、良い興行が体感できました。
 間違いなく生観戦で正解。
 

なぜ、あそこまでバットエンドを繰り返したのか

 ここからは、ややぶっちゃけた感じの話。
 「なぜ、あそこまでバッドエンドを繰り返したのか」、その理由を考えてみる。
 もう、このことは1年間ずっとあーだこーだと想像しまくってましたね(笑)。

 今のところの結論は…「ハッキリとした“どん底の年”を作りたかった」。
 選手離脱もあって、ここ数年は厳しい年が多かった。多少の上がったり下がったりを気にするぐらいなら、ドンと「今、ヤバイです」と提示してしまう。
 もちろん、そこから団体として上がっていく流れを作るための下ごしらえ。イチかバチかの下ごしらえ(笑)。
 参考としているのは今の新日本プロレスでは。
 2000年前後のどん底期ガあって、そこから徐々に信用と二期を取り戻していくストーリーは、新日復活を語るうえで必ずついてくる。
 ノアという「団体」に感情移入させるストーリーの起点が2015年。
 今年だけで語るなかれ…ですかね。
 …と言うことなら、来年以降のほうが大変かもしれないか。

 ※追記:また、確かに今年はバッドエンド興行ばかりではありましたが、ビッグマッチ前になると「今度こそはノア側が勝つかも!」と、ファンの期待を高める努力を必ずしてきたのですよね。これは忘れちゃいけない。めちゃくちゃ難しい。そこをしっかり出来ていたから1年もったわけで、単純にバッドエンドを連発していたわけじゃないのです。

気になる点はいろいろあるが…

 来年以降も楽しみではあるが、まぁ気になる点はたくさんありますね。
 「鈴木軍頼りでいいのか」とか、「この抗争をキッカケにブレイクした選手がノア側にいない」とか、「団体解散を狙う軍団に加入した杉浦は、きちっと発言の整合性をとれるのか?」とか。

 ただ、鈴木軍がこれまで通りの活躍をすれば、興行としての面白さは保証されるでしょう。
 「ノアはそれでいいのか?」という話になるが…、考えてみると、新日本が再生できた大きな理由の1つに「ファンの入れ替えに成功した」というのがあるんですね。そこまで考えてるなら…2016年も驚くことをたくさんやってくるかも。
 「1ユニットと団体で互角以下の闘いしかできない=「新日本との差がハッキリ見えてしまった」という問題もある。
 「でも団体の格」より「興行の面白さ」を優先して勝負していくようになるなら、とてつもない改革ですよね。
 でもまぁ、ノア所属選手の活躍は必須。中島勝彦選手、頼みますよ。

 しかし鈴木軍が継続参戦というのは意外でした。
もう新日本に戻してあげたい選手も何人かいますよね(笑)。
 本当のところ、新日本との関係はどうなっているのだか…。
 ノアを大きくすることで新日本に何の見返りがあるのか?
 やはり子会社化?…と、また底なし沼に入り込む…(笑)。
 ノアと新日本は12月・1月と契約更改なので、2月シリーズのカードが出るぐらいには、いろいろハッキリしてくるのでしょう。

次は横浜文体決戦

 1月の横浜文体、かなり良いカードで勝負きた。
 ここの内容・集客がどうかは注目です。
 実はこの大田区→横浜文体の流れは、記事最初に話題とした2012年の全日本プロレスのスケジュールと重なるのです。

2012年 全日本プロレス
 8月26日 大田区総合体育館 秋山vs船木
 9月23日 横浜文化体育館 船木vs諏訪魔

2015~2016年 ノア
 12月23日 大田区総合体育館 鈴木vs丸藤
 1月31日 横浜文化体育館 丸藤vs杉浦  

 2012年の大田区はソコソコの入りでしたが、横浜は空席が目立ちました。
 不入りの理由は幾つかあるだろうが、「当時の全日本には、3~5千人規模大会を2ヶ月連続で打てる体力が無かった」というのが大きいと自分は見ています。
 さて、ノアはどうか。

 とにかく、「プロレスは点で無く、線で見るほうが面白い」と改めて思わせてくれたことに感謝しております。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「NOAH」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: NOAH  2015-12-26
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
12.9 ノア・両国国技館大会、速報~小橋建太、自らの口で「引退」を表明
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 G+の生中継見ながら速報します。
 申し訳ありませんが、目の不調につき、結果と大きな出来事のみ書き出します。
 いつもと違い、このページ1つに結果を追記していきます。

 全カードはこちら。
プロレスリング・ノア公式サイト | PRO-WRESTLING NOAH OFFICAL SITE
 小橋選手挨拶は第5試合終了後。

▼第1試合 タッグマッチ ノアvsダイヤモンドリング3番勝負
 シェイン・ヘイスト&マイキー・ニコルス vs 北宮光洋&剣(ダイヤモンドリング)

○ヘイスト(?分 シットダウン・パワーボム)●北宮

▼第2試合 タッグマッチ ノアvsダイヤモンドリング3番勝負
 石森太二&小峠篤志 vs 中嶋勝彦&梶原慧

○中嶋(11分 デスロール→片)●小峠


▼第3試合 シングルマッチ ノアvsダイヤモンドリング3番勝負
 モハメドヨネ vs 宮原健斗(ダイヤモンドリング(

○ヨネ(7分 キン肉バスター→片)●宮原
 ※ノアvsダイヤモンドリング対抗戦は2勝1敗でノア勝利。


▼第4試合:GHCJrヘビー級タッグ選手権
 [王者]スペル・クレイー、リッキー・マルビン vs [挑戦者]金丸義信、平柳玄藩
 
○マルビン(15分? 変形ツームストンパイルドライバー?)●平柳
 ※王者・クレジー組が防衛。
 平柳が入場口上からダイブするなど大奮闘。

▼第5試合 GHCJrヘビー級選手権
 [王者]近藤修司(全日本プロレス) vs [挑戦者]鈴木鼓太郎

○近藤(12分 キングコング・ラリアット→片)●鼓太郎
※王者・近藤が防衛
 ラリアットvsエルボーの撃ち合い。
 石森が挑戦アピール。
 全日本プロレス・内田社長がブーイングのなかリングに上がる。 


▼小橋建太、挨拶
 小橋スーツ姿でリングへ。
 まず最初に言っておきたいことがあります。一部で報道された戦力外通知、解雇というのはありません。
 しかし実は、4年前から首の影響で左腕、左足が力が入らなくなっていて、医師から緊急手術するか引退するかを決めてほしいと言われまして、今年7月に思い切って首を手術しました。
ここまで復帰目指し頑張ってきました。しかし依然として状態は悪く、ここにきて私自身、完全復活は無理だと判断し……(観客から小橋コール、「待ってるよ」という声も)……引退することを(女性の悲鳴のような声が聞こえる)…決意しました(観客拍手)。
 でもプロレスは僕の、命です。もう一度、もう一度だけリングに上がって完全燃焼して、自分のプロレス人生に区切りをつけたいと考えています(拍手)。
 これからの人生、プロレスで学んだ不屈の精神で一生懸命、頑張っていきたいと思っています。
 本当に皆さんには何もなかった自分がここまでこれたのは、本当に皆さんの応援があったから、自分が頑張れたんだと思います。
 皆さんに対してできることは本当に感謝の気持ちしかありません。でも、もう一度、もう一度だけ、自分のコンディションを作ってリングに上がります。そのときはよろしくお願いします。 皆さん本当にありがとうございました。
 自分がこうして引退宣言する日が来るとは思わなかったです。……小橋建太に世代交代はない、と言ってから、自分でこういう風に言うときが来るとは思わなかったです。しかし時代は動いています。人間、こういう時は必ず来ます。しかし人生が終わったわけではありません。これから、もう一度、もう一度頑張って、この充実したプロレス人生に負けない人生をおくりたいと思っています。
 皆さん、本当にありがとうございました。
 ついに引退。


▼第6試合 6人タッグマッチ
 秋山準&小川良成&青木篤志 vs 曙&太陽ケア&カズ・ハヤシ

 ○曙(15分? ランニング・ボディプレス→体)●青木


▼第7試合 トルネード・ストリートファイト6人タッグデスマッチ
 KENTA&高山善廣&マイバッハ谷口 vs 大仁田厚&矢口壱郎&保坂秀樹

 有刺鉄線バッド、机、毒霧と凶器を大仁田組はうまく利用。更にセコンドモ乱入。
 リングのド真ん中で机パイルドライバ0、
 ノーマーシーはタッチ必要ないトルネード形式なのに一人しか選手が出ない。タッチもしている。
 高山が大仁田捕まえるも…毒霧食らう。
 そのピンチを救ったのは…マイバッハ! 有刺鉄線バットで大暴れ! いつかの東スポ改造記事がここで生きるとは!
 最後はKENTAが保坂を捕まえる。保坂も粘るが…G2Sで勝利。 

 ○KENTA(15分? ゴートゥースリープ→片)●保坂

 「帰れ」の声が観客から乱れ飛ぶ(帰れコールではない)なか大仁田がマイクでKENTAとの一騎打ちをアピール。
 KENTA「GHCのあるリングを汚すな。シングル?やってやると言いたいところだが、お前にかまってる暇はないんだよ」
 KENTA対戦拒否に大仁田食い下がるも、更にKENTAは大仁田の口調を少し真似して拒否。
 KENTA「俺たちは今のノアをよくすること、それだけしか考えてないから」。


▼第8試=セミ GHCタッグ選手権
 [王者]潮崎豪&斎藤彰俊 vs [挑戦者]丸藤正道&杉浦貴

 終盤、杉浦が斎藤の耳(側頭部)にエルボー。これで動きが止まった斎藤に一気のラッシュで勝利。

 ○杉浦(20分? 五輪予選スラム→片)●斎藤
 ※挑戦者・丸藤&杉浦が王座奪取。

 フィニッシュの瞬間、丸藤と潮崎は場外で激しく殴り合い。
 試合後は顔をつき合わせなにやら話す。

杉浦マイク(一部聞き取りにくく、言葉が違っているかも)「このベルトは!三沢さんが作ったノアのベルトだ。守ってていくから、去って行くものはどうでもいいアけど試合になったら本気でやるから」。
 丸藤マイク「俺たちは絶対に諦めない。どんなことがあってもベルトとノアのマットを守っていく。よろしく!」

 本日、退団の噂が出た選手(チーム)は全て敗れた。


▼第9試合=メイン GHCヘビー級選手権
 [王者]森嶋猛 vs [挑戦者]小島聡(新日本プロレス)

 小島ペースの試合も、終盤に森嶋ラッシュ。
 バックドロップ→ラリアット→バックドロップで森嶋が勝利。

○森嶋(20分 バックドロップ→片)●小島
 ※王者・森嶋が防衛

 解説のKENTAが「次は俺かな」と言って放送席を立ちリングへ。
KENTAマイク「今、この団体のトップとして引っ張っていく決意が、どっちが強いか、はっきりしよう」
 森嶋「きっちり、次、大阪! やったろうじゃねーか、おら!」

森嶋インタビューの中で「来年、残っているメンバーで頑張っていきます!」。
 やる気元気で締め。

 速報終了です。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「NOAH」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: NOAH  2012-12-09
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 2 | トラックバック
小橋解雇を田上社長が否定~秋山準退団は契約内容に納得いかず?
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 東京スポーツの報道を受けて、ノア・田上社長が千葉大会で会見。
 また秋山準ら退団を報じられた選手が言及。

12.9両国で小橋本人がファンに説明

 東スポ記事に関しては以下で。
小橋解雇に秋山ら激怒か。潮崎・金丸・鼓太郎・青木が退団~両国直前にノア激震 | ブラックアイ2

 これを受け、本日行われたノア・千葉大会において、田上社長が緊急会見。
 携帯サイト「プロ格X」から。 
田上社長会見
  • 小橋建太を解雇はしていない。
  • 小橋本人が12.9両国でファンに説明をする。
  • 秋山・潮崎ら5選手からは退団の意思を告げられたが、まだ交渉中の段階。

 「解雇」ではないが、「辞めない」とは言っていないので…一方的なクビ切りでないことは強調。

 秋山選手は、試合後会見で「まずは両国」としながらも一部言及。
 秋山・潮崎選手の発言のみ一部引用。全文は携帯サイトで確認してください。
秋山「まぁ12月中は契約更新期間。そこは例年と変わらないんで。自動更新だと、前年と変わらない条件で契約更新…となるんですけど、今年は申し訳ないけど、そのままは継続しません、と。それだけですね。

===

――小橋が両国に来場して何かを説明するようだが、聞いている?
秋山「聞いてはいますけど、そこは小橋さんがファンの皆さんに直接説明したいことなんで、僕がとやかく言うものじゃないです。まぁ、裏の話が前に出ちゃったんですけど、まずは両国なんで。こういうことでも無いと、こんなに(報道陣も)来てくれないとは思いますけど…」

===

潮崎「契約の件は、12月の間に交渉するってことなんでね。今は両国、その先の大阪、ディファもありますし、そこを全力で、満足してもらうために頑張るだけです」

 前の記事で「小橋解雇に秋山ら激怒か」と書きましたが、発言そのままなら、この話は別。
 秋山らは契約条件に納得いかず退団を申し入れた。更に潮崎の発言からすると、再交渉となる可能性もありそうである。
 秋山ら5選手に関しては年末でどうなるか分からないということか?
 正直、表に出されてノアは迷惑がっているだろうが…東スポはどこまで真相を掴んでいるのか?
 記事の最後に「ブオンブオン」と書いておけば広い心で受け止められたのに。。

 なお、本日の千葉大会では小川良成選手が約1年ぶりに復帰をしています。



 

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「NOAH」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: NOAH  2012-12-05
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 8 | トラックバック
小橋解雇に秋山ら激怒か。潮崎・金丸・鼓太郎・青木が退団~両国直前にノア激震
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
東京すポーツから。
ノア激震!小橋解雇、秋山ら退団 | 東スポWeb – 東京スポーツ新聞社

 ノアは欠場中の小橋に対し来年契約を結ばないことを通告(フリー契約かどうか不明)。
 これに納得いかなかったか、秋山、潮崎、鼓太郎、金丸、青木の5選手が11月末に退団意思を団体に告げた。
 今年の選手契約は12月31日まであるため、6選手はクリスマスのディファ大会まで予定どおり出場するものと思われる(小橋は欠場中)。
 ノアは今後も秋山らに関しては残留するよう説得するつもり。まだ「退団決定」ではないということか…。

 本日、ノアは千葉大会。小川良成が約1年ぶりに復帰。
 今週末には両国国技館大会を控える。
 潮崎は現GHCタッグ王者として防衛戦。鼓太郎は近藤修司のGHCJr王座に挑戦、金丸はGHCJrタッグ挑戦する。

  今日の会見で大仁田厚は早速、この件に触れネタにしている。

 小橋は前日に取材を受けていた。

佐久間一彦 @kaz39saku
東スポに小橋選手が秋山選手らとともにNOAHを退団というニュースが出ていた。昨日、仕事をご一緒させていただいた小橋選手は団体内でのことを微塵も感じさせず、介護を頑張る方々に熱いメッセージを送り、勇気づけていた。スキャンダルよりもこの事実を伝えたい。

 ノアにしても解雇したくてしたわけではないはずだが…グローバルリーグ戦でのKENTA活躍で勢いついたと思われた矢先、ここにきてショック大きすぎる。
 秋山は今年1月にもタッグ王座挑戦の決まっていた斎藤彰俊を解雇(フリー契約)としたことに激怒、「ちゃんとやれよ!」とマスコミの前で団体に向い叫んだ。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「NOAH」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: NOAH  2012-12-04
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
ノア・グローバルリーグ戦開幕~秋山準&KENTAの再浮上があるかないかに注目
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ノア主催リーグ戦「グローバルリーグ戦」が開幕。外敵・永田裕志がメインで勝利。

12.9両国で「森嶋vs小島

永田が潮崎に快勝 3大リーグ戦制覇へ好発進 小島が12.9両国で森嶋のGHC王座に挑戦 [ スポーツナビ | 格闘技 ]
■11月3日 ノア / 東京・後楽園ホール(2000人・超満員)
▼メイン グローバルリーグ戦 Aブロック
 ○永田裕志(18分47秒 バックドロップ・ホールド)●潮崎豪

 試合後、客席の「ナガダンス」コールに応え永田はダンス披露。コメントからすると本人は踊るつもりなかったようだが。
 そのほか公式戦:○秋山vs●中嶋、○KENTAvs●宮原、○シェインヘイストvs●丸藤。
 過去に体重差超えて激戦繰り広げた秋山vs中嶋が気になる。
 テンコジ参戦、杉杉浦貴&モハメドヨネに勝利。
 試合後に小島が森嶋を呼び出す。
 試合後、小島がマイクを手にすると、場内からはブーイング。小島の「ヤル気、元気、聡。森嶋選手、いるなら出てこいよ」という呼びかけに、GHCベルトを肩に担いだ森嶋が出てくると、小島は「本当に出てくると思わなかった。モリシー、ヤル気と元気があるんだったら、両国で私とそのベルトを賭けて試合しませんか。でも、勝てる自信がなかったら、別にキャンセルしてもらっても構わないです」と言うと、森嶋は「リーグ戦、ありますが、オレが優勝してキッチリ、ケリつけます。ヤル気、元気、ありますよ。両国、やったろうじゃないか!」と絶叫。小島も握手をかわすと、「ヤル気、元気、聡。ドントストップだ、いっちゃうぞバカヤローッ!」と、森嶋の決め台詞をもじってアピールした。
 両国は「森嶋vs小島」へ。
 これに秋山準が疑問を投げかけている。
「グローバル・リーグ戦2012」開幕戦 11月3日(土)後楽園ホール大会 試合後コメント
 試合後コメントから。
<秋山>「優勝しか考えていないし、もう一度GHCに近づくためにと思ったら、何かワープして、やっちゃうの?あれ。やっちゃうのかな。まぁ、両国でやるのなら、このリーグ戦はどうなるのかな。また去年みたいに“その次”って言うのなら“このリーグ戦の勝者は次の1月のチャンピオンシップの権利を与えられる”とかやっておかないと、“はい?”ってなるからね。同じ新日本の永田裕志がこのリーグ戦で小島だけがマイク持って挑戦できるんだって。 もしかそうなんだったら来年の挑戦者決定で、これで優勝できたら1月の大舞台で挑戦できるとか言っておかないと、俺も分からないし、お客さんも分からない。お客さんも“何で?”ってなる。何で?ってことをやっちゃダメだよ。以上です。」
 ごもっともな話。
 昨年のグローバルリーグ戦は開幕前に「リーグ戦直後の11.27有明コロシアム大会はKENTA挑戦」と決まっていた。
 今回も同じようなことはできたと思うが、小島選手のスケジュールの関係か少し歪な形になってしまった。

 そして、こういう疑問の声を上げるのはやはり秋山なんだなぁ、という感じも。
秋山準がGHCタッグ奪還も会見で激怒「ちゃんとやれよ、全部! 普通にやれよ!!」~ノア・大阪府立、結果 | ブラックアイ2
 今年初めの「ちゃんとやれよ」発言が思い出される。
 秋山以外ならKENTAがこの立場か。
 2人ともノアファンの信頼度は高いと思われるが、ここに来てリング上では結果が出ていない。
 秋山はGHCタッグ王座を失い、GHCヘビー王座挑戦も失敗。
 KENTAは復帰後すぐにGHCヘビー挑戦も失敗で、ようやく奪取したGHCタッグ王座を初防衛戦であっさり失った。
  どうもノアの中心に居座れない。
 ただ今回のリーグ戦となれば全員フラットな状態からの争いです。ストーリーや流れに関係なく1シリーズでチャンスを得ることができる特別な機会。再浮上も可能。
 逆に言うと、ここで優賞できないようだと当分チャンスはまわって来ないことになる。

 秋山準とKENTAがグロ-バルリーグ戦で勝ち残れるかどうかは、今後のノアの動向を占う意味でひじょうに重要と考えます。

 ちなみに、例年通りならノアの契約更改は年末です。

近藤修司×鈴木鼓太郎、決定

 両国大会の追加カードが発表となっています。
「GREAT VOYAGE 2012 in RYOGOKU vol.2」12月9日(日)両国国技館大会 対戦カード第2弾 GHC選手権開催!
■12月9日(日) ノア / 東京・両国国技館(15:00)
<追加カード>
▼GHCヘビー級選手権
 [王者]森嶋猛 vs [挑戦者]小島聡(新日本)
▼GHCJrヘビー級選手権
 [王者]近藤修司(全日本) vs [挑戦者]鈴木鼓太郎
<既報カード>
▼GHCタッグ選手権
 [王者]潮崎豪&斎藤彰俊(王者) vs [挑戦者]杉浦貴&丸藤正道
 後楽園大会で青木篤志に勝利、王座防衛した近藤修司が2度目の防衛戦。


<お知らせ>
ブログ更新ができず申し訳ありません。
少しずつ目は良くなってるはずなんですが、元の状態にはまだまだで。
 とにかく文章を読むのに時間がかかって困っています。
 この記事も、いつものニュースクリップのつもりで書き始めたのですが、あまりに時間がかかるので途中で一本の記事に変更しました。
 まだ本格的な更新再開には時間かかると思います。しばらく不定期更新続きますので、ご迷惑おかけしますがよろしく尾根がします。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「NOAH」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: NOAH  2012-11-04
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 5 | トラックバック
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 35 | 36 | 37 || Next»
コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY