「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014 / 2015  )
質問

MVP (2009年)

2010-01-16 杉


最優秀選手賞(MVP)

 2009年、最も活躍したプロレスラー。
 個人が望ましいが、タッグチーム・軍団などでも可とする。
 個人名とタッグチーム・軍団が重なった場合は、全て「別」として集計。

飯伏幸太

順位 名前(所属団体or主戦場とする団体) 得点 投票
者数
08年
1位 飯伏幸太 (DDT) 405 50 4
2位 棚橋弘至 (新日本プロレス) 204 26 7
3位 真壁刀義 (新日本プロレス) 150 21 12
4位 葛西純 (FREEDOMS) 107 15 -
5位 中邑真輔 (新日本プロレス) 90 13 -
6位 杉浦貴 (NOAH) 72 11 -
7位 ザ・グレート・サスケ (みちのくプロレス) 66 11 2
8位 高木三四郎 (DDT) 47 9 8
さくらえみ (アイスリボン) 47 7 -
10位 カズ・ハヤシ (全日本プロレス) 39 5 -
11位 GENTARO (FREEDOMS) 38 8 25
12位 土井成樹 (DRAGON GATE) 37 8 -
13位 石川修司 (ユニオンプロレス) 35 5 -
14位 プリンス・デヴィット (新日本プロレス) 32 6 -
15位 三沢光晴 (NOAH) 30 3 -
潮崎豪 (NOAH) 30 6 -
17位 フジタ"Jr"ハヤト (みちのくプロレス) 26 4 -
18位 澤宗紀 (バトラーツ) 22 3 -
19位 青木真也 (DREAM) 21 5 11
20位 デイビー・リチャーズ (ROH) 20 2 -
該当者なし 20 2 -
22位 木高イサミ (ユニオンプロレス) 19 3 -
23位 KENTA (NOAH) 18 4 9
男色ディーノ (DDT) 18 5 -
25位 中西学 (新日本プロレス) 16 2 -
船木誠勝 (全日本プロレス) 16 3 -
バラモン兄弟 (フリー) 16 2 -
28位 宮本裕向 (666) 15 3 -
29位 ビリーケン・キッド (大阪プロレス) 13 2 -
30位 クリス・ジェリコ (WWE) 12 2 25
31位 GURENTAI (全日本プロレス) 10 1 -
ケニー・オメガ (DDT) 10 1 21
澤田敦士 (IGF) 10 1 -
怪人ハブ男 (沖縄プロレス) 10 1 -
ランディ・オートン (WWE) 10 1 -
アリスター・オーフレイム (DREAM) 10 1 -
エメリヤーエンコ・ヒョードル
(ストライクフォース)
10 1 -
セーム・シュルト (K-1) 10 1 -
山本真弘 (全日本キック連盟) 10 1 -
40位 鈴木みのる (全日本プロレス) 9 2 -
高山善廣 (高山堂) 9 2 -
竹田誠志 (STYLE-E) 9 3 -


 飯伏幸太がブッチギリで1位。上がる団体はメジャーからドインディーまで、戦場は両国国技館から路上、本屋、キャンプ場、花やしき、猪木酒場などなど。プロレス史に残る振り幅の広さを見せた。他の部門を見ても、彼が2009年のプロレス界でどれだけ活躍したかが分かる。文句なし。
 2位には東スポプロレス大賞MVPの棚橋弘至。新日本ファンの間でも棚橋派と中邑派で割れていたように感じる。
 3位にも新日本プロレスの真壁刀義。
 女子では、さくらえみがベスト10入り。
 話題の船木誠勝は意外と伸びず。昨年MVPの武藤敬司は圏外。
 三沢光晴と潮崎豪が同順位。

<写真提供 t.SAKUMA>




▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ