天龍源一郎×小橋建太・対談、一部文字起こし〜「スイングする」って言葉あるじゃないですか
(09/18 いろいろ)
して、構築している状態で、『凄いな』って言われているところだと思うよ。
 あれ(四天王プロレス)は俺達レスラーが見ても『危ない!』って声が出たもん。
 まぁだから、良い悪いは別にして、不幸なこともあったし、小橋選手の話聞いても、身体ボロボロで…って、みんなそういう風になっていっちゃったんだけど。
 まぁ、それを伝聞して聞いて、賢くなったのか、こざかしくなったから、そういうことをやらないで、それを見せているだけなのか、なんか分からないけど…。
 そこは俺も結論が出ないから分からないよ。

小橋 限界は…無いと思ってましたけどね。…どこまでも、行けると…。

天龍 凄いよね、それは(笑)。
 ホントにね、見ていて『ヤバイ』『アッ!』って声が出たんだから。プロレスラーがプロレス見て声が出るなんて、ねぇ、不思議な状況だよ。

小橋 いやでも、その四天王プロレスの基礎を作ったのは天龍さんですよ。

天龍 いやいや、そんなことないですよ。俺は、マットを綺麗にしてくれと馬場さんに文句言っただけですよ(笑)。

小橋 (笑)
 ここまで。
 「プロレスラーvsボクサー」の例えは少し分かりにくいかもしれませんが、別に格闘プロレスをやれとかいう話でなく、「手が合いそうにない、スイングしそうにない」モノのほうが興味は持たれるって例えだと思います(それでも分からないかな…)。
 他にも分かりにくい箇所があるかもしれませんが、そこは各自で解釈してください(笑)。

▼プロレスに「正解」はないが…▼

 スイングする(しすぎる)プロレスの是非、昭和系のファンが今のプロレスに違和感を持つ理由の一つを指摘していると思います。
 ただ、プロレスというのは「正解がない」とも言われます。天龍選手も「結論が出ない」としていますし、“プロレス”を取り巻く状況が昭和とは大きく変わった今、変えていくべきものもあるのでしょう。団体によってプロレスの定義が違う場合もあります。
 今のプロレスラーだって、今のプロレスに自信と誇りを持って取り組んでいるはずです。間違いなく身体も張っています。
 しかし、それが正解かどうかも分からない。
 もっとプロレスが面白くなるための原点回帰なら。
 そしておそらく、天龍はオカダ・カズチカを相手に、そのプロレスを体現するはずです。
 個人的には、引退試合の楽しみがかなり増しました。


 なお、この対談は「サムライ・オンデマンド」の見逃し配信で、まだ視聴可能です。
 取り上げた話以外にも、両国で後ろ受け身をとったときの秘話など語っています。
■見逃し配信】サムライTV 8/31(月) | スカパー!オンデマンド
http://vod.skyperfectv.co.jp/episode_detail.php?EI=63655
 前半がバトルメンで後半が「VERSUS」。
 視聴には「サムライTオンデマンド」加入が必要。スカパー!・サムライTV加入者は無料で見られます。
(End)
[P.2/2]次
<コメント>
コメントなし
Prev:当ブログの“繋がりにくい問題”が解決しました。
Next:12.23 ノア・大田区総合体育館大会を見てきたよ/バッドエンド連続の理由を考える
HOME

gуANZX