「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014
/ 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019)
質問

ネット・プロレス大賞2020、結果

2021-01-19 杉


ネット・プロレス大賞2020、結果

 投票数:552
無効票:4
前回(2019年)=515票
過去最高=536票(2018年)

MVP
最優秀試合
最優秀タッグチーム
最優秀興行
最優秀団体
新人賞
最優秀プロレスを伝えたで賞

全投票者リスト ※重いです

『ネットプロレス大賞2020発表会』まとめ - Togetter
 発表会ツイートを反響含め、まとめていただきました。


【ネット・プロレス大賞2020・結果】
▼MVP:潮崎豪(NOAH)
▼最優秀試合:12.11 日本武道館
高橋ヒロムvsエル・デスペラード
▼最優秀タッグチーム:タイチ&ザック・セイバーJr.(新日本)
▼最優秀興行:1.5 新日本プロレス・東京ドーム大会
▼新人賞:上村優也(新日本)
▼最優秀団体:新日本プロレス
▼プロレスを伝えたで賞:世志琥ティックトック



<データ解析>
■各種数値で見るネットプロレス大賞2020:最優秀団体編 - プロレス統計
 https://www.pwanalysis.com/entry/2021/01/21/120000
 詳しく分析して下さってます。毎回感謝。

<総評>
 新型コロナウイルスの脅威に振り回され続けてしまった2020年、各団体が否応無しにこれまでと違うやり方を模索せざる得ない状況となるなか、「ネット・プロレス大賞」も業界の変化が見える結果となりました。
 1位だけ見れば新日本プロレスが圧倒も、MVPをNOAHの潮崎豪選手が受賞。最優秀団体でもNOAHが10年連続受賞となった新日本をかなり追い込み、まだ少しですが1強時代が変わる兆しが見えました。
 最優秀団体では、東スポ・プロレス大賞と同じく、企業を母体に持つ団体が上位を占めました。どこもコロナで苦しいなか、この傾向が2021年以降に変わるかどうかは気になるところです。
 無観客大会もかなり開催されましたが、試合・興行は、やはり有観客が上位に。今後、外すことはできなくなる映像配信の使い方がどう変わるかも注目されます。

 ネット・プロレス大賞も15年目ですが、潮崎選手の10年ぶり新日本系以外MVPのような、、長くやってるからこその衝撃もあって、途中で止めなくて良かったと心底思わされた年でもありました。
 目のこともあるので強くは言えませんが、体力と気力が続く限り、今後も開催しますので、次回もご参加よろしくお願いします。





▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ