プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
-
プロレス 大暗室 (別冊宝島)

1,000 (定価)
 (Amazon価格)
大型本 
(価格・在庫状況は3月23日 15:24現在)
終わらないノア巨額詐欺事件と、なお続く告発者たちの証言。大タニマチの登場でマット界に蔓延する「ブシロード・タブー」。阿鼻叫喚のK-1債権者集会。格闘技界をも 巻き込むスキャンダル大全。原田久仁信の劇画も健在。
内側から見たノアの崩壊

1,000 (定価)
 (Amazon価格)
単行本 
(価格・在庫状況は3月23日 15:24現在)
 「馬場イズム」の終焉と巨額詐欺事件の全真
 プロレス「メジャー団体」の失速検証
 泉田純が決意の告白
 俺はこうして9000万円を騙し取られた!
 対談 マイティ井上VS泉田純
 仲田龍よ、直ちにノアから去れ」
東日本大震災復興支援チャリティープロレス「ALL TOGETHER 2 」 ~もう一回、ひとつになろうぜ~ 2012.2.19 仙台サンプラザホール  〜ワールドプロレスリング版〜 [DVD]
2012-04-27
¥ 5,040 (定価)
 (Amazon価格)
DVD 
(価格・在庫状況は3月23日 15:24現在)
第2回オールトゥギャザーin仙台

東日本大震災復興支援チャリティープロレス
「ALL TOGETHER 2 」 ~もう一回、ひとつになろうぜ~
2012.2.19 仙台サンプラザホール  ~ワールドプロレスリング版~

あの感動が再び!!東日本大震災復興を掲げ、新日本、全日本、ノアの3団体が集結!~
もう一回、ひとつになろうぜ~ 夢のオールスター戦「ALL TOGETHER」が再び!

【収録試合(予定)】
2012年2月19日(日) 仙台サンプラザホール
対戦カード
■第1試合 ALL TOGETHERオープニングマッチ CHEER UP NIPPON
石森太二/田口隆祐/タイガーマスク/ザ・グレート・サスケ VS 野橋太郎/拳王/邪道/外道
■第2試合 HERO IS COMING!!
志賀賢太郎/小島聡/天山広吉 VS キャプテン・ノア/キャプテン・オールジャパン/キャプテン・ニュージャパン
■第3試合 SHINE ON TOMORROW
鈴木鼓太郎/KAI/田中稔/獣神サンダー・ライガー VS 中嶋勝彦/金丸義信/近藤修司/カズ・ハヤシ
■第4試合 BRAVE NEW WORLD
征矢学/真壁刀義 VS 高橋裕二郎/杉浦貴
■第5試合 SUN PLAZA QUARREL FESTIVAL
丸藤正道/曙/永田裕志/佐々木健介 VS 河野真幸/タイチ/山善廣/鈴木みのる
■第6試合 BE STRONG JAPAN
新崎人生/齋藤彰俊/後藤洋央紀 VS 飯塚高史/矢野通/中邑真輔
■第7試合 ダブルメインイベントI THIS IS "PROWRESTLING"
小橋建太/武藤敬司 VS 大森隆男/秋山準
■第8試合 ダブルメインイベントII FIGHTING TOGETHER NOW
森嶋猛/諏訪魔/棚橋弘至 VS 潮豪/真田聖也/内藤哲也
参加予定団体 : 新日本プロレス プロレスリングノア 全日本プロレス

【収録内容】
本編約220分(予定)/2枚(予定)

【特典映像】
■試合後バックステージ・インタビュー(予定)
■大会直前記者会見映像(予定)

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



 top >> カテゴリー:NOAH >> この記事

2015-12-26

12.23 ノア・大田区総合体育館大会を見てきたよ/バッドエンド連続の理由を考える
 ブログはお久しぶりとなります。
 一昨日はノア・大田区総合体育館大会を観戦。Twitterで感想を書こうかと思ったのですが、長くなりそうなのでブログに書いてみる。
 ただTwitterの延長みたいなものなので、あまりキッチリした文章にはならないかも。そこはご勘弁を。

 自分が新しい“大田区体育館”に来るのは2度目。
 前回は、2012年8月26日の全日本プロレス。メインは秋山準vs船木誠勝の三冠戦。
 この大会も、“全ベルト他団体流出”なるドラマの最終回的興行でした。
 もう遠い遠い昔の話のように感じます。

鈴木vs丸藤

ベルト奪還、団体継続

 約1年続いたノアvs鈴木軍、団体解散を懸けた大きな区切りとなる決戦。
 会場は文句なしの超満員。
 「ノアが新日本の子会社に?」なる噂から始まった2015年、まさかのバッドエンド連発に「何をやっているんだ?」「本当に潰れるぞ」と、いつ見放されてもおかしくない状況が続いていたはずなのだが…最後の最後に超満員。
 ほぼレギュラー参加選手だけでコレというのが、また凄い。
 ノア選手・関係者
そして鈴木軍も、「ザマーミロ!」と天に叫びたい気分だったのでは。

 ノアと鈴木軍の抗争は、単なるストーリーでなく、暗い噂を巻き込むことで、ノンフィクション的な色を強めていました。どこからどこまでがストーリーなのか分からなくなってくる。これが結果的に注目を集め、話題を大きくするることに繋がったと自分は見ています。
 もちろん鈴木軍を中心とした高いレベルの試合内容もあってこそ。

 この日も良い試合が多かったと思います。
 自分は目がアレなので、細かい試合内容は分かってないのですが(TVで確認します)、メインは名勝負と言っていい内容だったと思います。
 大阪の杉浦戦では正面からの壮絶な打撃戦が見せ場であったが、今回は丸藤のスピードに対抗する、巧みな時間差(丸藤)ロープワーク攻防や切り返しの妙が一つの見せ場になっていた。
 鈴木みのるの幅の広さには唸らされるばかりです。使う技は変わらないし、数も少ないんですけどね。

 1年待ったハッピーエンド。杉浦のダブルクロスこそあったが、それも含めて「来年へ続く」とハッキリ示せたことが1つ良い点。鈴木軍も全員かは分からないが、たぶん継続参戦。
 加えて、この日の興行内容が、「来年も面白いものを見られそうだ」と思わせたことも大きい。
 クイズの答えがパタパタっとハマていくような感覚も不思議な興奮へとなっていく。
 興行時間は長めでしたが(4時間半)、良い興行が体感できました。
 間違いなく生観戦で正解。
 

なぜ、あそこまでバットエンドを繰り返したのか

 ここからは、ややぶっちゃけた感じの話。
 「なぜ、あそこまでバッドエンドを繰り返したのか」、その理由を考えてみる。
 もう、このことは1年間ずっとあーだこーだと想像しまくってましたね(笑)。

 今のところの結論は…「ハッキリとした“どん底の年”を作りたかった」。
 選手離脱もあって、ここ数年は厳しい年が多かった。多少の上がったり下がったりを気にするぐらいなら、ドンと「今、ヤバイです」と提示してしまう。
 もちろん、そこから団体として上がっていく流れを作るための下ごしらえ。イチかバチかの下ごしらえ(笑)。
 参考としているのは今の新日本プロレスでは。
 2000年前後のどん底期ガあって、そこから徐々に信用と二期を取り戻していくストーリーは、新日復活を語るうえで必ずついてくる。
 ノアという「団体」に感情移入させるストーリーの起点が2015年。
 今年だけで語るなかれ…ですかね。
 …と言うことなら、来年以降のほうが大変かもしれないか。

 ※追記:また、確かに今年はバッドエンド興行ばかりではありましたが、ビッグマッチ前になると「今度こそはノア側が勝つかも!」と、ファンの期待を高める努力を必ずしてきたのですよね。これは忘れちゃいけない。めちゃくちゃ難しい。そこをしっかり出来ていたから1年もったわけで、単純にバッドエンドを連発していたわけじゃないのです。

気になる点はいろいろあるが…

 来年以降も楽しみではあるが、まぁ気になる点はたくさんありますね。
 「鈴木軍頼りでいいのか」とか、「この抗争をキッカケにブレイクした選手がノア側にいない」とか、「団体解散を狙う軍団に加入した杉浦は、きちっと発言の整合性をとれるのか?」とか。

 ただ、鈴木軍がこれまで通りの活躍をすれば、興行としての面白さは保証されるでしょう。
 「ノアはそれでいいのか?」という話になるが…、考えてみると、新日本が再生できた大きな理由の1つに「ファンの入れ替えに成功した」というのがあるんですね。そこまで考えてるなら…2016年も驚くことをたくさんやってくるかも。
 「1ユニットと団体で互角以下の闘いしかできない=「新日本との差がハッキリ見えてしまった」という問題もある。
 「でも団体の格」より「興行の面白さ」を優先して勝負していくようになるなら、とてつもない改革ですよね。
 でもまぁ、ノア所属選手の活躍は必須。中島勝彦選手、頼みますよ。

 しかし鈴木軍が継続参戦というのは意外でした。
もう新日本に戻してあげたい選手も何人かいますよね(笑)。
 本当のところ、新日本との関係はどうなっているのだか…。
 ノアを大きくすることで新日本に何の見返りがあるのか?
 やはり子会社化?…と、また底なし沼に入り込む…(笑)。
 ノアと新日本は12月・1月と契約更改なので、2月シリーズのカードが出るぐらいには、いろいろハッキリしてくるのでしょう。

次は横浜文体決戦

 1月の横浜文体、かなり良いカードで勝負きた。
 ここの内容・集客がどうかは注目です。
 実はこの大田区→横浜文体の流れは、記事最初に話題とした2012年の全日本プロレスのスケジュールと重なるのです。

2012年 全日本プロレス
 8月26日 大田区総合体育館 秋山vs船木
 9月23日 横浜文化体育館 船木vs諏訪魔

2015~2016年 ノア
 12月23日 大田区総合体育館 鈴木vs丸藤
 1月31日 横浜文化体育館 丸藤vs杉浦  

 2012年の大田区はソコソコの入りでしたが、横浜は空席が目立ちました。
 不入りの理由は幾つかあるだろうが、「当時の全日本には、3~5千人規模大会を2ヶ月連続で打てる体力が無かった」というのが大きいと自分は見ています。
 さて、ノアはどうか。

 とにかく、「プロレスは点で無く、線で見るほうが面白い」と改めて思わせてくれたことに感謝しております。




「12.23 ノア・大田区総合体育館大会を見てきたよ/バッドエンド連続の理由を考える」に関する情報は コチラでも/人気ブログランキング

■ 関連リンク ■ 最近10件までの同カテゴリー記事
  カテゴリ: NOAH | 2015-12-26 | 投稿者:杉
■トラックバックURL
注意:記事内に当BLOG(ブラックアイ2)へのリンクが含まれていないトラバは受け付けていません。


[注意]ギャンブルやエロに関する言葉を含むコメント・トラックバックは受け付けない場合があります(スパム対策)。またコチラで不適切・不快と判断した感じた記事も受け付けていません。
■コメント (一番下が最新のコメント)
 コメント書き込みはコチラ


コメントはありません。

(スパム対策)

※「コメント追加」ボタンを押してから反映されるまで時間がかかります。ボタンを連打せず、しばらくお待ちください
※長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。

コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
  • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
  • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
  • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
  • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
  • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
  • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
  • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
  • あらやどん…目の具合の方はいかがですか?新ブロ...
  • ツカタ…「MVP」藤本つかさ 「最優秀試合」杉...
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY