プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
-
全日本プロレス40年史 (B・B MOOK 848 スポーツシリーズ NO. 718)
2012-10-02
1,500 (定価)
 (Amazon価格)
ムック 
(価格・在庫状況は1119日 17:22現在)
 全日本プロレス創立40周年記念/王道 ALL JAPAN PRO-WRESTLING 40th Anniversary/1972年の旗揚げから40年。"明るく、楽しく、激しく、新しい"王道マットの歴史!
新日本プロレスリング&全日本プロ・レスリング創立40周年記念大会 サマーナイトフィーバーin両国「We are Prowrestling Love! 」 [DVD]
2012-12-05
12,600 (定価)
 (Amazon価格)
DVD 
(価格・在庫状況は1119日 17:22現在)
中邑真輔&オカダ・カズチカvs諏訪魔&近藤修司

2012年7月1日(日)両国国技館で行われた
「新日本プロレスリング&全日本プロ・レスリング創立40周年記念大会
サマーナイトフィーバーin両国「We are Prowrestling Love!」
超豪華カード目白押しの夏の祭典を完全収録! !

【特典映像】
大会前日に行われた「大プロレス祭り」の模様を収録!
★新日本プロレスリング、全日本プロ・レスリング創立40周年の記念大会を完全収録!
★因縁の永田vs船木のタッグ戦、 大迫力の肉弾戦アジアタッグ選手権、刺激的な潰し合いとなった諏訪魔&近藤修司vs中邑真輔&オカダ・カズチカ戦などこの大会ならではの豪華対戦が目白押し!
★トリプルメイン第1戦は小島聡&天山広吉&武藤敬司vs石井智宏&飯塚高史&矢野通。武藤のアドリブで“怨敵"飯塚へあの男がリベンジ…?
★同大会で、三冠ヘビーとIWGPヘビーの選手権が見られるのは極めて貴重!
三冠ヘビー級選手権試合は王者秋山準が挑戦者太陽ケアを迎え撃つ!
IWGPヘビー級選手権、王者棚橋弘至vs真壁刀義! その結末は?
【仕様】
2012年/日本/カラー/本編約240分/16:9/片面2層/音声:ステレオ/2枚組
※仕様は変更になる場合がございます

40th Anniversary Year 2012 GAORA SPECIAL チャンピオン・カーニバル [DVD]
2012-09-28
¥ 8,400 (定価)
 (Amazon価格)
DVD 
(価格・在庫状況は1119日 17:22現在)
2012年チャンピオンカーニバル

★2012チャンピオン・カーニバル リーグ戦全試合をダイジェスト+優勝決定戦をノーカットで収録! !
★プロレス界のトップ選手たちが繰り広げた春の激闘を完全再現!
★今年は全日本プロレス創立40周年記念大会であり、優勝者は三冠ヘビー級王座(現・秋山準/プロレスリング・ノア)への挑戦権が与えられる。激戦必至の大会を制したのは?!
【Aブロック】永田裕志、諏訪魔、大森隆男、KENSO、河野真幸、浜亮太、関本大介
【Bブロック】太陽ケア、真田聖也、曙、征矢学、征矢匠、吉江豊、岡林裕二

【DVD仕様】
2012年/日本/カラー/16:9/音声:ステレオ/片面2層/3枚組

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



 top >> カテゴリー:全日本プロレス >> この記事

2012-08-05

週刊プロレスが諏訪魔「ねじ曲がった記事」発言に返答~「煽られた揚げ句ハシゴを外された」が激怒の理由?
 当ブログで記事にするのが少し遅れました。
 発売中の週刊プロレス(NO.1642)のモノクロ巻頭特集で、諏訪魔の週プロ批判が取り上げられています。

本誌が書いたものに関しては、一切弁明はしない。全ては言い訳になってしまうからだ。

 発端は7.1新日本&全日本・合同興行。
 「中邑真輔&オカダカズチカvs諏訪魔&近藤修司」の週プロリポートに諏訪魔らが激怒。
諏訪魔と近藤修司が携帯サイト日記で週刊プロレスを批判~諏訪魔「マスコミまで含めた対抗戦かよ」 | ブラックアイ2
 試合後のコメントからも分かるが、諏訪魔&近藤は「試合には負けたが、内容では圧倒した」との印象。一方のオカダ&中邑は「たいしたことないな」とのコメント。
 そして週刊プロレスでは「全てはレインメーカーによって彩られた一戦だった」と、オカダ絶賛のリポート。
 ファンの感想は「とにかく諏訪魔&近藤の攻撃は圧倒的だった」というものと「いくら食らっても全くダメージがないオカダが上、最後のレインメーカー・ポーズで全部持って行った」との声で二分、もしくは「全日本軍優勢」の方がやや上(私のネットの意見を見た印象)。

 更に諏訪魔は7.29後楽園ホール大会でも週プロを名指しで批判。
全日本プロレス「JUNIOR HYPER LEAGUE」 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]
 ムカつくなぁ、最近は。7月の両国からムカつくことだらけだ!
 おい週刊プロレス! なんだあの記事は! ねじ曲がったもの書くんじゃねぇよ。事実を書け! ふざけんなよ。大人の事情でプロレスを作り上げるんじゃねぇよ。事実を見ろ、事実を! おい週刊プロレス、佐藤(編集長)! ふざけんな! 何か言ってみろよ!

 会場のバックステージで名前を出されてしまったこともあってか、週刊プロレスは初めてこの件について言及した。

 一部引用。
 本誌が書いたものに関しては、一切弁明はしない。全ては言い訳になってしまうからだ。
 諏訪魔は表紙の絵柄(7月18日号、オカダのレインメーカー・ポーズを阻止しにかかる諏訪魔)にも不満を漏らしたと言うが、あれも最善と判断してのセレクト。あとは見た人に感じてもらうしかない。
(略)
 諏訪魔とは、取材を離れて都内で会食をする機会があった。このとき「業界全体に名前を広げるために、どんどん外に出て暴れるべきだ」と私見を語らせてもらった。私の言葉を励みに、対抗戦で大暴れしたにもかかわらず、その評価を見て、「煽られた揚げ句ハシゴを外された」というのが本人の言い分のようだ。
 諏訪魔ブチギレの報を受けて、ホールの人けない場所で急遽2人で話をする機会を設けてもらった。
 「信じてたのに…ショックですよ」。試合後の興奮は鎮まっていたものの、不機嫌さは消えてはいなかった。
 「俺は俺の闘いをしていくだけ」、そういうと諏訪魔は背を向けた。

 このほか、記事の終わりには「諏訪魔に問いたいのは、レスラーとしての品格をどう考えているのか」と逆に質問も。

 この記事に対するものと思われる諏訪魔のツイート。
Twitter / suwama_H2
 あれ?論点が…

 まぁ、ちょっと問題がすり替えられた感じはありますね。会食したことを明かされたのはどう思っているのでしょう。

「中邑&オカダvs諏訪魔&近藤」が、人によって違う評価をされる特殊な試合だったことが一番の注目点では?

 以下は私の意見です。読み飛ばしてもらっても構いません。

 週刊プロレスとしては“7.1”の件は「弁明しない」として区切り、マスコミ批判をする諏訪魔の姿勢を別の問題として挙げている。
 過去に会食したことを明かし「煽られた揚げ句ハシゴを外された」ことが激怒の理由だろう、としている。
 しかし直接の原因は、やはり7.1の批評の内容。あの試合への反響が、かなり特殊だったことが一番の理由なのでは?
 人によって試合内容の評価が「新日本の勝ち」「全日本の勝ち」で真逆。これはどういうことなのか、掘り下げることで選手・読者らを納得させられることに近づかないか? その方がポジティブでもあります。
 諏訪魔「全日本が上だっただろ、ねつ造だ」→週プロ「いや、ねつ造はない」→じゃあ、なんでこれほど印象に差が出るんだ?

 プロレスの批評は“正解がない”。それだけ難しくもある。自由に好き勝手言えばいいのだが、他の人と全然違っていたりすると…気になりますよね(笑)。
 新しいファンも増え始めているこの時期に、「プロレスの試合をどう見るか」ということを考える良い機会ではなかろうか。
 まぁ週プロでは「オカダが最高だった」で評価は一致しているようなので、「意見が二分している」という事実も受け入れてくれるどうか分かりませんが…。
 こういう時に1誌しか週刊誌がないのは残念。別に雑誌でなくても媒体はなんでもいいのかもしれませんが…。

 諏訪魔選手の品格はよく分かりませんが、たぶん全日本プロレス内全体で週プロに対する不満が高まっているんだと思います(別件でカズ・ハヤシ選手も激怒)。選手のトップとして、自分が恥をかいてでも訴える必要があると感じたのではないか。あまり長く引きずってほしくないが…。

 ちなみに、ハヤシvs近藤の「採点しろ」の件については触れられていませんでした。おそらく締め切りの都合で次号になるのでしょう。
諏訪魔と近藤修司が携帯サイト日記で週刊プロレスを批判~諏訪魔「マスコミまで含めた対抗戦かよ」 | ブラックアイ2



「週刊プロレスが諏訪魔「ねじ曲がった記事」発言に返答~「煽られた揚げ句ハシゴを外された」が激怒の理由?」に関する情報は コチラでも/人気ブログランキング

■ 関連リンク ■ 最近10件までの同カテゴリー記事
  カテゴリ: 全日本プロレス | 2012-08-05 | 投稿者:杉
■トラックバックURL
注意:記事内に当BLOG(ブラックアイ2)へのリンクが含まれていないトラバは受け付けていません。


[注意]ギャンブルやエロに関する言葉を含むコメント・トラックバックは受け付けない場合があります(スパム対策)。またコチラで不適切・不快と判断した感じた記事も受け付けていません。
■コメント (一番下が最新のコメント)
 コメント書き込みはコチラ

週プロの本来のスタンスはプロレスの味方であっても特定団体の味方じゃないはず
対抗戦形式になった試合であっても両方とも称えるべきだった
それを新日本・オカダ組を称える形を取ったら怒って当然

NOSAWA論外の件といい謝罪はしないというどこの三週週刊誌なのか。C.I.L.おはらん氏も怒るよ。
イオ、お帰りって見た瞬間すごく腹が立ちましたよまったく、どの手で書いたんだよその記事は
投稿者:ラララ 2012-08-05
佐藤の諏訪魔の品格云々は本当に論点ずらしですよね。極端に書けば選手の分際でマスコミが書く内容に口出すなと・・・

選手のコメントも正しく読み取れないのは雑誌としてどうなんですかね?
投稿者:かずふ 2012-08-05
こんな時に週刊ゴングが有ればな~と思います。
小佐野さんならどう書いたか?吉川さんならどう書いたか?GKならどう書いたか?
興味が尽きませんね。
投稿者:プロレスラブ 2012-08-06
>ラララさん
週刊誌・紙が複数あった頃なら偏るのも分かるのですが、1誌だとそれがマスコミの全てと思われてしまうのが難しいです。

>かずふさん
何度も取材拒否された雑誌とは思えませんね(笑)。正直、全日本の立場も弱いのでしょうね…。

>プロレスラブさん
ライターさんがネットで反論してもいいのですが…リスクもあるし(新日本から目をつけられる)、お金にならないところではやらないでしょうね。
Dropkickで諏訪魔のインタビューはやったようです。そちらに期待します。
投稿者: 2012-08-07
私もこの一戦を観て全日の方がインパクトを残したように思います
しかし全日組の戦い方は相手を光らせない潰しのファイトではなかったかと感じました
この戦い方で相手より光ったと主張しても私はクエスチョンマークを付けざるを得ない
オカダへのジェラシーは分かりますが諏訪魔はプロレス雑誌ではなく客と向き合ってプロレス道を歩んでいって欲しいです
投稿者:評価は一日にしてできず 2013-12-27
>評価は一日にしてできず さん

この試合が「対抗戦」であることが何よりも重要だと思います。
自分の見解としては、ここまで“勝負”感の強い対抗戦は最近でも珍しかったわけで、その場で「相手を光らした」というような動きを見せるのはレスラーとしてセンスがないと思います。
また諏訪魔のキャラクター、当時の全日本プロレスの状況など考えるに、ああいう姿勢で出たのは当然だと思ってます。
ただ、受けの評価というのも実際あります。負けても(オカダ組は勝ちましたが)評価できる要素があるのはプロレスの面白いところで、それがよく出た試合だったでしょう。
しかし週プロが一方的にオカダを擁護したことで、その面白さも別の話にすり変わってしまったのが残念でなりません。
投稿者: 2013-12-29

(スパム対策)

※「コメント追加」ボタンを押してから反映されるまで時間がかかります。ボタンを連打せず、しばらくお待ちください
※長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。

コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …>トミーボンバーさん 2代目さん、最...
  • トミーボンバー…はじめまして。香川に住んでる者です...
  • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
  • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
  • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
  • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
  • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
  • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
  • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
  • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY