プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
-
日本レスリングの物語

¥ 2,730 (定価)
 (Amazon価格)
単行本 
(価格・在庫状況は7月18日 17:48現在)
 「1976年のアントニオ猪木」「1985年のクラッシュギャルズ」著者・柳澤健氏の新刊。
 女子の活躍にみるように、近年躍進めざましい日本レスリング。その歴史は柔道やプロレスとの交流、確執に始まった。豊富な取材をもとに、日本レスリングの父・八田一朗から、黄金期を支えたスーパースターや天才たち、指導者たち、そして現在最前線で戦う選手たちまで、無数のドラマと多様な人物を描ききる力作。
元・新日本プロレス

1,500 (定価)
 (Amazon価格)
単行本 
(価格・在庫状況は7月18日 17:48現在)
 70年代から90年代にかけ、マット界の盟主として君臨し続けた最強興行団体「新日本プロレス」。日本の格闘技文化の源流でもある同団体に、かつて籍を置いた者たちを、著者が訪ねて歩く旅の記録。彼らの口から語られる「新日本体験」と「その後の人生」から、隠されたマット史が鮮明に蘇る。
アントニオ猪木デビュー50周年記念DVD-BOX (初回生産限定)
2010-12-03
105,000 (定価)
 (Amazon価格)
DVD 
(価格・在庫状況は7月18日 17:48現在)
20枚組3600分
 アントニオ猪木の50周年を記念し、未公開シーンも含めた秘蔵試合映像を多数収録!初蔵出し写真が満載の巨大写真集と、全試合データを収録した記録集付きの初回生産限定の20枚組DVD-BOX!!

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



 top >> カテゴリー:IGF・アントニオ猪木 >> この記事

2009-11-03

11.3 IGF・JCBホール大会、速報まとめ
 この記事は7つの速報記事を1つにまとめたものです。
 試合結果も正しいものに書きかえてあります。


 

速報開始。

 入場するとパンフ、DVD、闘魂タオルをタダでくれた。太っ腹すぎる。
 セットは特になし。
 大型ビジョンがあるだけ。

 入りは…私の位置から見えない席が多いが、だいたい埋まってる感じ。
 ほぼ満員。
 ところどころ固まった空席がある。
 立ち見で観戦。
 12分遅れで煽りVスタート。

[1]10分1本勝負 定アキラ vs 奥田啓介

 両者同時に昔のTV朝日スポーツテーマで入場。
 新人はテーマ曲なしってことか。
 定は黒ショートタイツ。

 試合開始。
 奥田がガンガン攻める。
 序盤から掌打で奥田がダウン奪う。
 奥田の打撃が強い。
 ローキックでも吹っ飛ばす。
 定は鼻血。
 ロックアップにいってから両者は掌打、膝蹴りを狙う。
 …かなりシュートっぽい。
 もしかしたら暗黙の了解以外ガチかも。

 後半は両者スタミナ切れ。
 コーナーに定が押し込まれ掌打、膝をお互いうつ。
 それでも奥田は前に出続ける。
 定のタックルは潰される。
 そのまま時間切れ。

定(10分時間切れドロー)奥田

 かなり実験的な試合だったかも。

[2]10分1本勝負 鈴木秀樹 vs 藤井克久

 鈴木が水車落とし、藤井がジャーマンみせる。
 5分経過。
 鈴木が前水車落としからエビでフォール。
 藤井は下から三角絞め決めるが…レフェリーは藤井の肩がついているためカウント数える。
 3カウント。

○鈴木(5分5秒 エビ固め)●藤井

 藤井は軽く抗議。

[3]10分1本勝負 柴田正人 vs ジョン・アンダーセン

 アンダーセンの巨体にどよめき。

 試合開始。
 アンダーセンはスープレックス。
 柴田はも負けじと投げ返す。
 柴田のおんぶ状態スリーパーをふりほどいたアンダーセン、スピアーから投げっぱなしパワーボムでKO。

○アンダーセン(3分0秒 パワーボム→KO)●柴田

[4]10分1本勝負 タカ・クノウ vs エリック・ハマー

 ハマーが前水車落としで早くもダウン奪う。
 立ち上がったクノウへフットボール風タックル。
 またダウン。
 クノウは膝十字で反撃。
 一度体が離れると、クノウは猪木アリ状態で挑発。
 そして下から見事にアンクルホールドを極める。
 ハマーは豪快なフロントスープレックスで反撃。
 バックをとられたクノウはワキ固めに切り返す。
 ハマーはなんとかロープ。

 5分経過。
 ハマーがぶっこ抜きジャーマン。凄い!
 続けてハマーはもう一発ジャーマン。
 今度はブリッジ。3カウント。

○ハマー(7分33秒 ジャーマン・スープレックス)●クノウ

 なかなか盛り上がった。

[5]20分1本勝負 藤波辰爾、ウルティモ・ドラゴン vs 初代タイガーマスク、藤原喜明

 タイガーのテーマ曲に大歓声。

 試合開始。
 タイガーvsウルティモのルチャな展開に大歓声。
 藤波vs藤原はじっくりした攻めながら、ヘッドロック一つできっちり沸かせる。

 10分経過。
 藤波がドラゴンスリーパー。
 タイガーがダイビング・ヘッド(やや届かず)。
 ウルティモがアサイDDT狙い→かわされてウルティモがタイガースープレックス狙い→タイガーがタイガースープレックス狙い→バックをとったままロープに飛んで…

○タイガー(12分18秒 ジャパニーズ・レッグロック・クラッチホールド)●ウルティモ

 技へのフリだけで客を沸かせるのはさすが。

 この試合後、ヘッドトリプルPがライブ。
 アントニオ猪木の登場はなし。
 休憩。
 「元気あれば何でもできる」のCMが何度も流れる…。

休憩明け

 アントニオ猪木登場!!
 サングラスもなし。
 しっかりした足取りでリングに向かう(リングに上がるときは和田レフェリーが手を貸す)。
 本当はドクターストップがかかっているそうです。
 「元気も正味期限ぎれ」

 観客から「猪木さん、(中邑)シンスケは?」の声。
 猪木はなぜか「イタイ」と一言。
 新日本ファンらしき観客が続けて「逃げるのか」などとヤジ。
 他の観客が「うるせえよ!」
 猪木はリングに机をおき筆で字を書く。
 「腰の手術をしたらチケットが売れた」。
 書いた言葉は「腰の完売」。
 元気よく「ダー」で締め。
 中邑は現れず。

[6]30分1本勝負 ボブ・サップ vs モンターニャ・シウバ

 サップがいきなりタックル。
 しかしモンターニャは倒れない。
 モンターニャはサップを突き飛ばす。
 そして張り合い。
 両者がオープンハンドをブンブン振り回す。
 モンターニャが強烈な膝蹴り。
 サップがテイクダウン。
 スルスルと体勢入れ替えサイド→マウント→腕十字。
 びっくりするほどスムーズに決める。
 スタンドでまた打撃撃ち合い。
 ベチベチ凄い音。
 モンターニャがフロントネックロック。
 サップはハイキック!
 でも届かない(笑)
 つかみ合い。
 打撃戦。
 サップがモンターニャの巨体を完全に抱えあげる。
 観客「おー」
 ボディスラム。
 カウント3。
 観客「エー」

○サップ(2分25秒 ボディスラム→体)●モンターニャ

 モンターニャ暴れて和田レフェリー攻撃。
 サップは怒ったまま退場。

[7=セ]45分1本勝負 ジョシュ・バーネット vs 澤田敦士

 澤田は初代IWGPのベルトをもって入場。

 試合開始。
 ジョシュが序盤から圧倒。
 珍しくブレーンバスター。
 さらにSTF、ラリアット、フロントスープレックス、ナガタロック2とプロレス技連発。
 澤田はブレーンバスター狙いをスイングネックブリーカーで切り返しようやく反撃。
 澤田は中腰のジョシュへドロップキック。
 ボディスラムから腕十字と畳みかけ。
 しかしジョシュはジャーマン・スープレックス・ホールドなどであっさり逆転。
 続けて…ライガーボム!

○ジョシュ(9分23秒 ライガーボム→片)●澤田

 澤田は初代IWGPのベルトを ジョシュに渡す。
 ジョシュが日本語でマイク「おまえはもう死んでいる。新日本プロレス、全日本プロレス、中邑、誰でもやってやる」

 ジョシュがこんなにプロレス技を使ったのは初めて見た。
 どれもインパクトあって良かった。
 格闘家がマネでやってる感じはなし。

[8=メ]60分1本勝負 小川直也 vs 高山善廣

 序盤、高山が顔面パンチ。
 怒った小川はグローブをはずす。
 長い場外乱闘の間に5分経過。

 リングに戻ると高山がビックブーツ。
 続けてダブルアームスープレックス。
 小川はバックドロップ2発で反撃。
 さらにSTOを3連発。
 続けて卍固め。
 ブレイク後、高山はニーリフト一発で逆転。
 ひねりの入った見事なバックドロップ放つ。

 10分経過。
 高山がヘッドバットを連打。
 ゴツゴツと音が響く。
 小川をコーナー逆さ吊りにしてニーリフト。
 そしてもう一発ニーリフト。
 カウント2。
 高山はジャーマンねらい。
 小川は首固め風に回転してフロントスリーパー。
 すぐロープブレイク。
 続けて小川が裸絞め。
 がっちり決まる。

○小川(12分5秒 裸絞め)●高山

 観客は「エー」。
 高山はタップしたようです。→タップはしていません。失神TKO。
 小川退場後、猪木さんリングイン。
 ダーやって締め。

 メインはイマイチ。
 ジョシュがMVP。
 猪木さんが出てきてくれたのも嬉しかった。
 あとは第一試合。
 中邑真輔は現れませんでした。
 IGFらしい興業でした。

 速報終了です。



「11.3 IGF・JCBホール大会、速報まとめ」に関する情報は コチラでも/人気ブログランキング

■ 関連リンク ■ 最近10件までの同カテゴリー記事
  カテゴリ: IGF・アントニオ猪木 | 2009-11-03 | 投稿者:杉
■トラックバックURL
注意:記事内に当BLOG(ブラックアイ2)へのリンクが含まれていないトラバは受け付けていません。


[注意]ギャンブルやエロに関する言葉を含むコメント・トラックバックは受け付けない場合があります(スパム対策)。またコチラで不適切・不快と判断した感じた記事も受け付けていません。
■コメント (一番下が最新のコメント)
 コメント書き込みはコチラ

わかりやすい速報ありがとう!

中邑が何らかのアクションを起こせばプロレス界全体が盛り上がる可能性があっただけに残念。
メイン終了後に乱入して小川に宣戦布告したら面白かったのに・・・中邑には失望。
投稿者:行きたかった 2009-11-05
中邑というより、今の新日本プロレス幹部のヘボぶりに失望です。
今頃社長のクルマを壊させて因縁を作るような小細工をしてるようでは…本当に倒産するぞ!
投稿者:なんじゃそりゃ 2009-11-05
猪木発言はNOと思ってましたから、個人的には安堵してます。
(もっとも、自分が勝手に読み違えた部分もありますが)

狙ってたのかはわかりませんが、副産物として中邑の一連の発言で棚橋とのカラーの違いが、今までよりも明確になった気がしますね。
今度の両国の対戦構図は、2年前の棚橋後藤以上にハッキリしてると思います。そしてどっちが勝つかもわかりません。

2人には素晴らしい試合を期待してます。
投稿者:なお 2009-11-05
IGFを初観戦した者です。
杉さんの感想に「IGFらしい興行」とありますが、毎回こんな
微妙な感じの空気で終わるのでしょうか?(^_^;)
現実は想像より微妙に上でした…
投稿者:りょー 2009-11-05
>行きたかった さん、 >なじゃそりゃ さん
「誰が悪いのか」という話はなかなか難しいです。
IGFが理不尽な要求をした可能性もあります。
もう話がダメになってしまったと考えて、真相がどうであるかは別にして・・・この件をいい方向に進めるには「新日本プロレスが認めなかった」ということで落ち着けた方が収まるように思います。
中邑に責任を押しつけて干してしまうほうが問題。

>なおさん
まったくその通りで、「中邑VS棚橋」は注目度アップの楽しみな一戦となりました。
それぞれに共感する人も、これまで以上にのめり込むキッカケとなったでしょう。

>りょーさん
>杉さんの感想に「IGFらしい興行」とありますが、
>毎回こんな微妙な感じの空気で終わるのでしょうか?(^_^;)

ああ、これは訂正しなければなりません。
これまでと比較して、今回は「まとも」な興行でした(笑)。
毎回IGFのラストは「ええ、これで終わり?」と驚いているうちに猪木さんがダーっとやって締めてしまいます。
今回は不透明決着じゃなかったし、かなり真っ当な結末でした。
もしかしたら、その辺に物足りなさを感じたのかも。エンディングにハプニングがなかったですね。
田村潔司がわざわざ花を渡しにリングへ上がったら、「何しに来たんだ!」といきなり怒鳴られマジで怒って帰っちゃう、とか。想像を超えるハプニングがなかったですね(笑)。
投稿者: 2009-11-05
招待券がまわってきたので初観戦でしたがなぜお客が入ってるのか分からない興行でしたね・・・。
グッズ売り場もスカスカだったんで招待客ばっかりだったのかなと思いましたけど。
あれがいつもの興行だとしたら、これ以上の広がりはないでしょうね。酔っ払いなのか新日ファンなのか変なヤジも多かったし休日を無駄にしてしまいました。
投稿者:kei 2009-11-05
>keiさん

今回はそれほど招待券まかなかったようですよ。
満員になったのは、中邑効果としか考えられません。
逆に、次回ガラガラだったらIGF側から新日本にチョッカイ出してきそうで恐いです。
投稿者: 2009-11-06

(スパム対策)

※「コメント追加」ボタンを押してから反映されるまで時間がかかります。ボタンを連打せず、しばらくお待ちください
※長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。

コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …ここまでの投票受け付けました。 あり...
  • ブラックアイ・杉…ここまでの投票、受け付けました。 一...
  • ニキータ…* MVP 鈴木秀樹 * 最優秀試合 * 最優...
  • ターザン地蔵…最優秀団体 ①ガッツワールド②FREEDOMS
  • ターザン地蔵…MVP ①ダイスケ②力③唯我 最優秀試合 ①...
  • ゆりこ…「MVP」一位忍、二位ラム会長、三位ダ...
  • …>ばにらさん フリーに変更しました...
  • ばにら…チェスカ選手はREINA所属ではなくなり...
  • …>:老熊さん ありがとうございます...
  • 老熊…お疲れ様です。 ここではなく投稿フ...
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY