「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015  )
質問

新人賞/2010年

2011-01-12 杉


新人賞

 2010年、最も活躍した“新人”に与えられる。
 デビュー3年目ぐらいまでの選手が望ましいが、投票者が「新人」と判断するならキャリアを問わず“誰でも”投票可とする。
 個人が望ましいが、タッグチーム・軍団などでも可とする。
 個人名とタッグチーム・軍団が重なった場合は、全て「別」として集計。
 「拳王」選手は09年の新人賞なので対象外。

順位 名前(所属団体or主戦場とする団体) 得点 投票
者数
1位 入江茂弘 (チームでら) 320 40
2位 帯広さやか (19時女子プロレス) 303 39
3位 鈴川真一 (IGF) 202 27
4位 朱里 (SMASH) 174 24
5位 岡林裕二 (大日本プロレス) 172 25
6位 愛川ゆず季 (ゆずポン祭り) 157 24
7位 浜亮太 (全日本プロレス) 115 14
8位 志田光 (アイスリボン) 81 14
9位 彰人 (スポルティーバ・エンターテイメント) 53 8
10位 該当者なし 48 8
11位 タマ・トンガ (新日本プロレス) 46 6
12位 都宮ちい (アイスリボン) 43 8
ウェイド・バレッド (WWE) 43 5
14位 石井慧介 (DDT) 41 7
15位 キング・ファレ (新日本プロレス) 40 7
16位 橋本和樹 (大日本プロレス) 39 8
17位 松本都 (アイスリボン) 38 8
18位 高尾蒼馬 (DDT) 36 8
19位 エイサー8 (沖縄プロレス) 35 5
20位 佐藤光留 (パンクラスmission) 26 3
めんそ~れ親父 (沖縄プロレス) 26 3
22位 花月 (センダイガールズ) 23 3
23位 那須晃太郎 (STYLE-E) 22 3
24位 ヲロチ (大阪プロレス) 19 4
25位 柿沼謙太 (ZERO1) 18 3
リン・パイロン (SMASH) 18 4
27位 ジェシカ・ラブ (SMASH) 15 3
28位 剣舞 (みちのくプロレス) 13 2
斎藤謙 (ZERO1) 13 2
スワガー・ワシ (WWE) 13 2
31位 平田一喜 (DDT) 12 3
マリーンズマスク (KAIENTAI-DOJO) 12 2
藤本つかさ (アイスリボン) 12 3
ハル・ミヤコ (IWAジャパン) 12 3
35位 内藤哲也 (新日本プロレス) 10 1
琴香 (ドラゴンゲート) 10 1
大家健 (ユニオンプロレス) 10 1
大家拳號 (ユニオンプロレス) 10 1
池田昌樹 (北都プロレス) 10 1
下野佐和子 (大阪女子プロレス) 10 1
山田太郎 (666) 10 1
雫あき (お寺プロレス) 10 1
佐々木憂流迦 (和術慧舟會駿河道) 10 1
マスカラ・ドラダ (CMLL・新日本プロレス) 10 1
ティム・ドンスト (CHIKARA) 10 1
カイル・オライリー(Evolve、ROH) 10 1
47位 河上隆一 (大日本プロレス) 9 2
吉野達彦 (ガッツワールド) 9 2
白波佑助 (九州プロレス) 9 2
ばってん多摩川 (西口プロレス) 9 2
アルベルト・デル・リオ (WWE) 9 2
ジョニー・ガルガーノ(Evolve、チカラ) 9 2


 名古屋を中心に活動する入江茂弘が新人賞! DDTでもすっかりお馴染み、新人離れしたパファーファイターは一見の価値がある。
 2位には僅差で19時女子プロレスの帯広さやか。実は集計している間はずっと首位にいたのです…最後の最後で入江が逆転でした。
 実績・実力ではまだまだながら、USTREAMでデビュー戦から見続けているファンには感情移入できる存在として外せない選手となった。これも新しいプロレスの見せ方。
 3位に鈴川真一!2試合だけでもインパクト十分メーン!
 東スポ新人賞の岡林裕二は5位。昨年の東スポ新人賞・浜亮太は7位。
 WWEからはウェイド・バレッドが12位に。なぜか「ネクサス」への投票はほとんどなかった。




▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ