「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014
/ 2015 / 2016 / 2017 / 2018 / 2019)
質問

新人賞/2008年

2009-01-20 杉


新人賞

2008年、最も活躍した“新人”に与えられる。
 デビュー3年目ぐらいまでの選手が望ましいが、投票者が「新人」と判断するならキャリアを問わず“誰でも”投票可とする。
 個人が望ましいが、タッグチーム・軍団などでも可とする。
 個人名とタッグチーム・軍団が重なった場合は、全て「別」として集計

順位 名前(所属団体or主戦場とする団体) 得点 投票
者数
1位 矢野啓太 (格闘探偵団バトラーツ) 108 14
2位 KAI (全日本プロレス) 106 17
3位 内藤哲也 (新日本プロレス) 73 10
4位 YAMATO (ドラゴンゲート) 69 8
5位 佐野哲也 (ジ・アウトサイダー) 58 7
6位 起田高志 (健介オフィス) 51 8
7位 竹田誠志 (E-STYLE) 43 7
8位 ゼウス (大阪プロレス) 42 6
入江茂弘 (でら名古屋) 42 5
10位 滝澤大志 (K-DOJO) 40 6
該当者なし 40 4
12位 青木篤志 (NOAH) 38 6
13位 松本浩代 (息吹) 36 5
ケニー・オメガ (DDT) 36 4
15位 キング・モー (戦極) 29 5
16位 大和ヒロシ (全日本プロレス) 26 3
伊藤旭彦 (NOAH) 26 4
平柳玄藩 (NOAH) 26 4
19位 浜亮太 (全日本プロレス) 22 4
20位 及川千尋 (格闘探偵団バトラーツ) 19 3
21位 原田大輔 (大阪プロレス) 18 3
22位 石川晋也 (大日本プロレス) 16 3
エヴァン・ボーン (WWE) 16 2
24位 ダイナスティ (666) 13 2
泰葉 (ハッスル) 13 2
26位 美月凛音 (DDT) 12 3
ミスター6号 (スポルティーバ) 12 2
28位 裕次郎&内藤哲也 (新日本プロレス) 10 1
澤田敦士 (IGF) 10 1
日向寺塁 (みちのくプロレス) 10 1
梶ヤマト (K-DOJO) 10 1
ビッグフット (IWAジャパン) 10 1
ミル・マングース (沖縄プロレス) 10 1
仙台幸子 (センダイガールズ) 10 1
菊野克紀 (DEEP) 10 1
36位 ヒロ・トウナイ (K-DOJO) 9 2

 もしかしたら東スポ大賞以上に意外な人が受賞となったかも。バトラーツの矢野啓太が1位! メジャーを中心として見ている人は名前も聞いたことないのでは? デビュー2年目の20歳(08年当時)、実績らしい実績はほとんどないが、独特なサブミッションと複雑な丸め込み技は一度見たら忘れられない。2年目にして、そのスタイルはオリジナル。このまま成長したらどうなるか、ひじょうに楽しみ。
 新人枠の実績ではナンバー1のKAIが2位。僅か2ポイント差で1位ならず。
 3位にはNO LIMITでジュニアタッグ王座を獲得した内藤哲也がランクイン。
 第4回アウトサイダーMVP“ブロガー代表”佐野哲也が堂々の第5位。
 U-FLIE所属でデスマッチ志望の竹田誠志も上位に。





▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ