「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015  )
質問

メール投票の投票内容一覧~2 (2011年)

2012-01-08 杉


\ピッカリーン/ (toropicari) / Twitter
MVP
1位…棚橋弘至
2位…関本大介
3位…フジタ“jr”ハヤト

最優秀試合
1位…ゼロワン 11.9 後楽園ホール 澤宗紀 VS 日高郁人
2位…新日本 11.12 大阪府立体育会館 IWGP選手権試合 棚橋弘至 VS 矢野通
3位…DDT 6.30 後楽園ホール ディック東郷引退試合 ディック東郷 VS 外道

最優秀タッグチーム
1位…ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン
2位…関本大介&岡林裕二
3位…小峠篤司&原田大輔

新人賞
1位…世Ⅳ虎
2位…長島☆自演乙☆雄一郎
3位…橋本大地

最優秀興行
1位…8.26 日本武道館 ALL TOGETHER 東日本大震災復興支援チャリティープロレス
2位…11.30 横浜アリーナ WWE WWE Presents ロウ・ワールドツアー2011
3位…10.8 小出郷総合体育館 新日本 がんばろうUONUMA 平成23年7月新潟豪雨災害復興記念大会

最優秀団体
1位…新日本プロレス
2位…大日本プロレス
3位…スターダム

最優秀マスメディア賞
1位…プロレス部まんが ぶかつのじかん
2位…FM-PORT 『新日本プロレス King of radio』
3位…NHK Eテレ 「時々迷々」 第44話 『戦え!最強お父さん』


Tope Atomico (tope_atomico) / Twitter
MVP:
 1位=棚橋弘至、2位=中邑真輔、3位=関本大介
最優秀試合:
 1位=9月19日、神戸ワールド記念ホール・棚橋弘至vs中邑真輔
 2位=6月26日、住吉区民センター・ディック東郷vsマグニチュード岸和田(びっくりプロレス)
 3位=5月21日、大阪府立第二・望月成晃vs神田裕之
最優秀タッグチーム:
 1位=CIMA、リコシェ、2位=バッドインテンションズ、3位=関本大介、岡林裕二
新人賞:
 1位=愛川ゆず季、2位=世IV虎、3位=鈴川真一
最優秀興行:
 1位=6月26日、住吉区民センター・びっくりプロレス
 2位=8月14日、両国国技館・新日本プロレス(G1最終戦)
 3位=1月24日、JCBホール・GAORA開局20周年記念スーパーファイト2011
最優秀団体:
 1位=新日本プロレス、2位=スターダム、3位=DDT
最優秀マスメディア:
 1位=テレビ朝日「ワールドプロレスリング」
 2位=中邑真輔Twitter
 3位=NJPW.ch


オレだよ、オレオレ。
MVP
1:棚橋弘至(新日本)
2:永田裕志(新日本)
3:中邑真輔(新日本)
最優秀試合
1:新日本 8/14 両国 中邑真輔vs鈴木みのる
2:新日本 8/14 両国 天山広吉vs小島聡
3:新日本 6/10 後楽園 田口隆祐vs飯伏幸太
最優秀タッグチーム
1:ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン
2:TAKAみちのく&タイチ
3:デイビー・リチャーズ&ロッキー・ロメロ
新人賞
1:ジェロム・レ・バンナ(IGF)
以下該当無し
最優秀興行
1:新日本プロレス 8/14 両国 G1クライマックス決勝戦
2:新日本プロレス 6/10 後楽園 BestofTheSuperJr.決勝戦
3:新日本プロレス 10/3 後楽園 天山20周年興行
最優秀団体
1:新日本プロレス
2:DDT
3:IGF
最優秀マスメディア
1:ワールドプロレスリング
2:ワールドプロレスリング3D
3:NJPW.ch


さとち (chi_koba) / Twitter
MVP 関本大介
最優秀試合 9.23四日市オーストラリア記念館 伊東・バラモン兄弟 vs アブ小・高木・澤
最優秀タッグチーム バラモン兄弟
新人賞 つくし
最優秀興行 12.18 大日本横浜文化体育館
最優秀団体 大日本プロレス
最優秀マスメディア賞 IP Biz Forces 9.0 http://blog.livedoor.jp/esupura2005/


はやせ (hayasexeleking) / Twitter
・MVP
1位:澤 宗紀
2位:里村 明衣子
3位:GAMI
・最優秀試合
1位:高木三四郎・澤宗紀・アブドーラ小林 vs 伊東竜二・バラモン兄弟
(大日本四日市大会 水陸両用エニウェアフォール)
2位:王者 つくし vs 挑戦者 さくらえみ
(19時女子プロレス茨城大会 IW19選手権)
3位:GAMI vs 大畠美咲
(WAVE大阪府立 敗者写真集プロデュースマッチ)
・最優秀タッグチーム
1位:ハタナカヨウコ(GAMI&中川ともか)
2位:さくらえみ&つくし
3位:なでしこ関西(花月&下野佐和子)
・新人賞
1位:つくし
2位:下野 佐和子
3位:たま子
・最優秀興行
1位:センダイガールズ初後楽園大会 Flashトーナメント
2位:愛プロレス博2011
3位:WAVE大阪府立大会 大阪ラプソディDX
・最優秀団体
1位:センダイガールズ
2位:WAVE
3位:アイスリボン
・最優秀マスメディア
1位:アメトーーク3月10日「女子プロレス芸人」
2位:TBSラジオ「プロレス探求ラジオ RING」
3位:19時女子プロレス


実物日記
(1)最優秀選手賞(MVP) 
(2)最優秀試合賞 
(3)最優秀タッグチーム
(4)新人賞
(5)最優秀興行
(6)最優秀団体
(7)最優秀マスメディア賞
棄権


MUKU (piledriver45) / Twitter
MVP
1位 棚橋弘至
2位 澤宗紀
3位 CIMA

最優秀試合
1位 バラモン兄弟vs葛西純&“黒天使”沼澤邪鬼(2.12 後楽園ホール)
2位 永田裕志vs石井智宏(11.12 大阪府立体育館 新日本プロレス)
3位 真田聖也&征矢学vs関本大介&岡林裕二(3.21 両国 全日本プロレス)

最優秀タッグチーム
1位 関本大介&岡林裕二
2位 戸澤陽&B×Bハルク
3位 バラモン兄弟

新人賞
1位 世Ⅳ虎
2位 saree
3位 つくし

最優秀興行
1位 10.27 後楽園ホール センダイガールズ Flashトーナメント
2位 6.18 大阪府立体育館 新日本プロレス DOMINION
3位 1.24 JCBホール GAORAスーパーファイト2011

最優秀団体
1位 DDT
2位 新日本プロレス
3位 大日本プロレス

最優秀マスメディア賞
1位 ももいろクローバーZ
2位 インディーのお仕事
3位 ブラックアイ2


[mixi] Mr.ヤスさん
○MVP
1位…棚橋弘至(新日本プロレス)
2位…KUDO(DDT)
3位…大谷晋二郎(ZERO1)
○ベストバウト
1位…棚橋弘至vs内藤哲也(10.10新日本プロレス両国国技館大会・IWGPヘビー級選手権)
2位…田中将斗vs関本大介(8.7ZERO1後楽園ホール大会・『火祭り』公式戦)
3位…田中将斗vs本間朋晃(12.23新日本プロレス・後楽園ホール大会・IWGPインターコンチネンタル選手権)
○最優秀タッグ
1位…鈴木軍(新日本プロレス)
2位…Apollo55(新日本プロレス)
3位…045邪猿気違's(大日本プロレス)
○新人賞
1位…世Ⅳ虎(スターダム)
2位…冨永真一郎(ユニオンプロレス)
3位…橋本大地(ZERO1)
○最優秀興行
1位…2.20新日本プロレス仙台サンプラザ大会『The New Beginning』
2位…3.6ZERO1両国国技館大会『プロレス』
3位…10.27センダイガールズ後楽園ホール大会『女子プロflashトーナメント』
○最優秀団体
1位…新日本プロレス
2位…スターダム
3位…ZERO1
○最優秀メディア
1位…新日本プロレスが東日本大震災後にYouTubeにあげた『頑張ろう日本!』
2位…大谷晋二郎著『何度でも立ち上がれ』
3位…ミキティコの闘う天気予報


さっとん (czwsamirules) / Twitter
MVP
1位 戸澤陽(ドラゴンゲート)
2位 CMパンク(WWE)
3位 棚橋弘至(新日本プロレス)
最優秀試合 
1位 WWE王座戦 CMパンク対ジョン・シナ(c)(WWE/Money in the bank 11/7/17)
2位 戸澤陽対B×Bハルク(Dragon gate USA/United:Finale 11/1/30)
3位 ROH世界王座戦 デイビー・リチャーズ対エディ・エドワーズ(c) (ROH/Best in the world 11/6/26)
最優秀タッグチーム
1位 関本大介&岡林裕二(大日本プロレス)
2位 CIMA&リコシェ(ドラゴンゲート)
3位 ヤング・バックス(PWG, ROH, Chikara)
新人賞
1位 マット・トレモント(CZW, IWA-Midsouth)
2位 富永千浩(ドラゴンゲート)
3位 アーチパルト・ペック(Chikara)
最優秀興行
1位 PWG/Steen Wolf(11/10/12)
2位 WWE/Money in the bank (11/7/17)
3位 PWG/All Star Weekend 8 night2 (11/5/28)
最優秀団体
1位 ドラゴンゲート
2位 新日本プロレス
3位 PWG
最優秀マスメディア
棄権します。


ガトケン (gatoken0806) / Twitter
【最優秀選手】
1位:澤宗紀(バトラーツ)
2位:CMパンク(WWE)
3位:KENSO(全日本)
【最優秀試合】
1位:9月23日 大日本プロレス 四日市オーストラリア記念館大会 水陸両用永ウェアフォールマッチ アブドーラ小林 高木三四郎 澤宗紀vs伊東竜二 バラモンシュウ バラモンケイ
2位:6月18日 新日本プロレス 大阪府立体育館 DOMINION 6.18 IWGP Jr.ヘビー級選手権試合 飯伏幸太 対 プリンス・デヴィット
3位:12月31日 年越しプロレス2011 蛍光灯タッグデスマッチ 伊東竜二&佐々木貴 vs アブドーラ・小林&大家健
【最優秀タッグチーム】
1位:バラモン兄弟
2位:関本大介&岡林裕二
3位:ほもいろクローバーZ
【新人賞】
1位:つくし
2位:世Ⅳ虎
3位:橋本大地
【最優秀興行】
1位: 6月30日  DDT後楽園ホール大会 ディック東郷国内引退興行~IKIZAMA~
2位:10月27日 仙台女子後楽園ホール大会 「女子プロレス団体対抗 Flash トーナメント」
3位:8月12日  DDT新木場大会 闘うビアガーデン2011 鶴見亜門プロデュースデー 
【最優秀団体】
1位:WWE
2位:DDT
3位:崖のふちプロレス
【最優秀マスメディア】
1位:男色牧場クラシックVol.1 ~安部ユキヒロの憂鬱~
2位:DX-R ~Degenerate X'treme Radio~
3位:TBS「クイズ☆タレント名鑑 第2回史上最強ガチ相撲トーナメント」


水道橋にて -主にDDTプロレス観戦写真-
●MVP
 1.関本大介
 2.飯伏幸太
 3.棚橋弘至
●最優秀試合
 1.ディック東郷×飯伏幸太(3/27 DDT後楽園ホール)
 2.吉野達彦×柴田正人(7/16 STYLE-E西調布)
 3.関本大介/岡林裕二×諏訪魔/征矢匠(12/18 大日本 横浜文体)
●最優秀タッグチーム
 1.関本大介/岡林裕二
 2.バラモン兄弟
 3.アポロ55
●新人賞
 1.吉野達彦
 2.橋本大地
 3.妻木洋夫
●最優秀興行
 1.3/27 DDT後楽園ホール
 2.6/10 新日本 後楽園ホール
 3.10/23 全日本 両国
●最優秀団体
 1.DDT
 2.大日本
 3.全日本
●最優秀マスメディア賞
 1.週プロモバイル
 2.ぶかつの時間


タコス中村 (tksnakamura) / Twitter
・MVP
 一位:棚橋弘至 
 二位:KENTA
 三位:鈴木みのる
・最優秀試合(ベストマッチ)
 一位:8.14 両国国技館 G1クライマックス公式戦:中邑真輔 vs 鈴木みのる
 二位:6.10 後楽園ホール ベスト・オブ・ザ・スーパーJr優勝戦:田口隆祐 vs 飯伏幸太
 三位:10.23 後楽園ホール DDT Special:マサ高梨 vs DJニラ
・最優秀タッグチーム
 一位:ほもいろクローバー
 二位:バッドインテンションズ
 三位:関本大介・岡林裕二
・新人賞
 一位:愛川ゆず季
 二位:つくし
 三位:福田洋
・最優秀興行
 一位:8.14 新日本プロレス/両国国技館 「G1 CLIMAX XXI ~THE INVINCIBLE FIGHTER~」最終日
 二位:8.27 ALL TOGETHER/日本武道館
 三位:12.29 崖のふちプロレス第6戦 レッスルアリーナ
・最優秀団体
 一位:新日本プロレス
 二位:アイスリボン
 三位:全日本プロレス
・最優秀マスメディア
 一位:ぶかつのじかん
 二位:19時女子プロレス
 三位: 三田佐代子の猫耳アワー


TKマジン@レインメーカー (tkmajin) / Twitter
・MVP
1位 CMパンク
2位 棚橋弘至
3位 中邑真輔
・最優秀試合
1位  7.17 米イリノイ州シカゴ WWEヘビー級選手権:ジョン・シナ vs CMパンク
2位  8.14 両国国技館 G1クライマックス公式戦:中邑真輔 vs 鈴木みのる
3位  7.17 米イリノイ州シカゴ マネーインザバンク スマックダウン組
・最優秀タッグチーム
1位 バッドインテンションズ
2位 アポロ55
3位 ディーノ&大石(ほもいろクローバーZ)
・新人賞
1位 つくし
2位 高尾蒼馬
3位 平田一喜
・最優秀興行
1位  7.17 WWE/米イリノイ州シカゴ 「マネー・イン・ザ・バンク」
2位  8.14 新日本プロレス/両国国技館 「G1 CLIMAX XXI ~THE INVINCIBLE FIGHTER~」最終日
3位 11.6 DDT 大阪   大阪ベイブルーススペシャル2011
・最優秀団体
1位 WWE
2位 新日本プロレス
3位 DDT
・最優秀マスメディア
1位 DX-R ~Degenerate X'treme Radio~
2位 1993年の女子プロレス
3位 木村政彦はなぜ力道山を殺さなかったのか



CTUの日記/書き物
○MVP
1位 棚橋弘至(新日本プロレス)
2位 矢野通(新日本プロレス)
3位 タイチ(新日本プロレス)
○最優秀試合
1位 【王者】棚橋弘至VS矢野通【挑戦者】11.12 大阪府立体育会館(IWGPヘビー級選手権試合)
2位 【王者】田中将人VS本間朋晃【挑戦者】 12.23 後楽園ホール(IWGPインターコンチネンタル選手権試合)
3位 中邑真輔VS天山広吉 8.6 後楽園ホール(G1クライマックス 公式リーグ戦)
○最優秀タッグチーム
1位 BAD INTENTIONS(ジャイアント・バーナード&カール・アンダーソン)
2位 Apollo55(プリンス・デヴィット&田口隆祐)
3位 TAKAみちのく&タイチ
○新人賞
1位 橋本大地
2位 ヒデオ・サイトー
3位 該当無し
○最優秀興行
1位 新日本プロレス 2.20 仙台サンプラザホール「The New Beginning」
2位 新日本プロレス 11.12 大阪府立体育会館「POWER STRUGGLE」
3位 新日本プロレス 10.3 後楽園ホール「猛牛祭 ~天山広吉デビュー20周年記念興行~」
○最優秀団体
1位 新日本プロレス
2位 DDT
3位 ZERO1
○最優秀マスメディア
1位 多重ロマンチック
2位 タイチ(新日本プロレス) Twitter公式アカウント(taichi0319)
3位 真壁刀義オフィシャルブログ「スイーツ真壁刀義の甘ったれんじゃねぇ!」


shu (shuko212) / Twitter
・MVP
 1位 澤宗紀
 2位 KENSO
 3位 里村明衣
※棚橋弘至、愛川ゆず季を含めた5人がほぼ同位ですが、すでに多くの方が投票されていると思いますのでこちらのお3方に。
・最優秀試合
 棄権
・最優秀タッグチーム
 佐藤秀・佐藤恵(バラモン兄弟)
・新人賞
 世Ⅳ虎
・最優秀興行
 1位 10.27 センダイガールズ/後楽園ホール 「女子プロレス団体対抗Flashトーナメント」
 2位  6. 5 みちのくプロレス/後楽園ホール 「ディック東郷みちのくラストマッチ」
 3位  2.20 新日本プロレス/宮城・仙台サンプラザホール
・最優秀団体
 スターダム
・最優秀マスメディア
 1位 豊本明長(東京03)
 2位 TBS「ガチ相撲トーナメント」


羽木昌尚 (hot_heaven) / Twitter
・MVP
1位 棚橋弘至
 IWGP防衛記録は流石
2位 澤宗紀
 引退までの暴れっぷりは凄い!!
3位 鈴木みのる
 新日に戦場を移しても、その存在感は色褪せない
・最優秀試合
1位 9.23 四日市オーストラリア記念館 水陸エニウェアアイテム持ち込み6人タッグデスマッチ:伊東竜二&バラモン兄弟 vs A小林&高木三四郎&澤宗紀
 生で観戦したが、腹を抱えるくらい笑ったし、多幸感に溢れた試合でした。
2位 8.27 日本武道館 武藤敬司&小橋建太 vs 飯塚高史&矢野通
 こちらも生で見ましたが、武藤、小橋もさながら、飯塚、矢野の仕事もさすがでした。
3位 1.4 東京ドーム IWGPJrヘビー級選手権:プリンス・デヴィット vs 飯伏幸太
・最優秀タッグチーム
1位 変態大社長 
2位 ほもいろクローバーZ
 今、ももクロにはまってますw
3位 ゴールデンラバーズ
・新人賞
1位 彰人
 名古屋の期待の星!!
2位 橋本大地
 新人ながらストーリーを背負い、期待に答えたのは流石。
3位 キング・ファレ
 優良外国人の素質あり!
・最優秀興行
1位 9.23 大日本 四日市オーストラリア記念館
 いつもと違う大日本が見れた感じが。
2位 8.27 All Together 日本武道館
 あの空間にいる事ができたのは幸せでした。
3位 7.24 DDT/両国国技館
 今年の武道館は行きたい!!
・最優秀団体
1位 DDT
2位 新日本
3位 大日本
・最優秀マスメディア
1位 佐藤光留「くたばれアグネス」
2位 DX-R ~Degenerate X'treme Radio~
3位 鈴木健.txt OFFICIAL WEBSITE Ken@suzuki.txt | ブログ
 プロレスとPOLYSICS好きには見逃せないブログ


[mixi] コンスコソさん
MVP
 1位 アブドーラ小林
 2位 棚橋弘至
 3位 諏訪魔
最優秀試合
 1位 3・27 大日本プロレス 広島県立産業展示館第二展示場 葛西純×宮本裕向
 2位 11・10 天龍project ケア、小島、健介×天龍、諏訪魔、鈴木 サムライTVにて
 3位 6・5 ユニオンプロレス 高岡エクール 大家健×石川修司
最優秀タッグチーム
 1位 関本大介、岡林裕二
 2位 バラモン兄弟
 3位 SMOP
新人賞
 該当なし
最優秀興行
 1位 6・18 KAIENTAI DOJO CLUB-K SUPER take 後楽園ホール
 2位 3・27 大日本プロレス 広島県立産業展示館第二展示場
 3位 12・18 大日本プロレス 横浜文化体育館
最優秀団体
 1位 新日本プロレス
 2位 ユニオンプロレス
 3位 大日本プロレス
最優秀マスメディア賞
 1位 サムライTV
 2位 ip biz forces9.0
 ↓同率3位にしたいのですが集計上ご面倒であれば3位は無効票で結構です↓
 3位 ミルホンネット
 3位 2ちゃんねる プロレス板


麦わらくんの「キャットファイトソムリエ」 キャットファイトは俺に訊くな!
・MVP 
 一位 関本大介
 二位 澤 宗紀
 三位 華名
文句なく、関本かな?大日本だけでなく、全日やら、ゼロワンなど、他団体でひっぱりだこでしたからねぇ。そういったことで、澤の行動力もすごいなと。華名は、海外とかの試合見るとわかるんですが、ルックスだけでなく、けっこうしっかりしたことやっているんですよね。
・最優秀試合 
 一位 Aky 対 シャッターチャンスわか(5/13 CPE 新木場)
 二位 アブドーラ小林 対 葛西純 (2/6 鶴見緑地)
 三位 佐野直、ブラックバファロー、平日マスク 対 アップルみゆき、ミラクルマン、ばってん多摩川    (2/18 世界館)
一位は、キャットファイトでありながら、有刺鉄線ボードデスマッチ。Akyがアメプロ思考で、わかをリードしていったあたり、IWAミッドサウスのような「遺恨なきデスマッチ」を成立してしまった。女子のデスマッチは少ないので、過大評価しすぎるかもしれないけど、自分の見た範囲では一番でした。アブ小対葛西は、何度も行われているんですが、マンネリ感を感じさせることなく、いろんな見せ場を作り上げていった完成度は鉄板もの!三位は、あれだけ笑ったのは久しぶりだった!ばってん人気、大爆発?(笑)
・最優秀タッグチーム
 一位 ギラギラボーイズ
 二位 バラモン兄弟
 三位 小峠篤志&原田大介
忍と義人のキミョーなやりとり!これ、かなりツボに、ハマりました。バラモンの二人は、色物みたいな感じだけど、試合のところどろに、海外のインディーに見られるような動きがあって、けっこうマニアックな兄弟ですね。「桃の青春」は、日ごろの試合数が物を言いますね。もっと、メジャーに出てきてもおかしくない実力者。
・新人賞
 一位 愛川ゆず季
 二位 kouzy
 三位 masu-me
あまり、詳しく見てないんですが、「タレント議員」のように名前だけかと思ったら、けっこうプロレスやっているんですよね?ビッグマッチだけでなく、試合をこなしているところは評価してよいのでは?
kouzyは、もう少し、キャリアとか練習していったら、面白くなりそうなとこに期待。masu-meは、年末のJWPで見ました。他の選手が技の品評会になりがちなのに、この人だけ、勝ちにいこうとする気持ちが感じられたので。
・最優秀興行
 一位 スタンリーK(2/18 世界館)
 二位  CPE「キャット番狂わせッ!ぴんくらばぁFIGHT 2011」(5/13新木場)
 三位 大日本プロレス (8/14 鶴見緑地)
こちらも、実際寝見に行った大会から。初の大阪ということもあってか、どインディーにふさわしいカードの盛りだくさん!レジェンド 平日マスクにはシビれた!CPEは、試合数を減らしたことで、試合内容も濃かった。大日は、数少ない場外大会で、会場を目一杯使ってくれた試合は、来た人でないと味わえない爽快感!
・最優秀団体
 一位 大日本プロレス
 二位 CPE
 三位 666
デスマッチとストロング路線の二本柱がしっかりしていて、幅広いファン層、都会や地方の温度差を感じさせることなく、お客を満足させる試合内容を提供しているところ。CPE,666は、代表が音楽業界の方々なので、プロレスにはない「選手、関係者、観客の全員が一体となって作り上げる空間」をプロデュースさせているところ。
・最優秀マスメディア
 一位 サムライTV
 二位 バトルニュース
 三位 「国際プロレスクロニクル」シリーズ(クエスト) 
サムライは、開局15周年を迎えたこともあるけど、「ニアライヴ」などを頻繁に行い、試合を映像として、会場にいけなくても、見ることができるのは一番の強み!バトルニュースさんは、無料サイトなのに、速報とか詳しくやってくれるから。画質が悪いとはいえ、国際プロレスの現存する映像をDVD化した、クエストの「国際フロレス クロニクル」。今見ると面白いんだけど、当時、全日と新日比べてしまうと、格下と見られ、客入りに苦戦したのは、仕方ないかと。

偏見幼稚野郎のくそみそブログ
・MVP
1棚橋2諏訪魔3杉浦

・ベストマッチ
1秋山諏訪魔2棚橋中邑3デヴィッド飯伏

・最優秀タッグチーム
1BAD INTENTIONS2ゲットワイルド3関本岡林

・新人賞
該当者なし

・最優秀興行
1ALL TOGETHER2と3該当なし

・最優秀団体
1DDT2SMASH3全日本

・最優秀マスメディア
該当なし


 ここまで。
 ※日付が分からず、それに当てはまるものが複数ある試合・興行についてはこちらで適当と思われるものに入れさせていただきました。




▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ