「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014
2015 / 2014 / 2015 / 2016)
質問

最優秀団体/2010年

2011-01-13 杉


最優秀団体

 2010年、最も素晴らしかった団体。
 団体内ブランドの判断は投票者に任せます。だいたい“別”扱いで。
 プロモーション、選手・軍団自主興行、引退興行、合同興行などもそれぞれの判断に任せます。団体っぽいならばOK。

順位 団体名 得点 投票
者数
1位 DDT 727 97 1
2位 新日本プロレス 592 76 2
3位 SMASH 203 33 -
4位 アイスリボン 190 31 6
5位 大日本プロレス 185 34 3
6位 全日本プロレス 91 16 4
7位 ドラゴンゲート 87 12 12
8位 WWE 69 11 10
9位 19時女子プロレス 52 10 -
10位 沖縄プロレス 49 6 11
11位 NEO女子プロレス 46 11 38
12位 みちのくプロレス 39 9 7
13位 ユニオンプロレス 38 8 8
14位 大阪プロレス 32 5 22
15位 FREEDOMS 31 7 18
16位 プロレスリングNOAH 28 6 5
17位 マッスル 23 3 -
18位 UFC 22 4 19
19位 北都プロレス 20 2 38
20位 九州プロレス 19 3 29
21位 STYLE-E 18 4 12
22位 DEEP 16 2 -
23位 プロレスリングZERO1 15 3 22
24位 IGF 13 2 15
FCF 13 2 -
スポルティーバエンターテイメント 13 2 38
27位 SPWF 10 1 -
フーテン・プロモーション 10 1 15
T-1 10 1 -
ROH 10 1 21
Evolve 10 1 -
32位 プロレスリングWAVE 9 2 -
CHIKARA 9 2 -

 ※この部門に限っては、前回まで全ての順位を公開していましたが、今回より他の部門と同じく「9点以上」を公開とさせていただきます。

 1位・2位共に2009年と同じ。
 2度目の両国国技館も成功させたDDT、勢い衰えず2年連続で1位。DDT48総選挙も好評、佐藤光留ブレイクのきっかけとなった。
 2位に新日本プロレス。今年はリング内だけでなくリング外におけるTwitterやYoutube・USTなどを活用した企画を積極的に行った。ファン層拡大に本気の企業努力が見えた。
 投票者のなかで「1位・DDT、2位・新日本」と書く方がひじょうに多かった。この2団体はTwitter上で抗争?を繰り広げたなかでもある。
 3位に今年旗揚げのスマッシュがランクイン。ハッスルの影を完全に打ち消したと言っていいでしょう。ファンの評価はどうなのかハッキリしないところもあったが、この投票では大きく支持を集めた。
 アイスリボンが僅差で4位。ネット上でも積極的な仕掛けが多く見られた。
 大晦日で解散してしまったNEO女子プロレスが11位。沖縄プロレスも10位と健闘。
 NOAHが16位と大きく順位を下げてしまった…。




▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ