プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
-
マット界 噂の三面記事

¥ 980 (定価)
 (Amazon価格)
単行本 
(価格・在庫状況は7月14日 18:53現在)
「2000年代日本格闘技界」を徹底総括!! ジャパニーズMMAの光と影を探る


☆新生DREAM、大晦日大逆転開催へ――!
主催FEG破産、DREAM運営会社事務所閉鎖で開催が絶望的な状況に追い込まれた2012年大晦日。そこにある団体との合体興行案が浮上……!? DREAM2013年の動きも探る大晦日徹底レポート!

☆榊原信行とフジテレビを狂わせた魔性の大晦日――!!
「石井館長はボクとバラさんが何かやろうとするのが不安だったのかもしれない」
2003年、すべてをぶち壊した悪夢の大晦日。そのきっかけのひとつとなったPRIDEとK-1の決別とはなんだったのか。石井教義氏、榊原信行氏との三角関係を谷川貞治が初めて語る――!

☆青木真也がDREAMスタッフと歩んだファミリービジネスの6年間――「親が刺しに行けと言われたら……」の関係はどうように結ばれていたのか。
「ボクはPRIDEファミリーに迎え入れてもらえたんですよね。これはもう昔のことだから言っちゃってもいいと思うんですけど、PRIDEからちゃんと月給も出ていましたし、100パーセント格闘技に集中することができました」

☆石田光洋×川尻達也 MMAという名の青春対談
「石田くんが見学に来た日って、僕は休みだったんですけど呼び出されたんですよ。石田くんは練習道具もってきてなかったから、ジーパンのベルトだけ外してスパーをやって……」

☆天田ヒロミのK-1バブル伝説インタビュー
「K-1で稼いだ金はぜんぶ飲んで使いました。六本木に行くと、女を連れた谷川さんの姿を見かけましたよ、つい最近まで」

☆元パンクラス社長・尾崎允実氏がひさしぶりに表舞台に!! バブルに凍えた2000年代パンクラスの真実
「船木誠勝引退から始まった私のパンクラス地獄」

☆K-1黄金期のスター マイク・ベルナルド 剛腕はなぜ死を選んだのか
トランクスに残された詩篇27篇1節――。ベルナルドはカウンセラーを開業し、ドラッグ中毒の若者を救う仕事を始めた、ところがドラッグ中毒患者との交流はベルナルドの心も影響を与えることになってしまった……

☆癒着か共犯関係か? マスコミと団体の深い仲に迫る/“Show”大谷 泰顕
「キムタクを説得して格闘技をやらせるとかさ、そうやって業界全体を盛り上げていくのがマスコミだと思うんですよ。だってこの業界で食ってるんでしょ? それを第三者の立場から傍観して、ネタだけ取りたいようなヤツはホント腹が立つ!!」

☆日米逆転を呼び込んだUFC55億の大博打!
多くの格闘家をマネジメントするシュウ・ヒラタ氏が「お金」をテーマに北米MMAを語り尽くす。感謝の心は小切手に表れる究極の義理人情団体UFC!!

☆2000年代日本最大プロ集団「和術慧舟會」栄光の日々/戸井田カツヤ
「東京本部の会員数は300人、直轄ジムは5つ、プロ選手50人……本当に凄かったんです。ところが……」

☆トレーナーの立場から見たジャパニーズMMA/元「チーム黒船」主宰・山田武士
「魔娑斗と戦って北米にも勝てというのか……」

☆梅木“chiba”よしのりが語るレフェリング進化論
「何千試合もレフェリーをしてきて、いろんなトラブルを経験してきました。秋山選手と桜庭選手の試合もそのひとつです――」

☆格闘技情報番組『SRS』放送作家が語る“テレビ格闘技”の現場
「谷川さんはテレビ業界人の思考を吸収しすぎてしまった」

☆北米夜明け前――肌で感じたアメリカの脅威/高阪剛
「シアトル片田舎のペンキ屋の素人ですら、けっこう強かったんですよ。MMAが全米に広まったらどうなるんだろうなって……」

☆ジャパニーズMMAの鬼っ子か!? あなたが知らない地下格闘技の正体
メジャー格闘技のカウンターカルチャー、地下格闘技の始まりはギャング同士の決闘、ホスト同士の揉め事だった――!!

☆元・格闘家たちのラーメンの味 現地グルメレポート 
富山「つけめん えびすこ」小路晃/
大阪「ラーメン荘 歴史を刻め」藤原大地

☆立ち技界の長州藩が見るK-1なき世界/森谷吉博 シュートボクシング広報
「K-1MAXはやっぱり画期的でしたよ。だからK-1がいまのような状況になっても、いまだにK-1という名前にフラフラ動かされる人がそこらここらにいるじゃないですか(笑)」

☆昭和の興行師が生み出した「ジョシカク」というジャンル/勝井雅夫『ジュエルス』広報
Dynamite!! 〜勇気のチカラ 2009〜 [DVD]
2010-03-24
¥ 6,090 (定価)
 (Amazon価格)
DVD 
(価格・在庫状況は7月14日 18:53現在)
特典Discで3D映像収録!!

青木真也vs廣田瑞人
魔裟斗引退試合
石井慧vs吉田秀彦

開催日:2009年12月31日(木) 会場:さいたまスーパーアリーナ
収録試合はリンク先(amazonページ)で確認を。
DREAM ウェルター級グランプリ2009 DVD-BOX
2009-12-23
10,290 (定価)
 (Amazon価格)
DVD 
(価格・在庫状況は7月14日 18:53現在)
マリウス・ザロムスキーvsジェイソン・ハイ
 2009年に開催された「DREAMウェルター級グランプリ」の全大会を収録。
 全試合に加え、特典DISCを収録した豪華コンプリートBOX!

■DREAM.8 ウェルター級グランプリ2009 開幕戦/2009年4月5日(日) 日本ガイシホール
■DREAM.10 ウェルター級グランプリ2009決勝戦/2009年7月20日(月) さいたまスーパーアリーナ
★特典映像★ウェルター級グランプリ2009 秘蔵バックステージ。

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



 top >> カテゴリー:DREAM >> この記事

2008-09-28

DREAM 6の観戦記を集めてみた~裏MVPはアンブリッツ&須藤元気で決まり
 火曜日に行われた「DREAM.6」の観戦記を集めてみました。
 ブログ検索を中心に収集。
 今更ですが、「DREAM」ってイベント名はネットに弱い。一般的な言葉すぎて検索しにくいのですね。まぁ、「PRIDE」もそうでしたが。
 その点だけ言えば「戦極」はかなり優秀。

 さすがに地上波ゴールデンは観戦記数も多い。
 以下、「全文表示」クリックでご覧ください。

 ちょっと、厳しい意見ばかりが並んでしまったかも・・・。
 試合によっては、「面白かった」という声もあるんですけどね。

船木vsミノワマンは意見真っ二つ

 なお、引用は一部です。ぜひ、リンク先に飛んで全文を確認してください。
 ブロガーの皆さん、勝手にリンクしてすいません。
 迷惑のようならばすぐに削除します。

 では、どうぞ。

スカパーPPV放送を観戦しました [ 見えない道場本舗 ]
所英男vs山本篤
 勝負論的には一番楽しみにしていたのだが、途中から思ったより打撃の差が出てきたものですね。
 ただ、自分が思ったような上からのタックルとパウンドではなく、山本がジャブを当てていって、所をじわじわと弱らせていくという展開だった。最初の最初ではリーチ差をうまくつかって所もいいのを当てていたのだが。
 ただ、山本に上からの深追いをさせなかった、ぐんぐんガードの足を上げていく下からのプレッシャー、そして最後、ねばりに粘ってもつれたところで、一発逆転を狙い得る腕十字の形に入ったところは、やっぱりお見事だった。
 かなり所を贔屓した言い方になるけど、あの腕十字で、フェザー戦線から「三歩後退」するところを「一歩後退」でとどめることが出来たんじゃないだろうか。
 格闘技の幸運の女神、マジックミラー号とやらをお好みの所英男に怒ってちょっとそっぽを向いたが、まだ部屋を出てってはいないようなので、慌てて追いかけて再び捕まえてほしい(笑)


DREAM.6レビュー [ OMASUKI FIGHT ]
山本篤 def 所英男
 山本完勝。アップセットだと思う。というか、この階級で誰が強いのか、よく分からなくなったな(笑)。皆勤賞に近い出席率で熱戦を繰り返してきた所選手には、心情的にも乗りつつあったので、まことに悔しい結果。これではKIDには届かないという印象は残ってしまったけれど、今年のDREAMで所が頑張ったと言うことは記憶に残ると思う。
(略)
船木 def ミノワマン
 TKチャート、美濃輪のスタミナ「2」、船木のスタミナ「4」。そうかあ?試合が終わった瞬間はテレビの前でつい「えーっ」(不満の声)を挙げてしまった。あくまで足関ゲームでは船木の勝ちね。ただまあ、勝った瞬間の表情はさすがに千両役者だし、これで負ければまた工事現場に戻るのかと思うと、よかったかなあと。決め技ヒールホールドというのも泣けるし、美濃輪にしてもこの展開から船木越えをしていかないと、介錯することにはならんのだろうな。


ミノワマンに改名して超人になれたのか? [ こんなはずじゃナイト ]
 ミルコファンの僕とすれば思い切りテンションを下げたラストだったが、
 その前にたっぷりとしたフリを
 ミノワマン VS 船木誠勝戦でいただいた。
 フリのたっぷりと聴いたラストでのオチ
 テレビ中継は見事にテンションを奈落の底まで落としてくれた。
 完敗です、TBS様 という感じです
 船木選手は稀代のナルシストな方だと思うので、勝つことも負けることも自分なりの美学があるんでしょうし、リング上だけでなく生活にもそれはあるんだろうなぁという、煽りV
 家族で観ていて家内が一言、
 「こんなん見せられたら引くわぁ」
 同意でしたけれどもね。



DREAM 更に進化するMMA [ EASYGOING らいふ ]
 船木×ミノワマン・・・ミノワマン、ほんといぃ人ですね。船木選手が勝つとすれば、説得力のあるフィニッシュってあれ位しかないでしょう。この試合がガチであったかどうかはどーでもよいとして、あんた立派なプロレスラーだよ。民放意識してるよ。しかし試合前のPVでも流れていたが船木選手に容赦なく、しこたまパウンドを落とした田村潔って、ある意味すげーな。前田日明にトロフィーぶつけられるのも納得です(笑)
青木・ハリトーノフ・・・青木選手、晴れ舞台の前くらい散髪しましょうよ。格闘技を実際にやっている人には絶大な人気がありますが、ビジュアル的にも(試合以外の)パフォーマンス的にも何かが大きく欠けてる気がします。ハリさんも同様。練習用みたいなワンポイント刺繍のアディダスのスパッツはいかがなものか。もっとメディアがすり込もうとしているイメージに忠実にふるまって下さいよ。ロープを脇に挟んでセコイ反則もするし。


web新のDREAM.6地上波TV観戦記 ~ミルコの顔がウゴ・デュアルチに見えた~ [ K-1心中 ]
 試合後は秋山が外岡に土下座するも、なんだい、外岡はろくに挨拶もせずにコーナーに戻りやがって。失礼なヤツだな。
 秋山は試合後のマイクで大晦日の吉田秀彦戦をアピール。
 「応援してください。ちょっとでいいです」
 私は秋山のこの言葉を聞いて、目頭が熱くなってしまいました。これからも秋山を徹底して応援していきますよ。


DREAM.6 [ 贅肉十段日記 ]
 俺は確かに青木の衝撃的なサブミッションで何度も戦慄を覚え驚愕した。
 桜庭和志に憧れ、落ちぶれた日本の格闘界を少しでも盛り上げようとしてる姿勢も評価している。
 この際一生修斗宣言や修斗の防衛戦しないことも目を瞑る。
 ヌルに腹を立て目くじら立てる気持ちは俺も同じだ。
 だが発言が良くない。
 「秋山マイケルジャクソン成勲先輩!大黒柱の青木真也とネバーランドで滅茶苦茶ワオワオしませんか!」
 一生懸命考えてきたんだろうけど全く面白くないから乗れない。
 ワオワオとかワオ木とか下らないしつまんないよ。
 桜庭だったらそんな言い方しないぞ。
 そういう内輪でしか通用しないネタをマイクで言うのは絶対にやめた方がいい。
 仮に乗れるものも乗れなくなる。
 ちなみに俺は格ヲタ視点で見ると吉田×ヌルよりはマシだと思うけど青木×ヌルも大して興味ないです。
 勝敗云々以前にそんなカードじゃ世間に届かないよ!


DREAM.6地上波観戦記 [ イナイイナイバー ]
 ミルコは怪我で欠場が続いてきたものの、逆に出場していないだけに幻想を保っていた部分も確かにあったのかもしれない。今回の試合は、裁定としてはノーコンテストだけれども、ミルコの幻想を打ち砕くには十分なものだったと思います。これでDREAMは完全にヘビー級の軸を失ってしまいましたね。

 個人的には今回のDREAMはそこそこに楽しめました。所の敗戦にこれだけショックを受けるとは自分でも意外でしたが。


DREAMに名称が変わったところで [ フクフク丸のあずましいblog ]
 例えば、飽くまでも想像の話であるが、主催者やスポンサー側の意向という表には出てこない思惑というものがあったとして、それを突っぱねる事が本来の意味での総合格闘技の強さということにもつながると思うのだが、どうもそういう本来の意味での「強さ」を持った試合となにか引き換え条件のために「作っている試合」というものがごちゃ混ぜになっていると感じた。
 主催者、スポンサー側の意向というのは、格闘技のにわかファンにも浸透してきたビッグネームを潰さないようなマッチメークと試合内容が散見されるということ。総合格闘技の世界で10年間も同じ選手が同じようなコンディションで同じように戦えるなんて有り得ないはずだ。いや、そりゃまあそんな常識を覆すようなスター選手だって出ないと言う保証はないが。
 少なくとも昨日のミルコの試合を見た格闘技ファンが、ミルコを強いと感じたところはほとんどなかったはずだ。ただその圧倒的な利権という見えない力を除いては。


DREAM.6を観ましたよ。 [ スイミングアイ - ]
ナカハラ×ユン
 第一試合にして僕的ベストバウト
 ナカハラさんをなめてました、すみませんでした。
 ユンさんも僕まではいかなくても、ナカハラさんをなめていたんじゃないでしょうか。
 そのくらい「これで極められるだろ?」とばかりに袖車絞めに固執してましたし。
 ナカハラさんの寝技への対応、スタミナがすばらしいですねー。
 また、極真とは思えないほど間合いが遠く、LYOTOさんみたいでした。
 いつか秋山さんとやってカラテの敵討ちを観たいですね。


こんなところで会うなんて、めっちゃ偶然やね☆ [ GGG ]
 え、こんなところで会うなんて。
 偶然というより運命?
 というわけで、ぼーっとDREAM6を観ていたら、ジミー・アンブリッツが出てきて吹いた。
 お前らみたいな生粋のプロレスマニアどもに説明する必要もないが、アンブリッツは新日本のアルティメットクラッシュ(笑)に出場した誉れ高き戦士だ。
 しかも、相手はハリトーノフ。
 本当ね、サダハルンバは空気読めないマッチメイクするなと。


DREAM6観戦後記~前半戦~ [ Flavor of 格闘技~ISHIHARUのブログ~/asm-net ]
DREAM6観戦後記~後半戦~ [ Flavor of 格闘技~ISHIHARUのブログ~/asm-net ]
 もう既に各方面から批判の声が飛び交っていますが、残念ながらあまりクオリティの高い興行ではありませんでした。
 好試合も中にはあったものの、興行全体としてボルテージが上がることなく、今までのDREAMの興行の中では最も内容の薄い興行であったかもしれません。DREAM主催者側も、全12試合を用意するなど力を入れてきた興行でしたが、それが裏目に出てしまった部分もあるかもしれません。


冷静と情熱のあいだ(笑) [ メマイノクニ めまいのくに ]
 DREAM、やばいんではないか?
 やっぱ、一時期のチェムベみたいに、
 急に勝ちあがってくるとか、
 アローナみたいな
 強烈なキャラを立てられるような人がいないと、
 ちょっとねー。

 少なくとも、これ以上秋山とミルコにこだわっている限り、
 DREAMは終わると思う。


DREAM [ 「怒涛のアルティメットブログ」 ]
 DREAMはなかなかDREAMを掴めずに難航している。
 プロレス的観点から言えばって話だけかもしれないけど。
 奇跡を起こせるメンツは揃ってる。
 全員TVでカットにならないような熱い試合熱望。
 ダイジェストでも何でも熱すぎて流さなきゃしょうがない試合を…。


DREAM6感想 [ KAKUTOUQUEST ]
 全体的に通してみるとそれなりの大会だったと思うのだが、なんとなく評判が悪いのは、PPVがライブ中継で無いので、ほぼHERO’Sと似たような中継の地上波で見て感想を語る方が多いからではないだろうか?多分ライブ中継でやったならそのPPVを見た方はそれなりの評価をしていたような気がする。PPVが地上波を優先してライブ中継をしない限り、プライドの時にあったような熱がどんどん失われていってどんどんDREAMがHERO’S化していくような気がする。


DREAM.6ミドル級グランプリ2008 決勝戦/9・23さいたまスーパーアリーナ、速報観戦記まとめ  [ カクトウログ ]
 時間は長い興行でしたが、いろんなドラマや対戦表明があった濃い大会でした。
 長いとは感じなかったなあ。
 ミドル級トーナメントをみていて、あらためて人材の宝庫ぶりを感じる。
 結果的に負けたが、リスクを恐れぬジャカレイのような積極性は嬉しくなるではないか。
 そして、今日は船木の勝利に乾杯したい。


DREAM.6地上波リアルタイム感想 [ 格闘技徒然草 ]
 次につながったものもあれば、つながらなかったものもあり。青木のマイクがカットされたのは気の毒。一方で秋山のマイクがカットされなかったのは、ちゃんと政治的に筋を通してあるのか気になる。でも吉田の1/4出場は絶対はずせないだろうし、実現するなら去年と同じく秋山がアウェーに出ていかなければならないだろう。
 船木はこれで生き残ったのはいいが、美濃輪が足関合戦に付き合ってくれただけで、特に実力がアップしたわけでないので、使い方が難しいのは変わらない。
 12試合中9試合(1試合ダイジェスト)も見られたが、やっぱりTBSの編集には疑問が。まあ時間もなくてかなり厳しかったんだろうけど・・・。わざわざアクシデントがあった試合を最後に持ってこなくても。
 ベストバウトは所vs山本。あとは一方的な試合やアクシデント的な結末だったので。

まとめ

 紹介していない観戦記を含めての印象について。

 全体として厳しい意見が目立つ。面白かった、飽きなかった、と感じた人でも突出した試合がなかったことは認めています。アンブリッツを除いて。
 船木vsミノワマンは意見が真っ二つ。良かったと思う人は泣くほど感動してる一方、興味がない人は「もういいよ…」と呆れ気味。
 秋山成勲の試合ぶり・発言には賛否両論も、vs吉田秀彦に関しては”
世間に向けて”の意味も込めて「見たい」という意見が多かった。
 ミドル級GPは高評価。でもミルコの無効試合、所敗戦のショックのインパクトが強すぎる。
 相変わらず、TBSへの不満の声は多い。ジャカレイvs弁慶のダイジェストに怒りの声も多かった。
 あとはアンブリッツですね。どこも大絶賛。ありゃ須藤元気の力だね。



「 DREAM 6の観戦記を集めてみた~裏MVPはアンブリッツ&須藤元気で決まり」に関する情報は コチラでも/人気ブログランキング

■ 関連リンク ■ 最近10件までの同カテゴリー記事
  カテゴリ: DREAM | 2008-09-28 | 投稿者:杉
■トラックバックURL
注意:記事内に当BLOG(ブラックアイ2)へのリンクが含まれていないトラバは受け付けていません。


[注意]ギャンブルやエロに関する言葉を含むコメント・トラックバックは受け付けない場合があります(スパム対策)。またコチラで不適切・不快と判断した感じた記事も受け付けていません。
■コメント (一番下が最新のコメント)
 コメント書き込みはコチラ

私もそう思います。
「DREAM」も「PRIDE」のように長い年月をかけて浸透するのでしょうか。
投稿者:bab 2008-09-28
>bobさん

もうちょっと時間かかりますかね。
投稿者: 2008-09-30
このアイテムは閲覧専用です。コメントの投稿、投票はできません。
※「コメント追加」ボタンを押してから反映されるまで時間がかかります。ボタンを連打せず、しばらくお待ちください
※長めのHN(名前)は文字化けする場合があります。

コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY