「ネットプロレス大賞」公式サイト

top >> この記事

サイトTOP 投票ルール 投票所 過去の結果( 2006/2007/2008 /2009
/2010 /2011 / 2012 / 2013 / 2014
/ 2015 / 2016 / 2017 / 2018)
質問

メールで投票された方の投票内容

2009-01-18 杉


 2008年ネットプロレス大賞、メールで投票された方の投票内容。


スポーツ瓦版
(1) 最優秀選手賞(MVP)
 1位 武藤敬司(全日本プロレス) …三冠&IWGPの2冠王で文句は無いね。
 2位 田中将斗(ゼロワン) …火祭り3連覇&永田など新日勢と激しいバトルなど大活躍だったね。
 3位 真壁刀義(新日本プロレス)…火祭り&G1クライマックス&タッグなど準優勝ばかり優勝は無いが安定度ある。

(2) 年間最高試合賞(ベストバウト)
 1位 丸藤VS近藤…GAORAで1月末に放送なので見るのが凄く楽しみです。
 2位 鷹木VSハルク(フルタイムドローの方)

(3) 最優秀タッグチーム
 1位 土井&吉野(ドラゴンゲート)…タッグリーグ2連覇もベルト喪失は痛いが安定度1番だ。
 2位 鈴木みのる&太陽ケア(全日本プロレス)…ブラインドタッチなどテンコジに勝利も世界タッグリーグ制覇ならず2位。
 3位 真壁&矢野(新日本プロレス)…ヒールらしく防衛を重ねてるので3D&テンコジから防衛を凄く期待だ。

(4) 新人賞
 1位 内藤哲也(3年目)…新人一覧の中では1番ですかね。
 2位 ゼウス(3年目)…大阪&ハッスル活躍もハッスル撤退は残念だね。
 3位 YAMATO(3年目)…現タッグ王者でサイバーより伸び率は上だからです。
 1年目だけなら健介オフィスの2人だけ選びますけどね。

(5) 最優秀興行
 1位 後楽園でリング破損した興行(ドラゴンゲート)
 2位 チャンピオンカーニバル
 3位 G1クライマックス

(6) 最優秀団体
 1位 ドラゴンゲート…アメリカ興行も大成功で来年は両国に進出(武道館も大丈夫)で他と別格だね。
 2位 新日本プロレス…武藤IWGP効果&G1クライマックス&G1タッグなど盛り上がった。
3位 ノア…小橋の復帰&ヘビーとジュニアのタッグリーグも大きいね。

(7) 最優秀マスメディア賞
 1位 週刊プロレスのサバイバルコラム…テイオーの技解説は最後まで行く事を願うばかり。



HOME-RUN DAYS
★MVP
1位 ザ・グレート・サスケ(みちのくプロレス)
2位 武藤敬司(全日本プロレス)
3位 エッジ(WWE)

★ベストマッチ
1位 永田対カート・アングル(1.4 東京ドーム)
2位 武藤対中邑(4.27 大阪府立体育会館)
3位 プレデター対ネクロ・ブッチャー(6.23 月寒アルファコートドーム)

★最優秀タッグチーム
1位 バラモン兄弟
2位 天山&小島
3位 サスケ&ロビン

★新人賞
1位 ケニー・オメガ
2位 竹田誠志(STYLE-E)
3位 起田高志(健介オフィス)

★最優秀興行
1位 新日本プロレス(10.13 両国国技館)
2位 鈴木みのる自主興行(6.17 後楽園ホール)
3位 マッスル(1.3 後楽園ホール)

★最優秀団体
1位 新日本プロレス
2位 WWE
3位 DDT

★マスメディア賞
1位 インディーのお仕事
2位 Gスピリッツ
3位 LADY's リング mobile

★総評
実績で言えば文句なしに武藤ですが、
常人には理解し難いサスケの珍奇な行動に惹き付けられ振り回されっぱなしの1
年となりました。
団体は新日本が満足度の高い興行を連発したかなと。
それと、恥ずかしながら今年からWWEをスカパー!で見始めたのですが、想像以上
に面白くてハマってしまいました。
今まで損して生きてきたんだと至極痛感。勿体ないことしたなあ。。


DDT DRAMATIC MUSIC FILE
(1)最優秀選手賞(MVP)
1位:武藤敬司選手
2位:ビッグ・ショー選手
3位:アンジョー司令長官選手

(2)年間最高試合賞
1位:レッスルマニア、ショーンマイケルズ対リックフレアー
2位:レッスルマニア、ビッグショー vs フロイドメイウェザー ノーホールズバードマッチ
3位:マッスルハウス5、高山善廣、鈴木みのる、マッスル坂井 vs アントーニオ本多、趙雲子龍、726

(3)最優秀タッグチーム
1位:ジョン・モリソン、ザ・ミズ組
2位:GBH
3位:

(4)新人賞
1位:浜亮太選手
2位:
3位:

(5)最優秀興行
1位:全日本プロレス台北アリーナ
2位:レッスルマニア明けのRAW(リックフレアーお別れパーティ)
3位:WWE選手殿堂入り式典『ホール・オブ・フェイム』

(6)最優秀団体
1位:WWE
2位:ドラゴンゲート
3位:

(7)最優秀マスメディア賞
1位:映画"The Wrestler"(ヴェネチア映画祭金獅子賞受賞ですから。)
2位:拳論(プロレスマスコミが見て見ぬふりをした事をきっちり取材報じたので)
3位:サムライTV"インディのお仕事"(プ金村キンタローの不祥事には何も言えず全く関係のない山本モナ女史には馬鹿ヤローと言った点)

空欄は思い浮かびませんでした。
以上です。読みにくいレイアウトですみませんがよろしくお願いいたします。







▲このページ最上段へ▲

■コメント

(一番下が最新のコメント)


コメントはありません。

(スパム対策)

※メールは省略できます。
長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。


▲このページ最上段へ▲
お知らせ・更新履歴
コメント

コメント一覧100件を表示

Twitterタグ