プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
最近20件の記事
PR

<注意>当ブログからamazonページに飛んだ先のURLを他サイト・掲示板などに貼る(転載する)のは止めてください。




 ■コチラもどうぞ…

プロレス・格闘技DVD&グッズ

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



ブラックアイ2/Twitter
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
団体代表のレスラーが新人時代のトラウマと向かい合い闘うプロレス~鈴木みのるvs石川雄規
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
リアルジャパンプロレス
 3月1日に観戦したリアルジャパン・後楽園ホール大会の感想を書いておきます。
 話題はメインで行われた長州力vs初代タイガーが中心ですが、ここではセミの「鈴木みのるvs石川雄規」について。
 
 2人とも「プロフェッショナルレスリング藤原組」の元所属選手。鈴木みのるはエース格、石川雄規はデビューしたばかりの新人。
 2人は過去に1度だけシングルで対戦。今から17年前、私はこの試合を生で観戦していますが、新人・石川がまったく相手にならずボロボロになって負ける姿が強く印象に残っています。他の試合は覚えていませんが、この試合は記憶にある。それだけインパクトが強かった。
 大会前の会見で石川雄規は「鈴木みのるは唯一のトラウマ」と発言。
 すでに石川は「格闘探偵団バトラーツ」の代表でありトップ選手であります。弟子もいます。
 そんな立場の人間が、若い頃の「トラウマ」と向かい合わなければならない。
 U系ファンの変態世代もいい歳です。自分が同じ立場になったらどうか。
 部下を連れて居酒屋行って、隣の席にたまたま学生時代の先輩がいて…。
 逃げ出せない立場の人間が顔も合わしたくない人間と闘わなければいけないプレッシャー。想像しただけで胃が痛くなる。
 更に言えば、舞台がパンクラスでも全日本プロレスでもバトラーツでもなく、第三者の団体・リアルジャパンであるというのも恐ろしい。
 鈴木・石川、両者が望んだタイミングで試合が組まれたとは考えにくい。「流れ」の中で実現した師弟対決。

田村潔司vs桜庭和志と似た感覚

リアルジャパンプロレス第16弾興行「CHAOS」 [ スポーツナビ ]
リアルジャパンプロレスリアルジャパンプロレス
 ゴング前、石川は今にも飛びかからん勢いで鈴木を睨み付ける。鈴木は余裕で見下ろす。
 寝技では互角の攻防。つかみ合いでも石川が尻込みするような場面はなかった。
 ロープ際に追い込まれながらも、石川は延髄蹴りをヒットさせる。
 続けてナックルアロー・・・鈴木はかわしてバックからスリーパー。
 まだ試合は序盤、のはず。
 粘る石川を逆落とし、上からのスリーパーでタップさせる。
[5=セ]シングルマッチ
 ○鈴木みのる(5分36秒 スリーパーホールド)●石川雄規
 5分という試合時間に驚く。
 ただ、試合全体を通して緊張感は充満していた。もちろん、これを「名勝負」と呼ぶのは無理がある・・・。
 試合後、鈴木は倒れたままの石川を引きずり起こし、ポンポンと背中を叩き退場した。
 健闘を称えた・・・とも見えるが、「はいはい終わり、これで納得しただろ」と適当にあしらったようにも見える。
 客席から確認する限り、石川の表情は浮かない。
 5分という試合時間で「トラウマ」が払拭されたのか。試合の中から答えを探すのは難しい。

 最近、これと似た感覚を味わった試合がありました。
 「田村潔司vs桜庭和志」ですね。
 誰もが納得できる名勝負ではない、でも、どこか素通りできない空気を持つ。
 更なる“謎”や“疑問”を残す試合。

 ちなみにキャリアでは鈴木が4年先輩だが、年齢は石川が1歳上である。
 田村vs桜庭戦の感想でも書きましたが、プロレスは「イイ試合」か「ダメな試合」かを判断することだけが楽しみ方ではないと思います。
 それこそ、週プロで「5点」と採点された内容でも、「なんだか分からない」試合をアレコレ語るのが一番面白いもの。
 鈴木vs石川もこのタイプか。

心のどこかで分かり合えてる気がする。そんな戦いでした

 試合後のコメントを読む。
鈴木みのるvs石川雄規 スポーツナビ ]
■ 鈴木みのる:試合後コメント

 まぁ俺はそれなりに楽しかったよ。まぁ、一番楽しめたのは客じゃねぇのかな。チンケなレスラーのプロレスごっこを見せられて、不満タラタラだっただろうからよ。本物のプロレスラーが、本物の技を見せてやったよ。
 最近、30分越えるのがいい試合みたいな風潮があるじゃねぇか。あの技を返したからスゲェとか、あの技を受けたからスゲェとか。そんなもん、客が決めることだ。エスカレートしすぎだよ、どいつもこいつも。今日の昼間も、今、石川と戦ったのも、いつもの俺だ。悔しかったら俺の首を取ってみろよ。その“いい試合”ってやつでな。
 短い試合タイムにはプロレス界へのメッセージが含まれていたようです。
■ 石川雄規:試合後コメント

――鈴木選手に最後に引き起こされましたが。

石川 俺たち同士にしか分からないものがありますから。でも、過去のトラウマは解消されたのかな。負けて結果は出せなかったけど、何も恐怖は感じなかった。結果がこうなってしまったのは仕方がない、強かった。(次は)俺はいつでもいいし、鈴木さん次第。あの人はあんな感じだけど、心のどこかで分かり合えてる気がする。そんな戦いでした。でも、まだ1枚も2枚も鈴木さんが上手だな。悔しい。
 負けたことは「悔しい」としながらも、試合の内容には満足できる部分もあったようで。
 5分というタイム、一発で決めるスタイル、リングの中で共通のメッセージを発せられたことから来る満足なのか。
 いろいろと考えさせられます。
 何をもって「トラウマ払拭」とするか。かつて新人時代に負った傷が「心のどこかで分かり合えた」ことで埋まるのかどうかは本人にしか分からないところでしょう。
 できれば、せっかく生まれたストーリーであるし、バトラーツのリングで後輩に引き継ぐような形になれば良いと思うが・・・。

満員の観客に驚いた

 最後に画像を貼りながら簡単に他の試合の感想を。

リアルジャパンプロレス
 会場はぎっしり満員。
 キック・空手系の関係者が多かったのか、藤原敏男さん紹介に大きな歓声が出ていた。
 でも招待券客多めの時の妙な雰囲気はなく、皆さん、声を出して素直に楽しんでました。
リアルジャパンプロレス

 タイトルマッチ前記念撮影。
 ←から、元格通編集長・杉山氏、アレク、和田良覚レフェリー(メイン以外全部裁いた)、スーパータイガー、小林邦明。

リアルジャパンプロレス

 アレクが変形ツームストンで勝利。
 元気のない頃もあったが、この日は横綱相撲。

リアルジャパンプロレス
 黄色い覆面はサミー・リーJR。
 某サイトに「○伏似」ってオモイッキリ書かれてて笑った。
 浜田さんは試合序盤に負傷したらしく途中退場。
 その後、情報ありませんが、どうなったんですかね?

リアルジャパンプロレス

 垣原親子、金原弘光も観戦。
 その他、関本大介も来ていた。

リアルジャパンプロレス
 
 メインを裁いたユセフ・トルコさん。
 なぜか「日光猿軍団」をアピールしまくる。
 「今日の半券を持って行くと半額」とかって言ってたなぁ。

リアルジャパンプロレス
 メインの長州vs初代タイガーはお見事でした。
 序盤のロープワークには、いろんな意味でドキドキしてしまった。
 会場はメチャクチャ盛り上がった。
 予想外に暖かい雰囲気で驚いた。真日本と言えばオッカナイ人ばかりいると思ってた自分を恥じる。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「U-STYLE・UWF」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: U-STYLE・UWF  2009-03-05
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 2 | トラックバック
長井満也と木村浩一郎が16年ぶり一騎打ち~バチバチ・川崎大会
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
長井満也
 リングス時代の長井満也。
 リングスの隠れ(?)名勝負としてファンの間では伝説化しているカードが16年の時を超え再び実現した。
 長井満也vs木村浩一郎。
 シングルでの対戦は1992年のリングス・NKホール大会以来。


長井満也「夢の中でリングスのジャージを着て・・・」

 池田大輔が代表のフーテン・プロが主催する「バチバチ」で対戦が実現。
 大会名から分かるとおり、バトラーツの流れを汲むスタイル。
 ちょっと記事にするのが遅くてすいません・・・。試合は日曜日でした。

『バチバチ22』 [ フーテン・プロモーション]
「バチバチ22」原色観戦レポ(1) [ 原色生活 ]
11.30 フーテンプロ/神奈川・ラゾーナ川崎プラザソル (235人)

 [3]○長井満也(10分31秒 長井ロック)●木村浩一郎

 特に大きな煽りがあったわけでもなく、全5試合の真ん中第3試合で対戦。
 とにかく16年ぶりの対戦なので、過去の対決を知らない観客がいても当然だ。ただ、やはりお互いはかなり意識していたようで。

 週プロ・モバイル「週モバ野郎」に長井選手の試合後コメントがあります。
 一部紹介。
 「数日前に、普段はそんなことないんだけど、夢の中でリングスのジャージを着て、これから入場式が始まるんだ、って夢を見たんですよ。今の総合とは内容もレベルも違うけどあの時の自分と木村選手のできるかぎりのことをMAXで出した試合だったと思うんで、懐かしく思えましたね。今日はお互いいい意味で年とってたなと思いましたね(笑)」

 NKの長井vs木村は凄まじい試合でした。
 まだ、PRIDEもなかった頃、ガチンコに飢えていたファンにとってビリビリとした緊張感は新鮮でありました。
1992年1月25日 リングス/千葉・東京ベイNKホール

 ○長井満也(28分5秒 KO)●木村浩一郎
 
 試合が大学の卒業試験と重なり、納得できないコンディションでリングに上がることとなってしまった木村が、終盤にスタミナ切れで動きが止まってしまう。最後は戦意喪失ぎみにKOで敗戦。
 今見れば技術の足りない泥臭いだけの試合に見えるかもしれませんが、当時のファンは第2次Uになかった他流試合的雰囲気に大興奮、後々まで「伝説」の試合として語られることになる。
 この日のNKは、角田vsロブ・カーマンやゴルドーvs佐竹(ゴルドーがキレて佐竹を素手で殴る)など、インパクトのある試合が多かったはずなのに、長井vs木村の印象も全然負けてない。

 その後の2人は・・・ホントにいろいろありました。
 経歴こちら。
長井満也 [ Wikipedia ]
木村浩一郎 [ Wikipedia ]
 どちらかと言えば長井満也はメジャー街道。
 木村浩一郎はインディー・格闘技中心。
 DDTで参戦の時期が被っていたこともありますが、それ以外ではほとんど重なっていません。
 それでも2人ともプロレスラーになったわけだから、16年もあればどこかで対戦済みでもおかしくはありません(DDTでタッグによる対戦はアリ)。
 U系→バトラーツの流れを汲む「バチバチ」で再会というのは面白い。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「U-STYLE・UWF」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: U-STYLE・UWF  2008-12-04
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
前田日明 が「ダウンタウンDX」に登場。ちょっと見逃せない。
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。

意外な素顔が明らかになる!?

ダウンタウンDX HP
 数日前のカクトウログさん記事より。

前田日明がダウンタウンDXに出演 [ カクトウログ ]

 ダウンタウンDX・番組HPには情報なし。
 Yahoo!などTV情報サイトには以下の告知。
22:00 ダウンタウンDX

 ▽前田日明が初登場!!意外な素顔が明らかになる!?
 かなり楽しみなわけですが・・・ちょっと前に前田はこんな発言をしている。

 7月2日のHERO'S会見より。
 
秋山を赦すウッチャンナンチャン [ おまえらの好きにはさせねえ! ]
「今の日本の社会全体が子供のイジメとかよく言うけど、子供の世界って言うのは大人の世界のうつし。テレビをつければダウンタウンとかが若手芸人をいじめて笑いを取っている。とんねるずもやっていたでしょ?お笑い芸人って言うのはだいたいそうですよ。唯一やってないといえば、ウッチャンナンチャンくらい。ああいうのを見たら、子供もまねをする。会社だって、ええ年した大人がイジメやってるって聞きます。でも大事なのは・・・」
 このあと「人間社会の上で大事なのは、素直に罰を受けて謝ったヤツを許すこと」と続き秋山問題を語っている。

 この発言が「DX」収録前か後かは分かりませんが、“直接対決”で何か起こる予感も。
 「笑い」に関しては松本人志もプライド高い。まぁ、前田に凄まれたらビビっちゃうだろうけど(笑)。
 もし突っ込んだ発言したとしてもカットされちゃうだろうしね・・・。

 その辺は抜きにしても、お子さんの話とかが聞ければ嬉しい。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「U-STYLE・UWF」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: U-STYLE・UWF  2007-07-25
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
バトラーツ でバート・ベイルのトークショー開催
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。

MMA創世記、主役になり損ねた?男

バート・ベイルvs村上
 96年に村上一成(現・和成)と
金網で対戦。
 7月21日に開催される格闘探偵団バトラーツ・越谷桂スタジオ大会の全対戦カードが発表された。
 セミ前には、藤原喜明・組長と懐かしのU系常連外国人、バート・ベイルが特別トークショーを行う。

 バート・ベイル・・・、懐かしい・・・。
 経歴をまとめてみます。

バート・ベイル:kfa
バート・ベイル(BART VALE)

 出身:アメリカ
 生年月日:1957年5月4日
 身長:191cm 体重:114kg
 タイトル暦:IFCAヘビー級チャンピオン(98/10月現在)
 そのほか私の記憶を頼りにプロフィールを追加。間違いありましたら指摘してください(歓迎)。
■1988年、第2次UWFに初来日。
 マーシャルアーツがバックボーン。当時としては珍しい蹴りを使う外国人。1990年の解散までほぼレギュラーとして来日するも、これと言った実績・名勝負は残せず。

■1991年、プロフェッショナルレスリング藤原組に参加
 U3派分裂後、カール・ゴッチと藤原組長の関係から、ほとんどの外国人は藤原組に流れた。
 ・・・確か、旗揚げ戦のメインは「藤原vsベイル」「船木vsベイル」だったような気がする。
 藤原組ではメイン戦線で活躍する。

■1992年3月20日 アメリカでバート・ベイル主催シュートファイティング興行開催
 藤原組メンバーが中心となり、アメリカで初のU系興行を開催。
 メインでは、バート・ベイルと藤原喜明が「シュートファイティング世界ヘビー級王座」を懸けて対戦。
 ○バート・ベイル(12分25秒 左ハイで場外に落ちて→KO)●藤原喜明
 事実上、リングアウトでベイルが勝利している。
 船木と異種格闘技戦を直前に控えていたロベルト・デュランが観戦。

■1993年、リングス参戦
 船木、鈴木らが退団(パンクラス設立)後も藤原組に参戦し続ける。
 藤原組がリングスと交流をもつようになったことで、リングス参戦が実現。
 以下が対戦結果(参考:よろず屋☆あべにいのぺえじ☆

 1993.4.24 ○ 横浜 ハンス・ナイマン <8分35秒> 顔面絞め
 1994.1.21 ○ 武道館 ピーター・スミット <5分12秒> 裸絞め
 1994.3.19 ● 横浜 ディック・フライ <3R1分32秒> KO
 1994.10.22 ○ 福岡 成瀬昌由 <7分4秒> 肩固め
 1995.3.18 ● 有明 ビターゼ・タリエル <2分28秒> KO
 1996.5.25 ● ロシア アンドレイ・コピィロフ <4分41秒> 腕固め

 リングス戦績 6戦3勝3敗
 UWFまでの実績はこんな感じ。
 それほど名勝負があったわけではないんだが・・・藤原組ではメイン級に度々登場。

時代はMMAへ

 パンクラス旗揚げ&第1回UFCが1993年。それ以降、アメリカではMMA系の団体が続々と誕生する。
 新興団体WCCはPPVも入るビッグイベント。規模だけだったら初期のUFCに負けてなかった。その団体が“エース”として指名したのがバート・ベイル。
 ダン・スバーンに次ぐアメリカン・ヒーローになろうと、スバーンは本気で(?)MMAに踏み出した。
■1995年10月7日、「WCC1」出場
 トーナメント1回戦=22分1本勝負
 ○バート・ベイル(7分10秒 肩固め)●マイク・ビトーニオ
 ※この試合でベイルは顔面を負傷、2回戦を欠場。
 ※マイク・ビトーニオはハワイ出身、「カプ・クイアルア」なるサモア人に伝わる総合格闘技の使い手。この試合以外に実績なし。

 ※このトーナメントの優勝戦はこちら。
 トーナメント=決勝戦=22分1本勝負
 ○ヘンゾ・グレイシー(2分47秒 試合放棄)●ジェームス・Jr・ワーリング
 大会前はヘンゾとベイル“のみ”が登場するCMがテレビでバンバン流れたそうです。トーナメントの主役として期待されたが・・・ケガで棄権。
 ヘンゾはこの優勝で世界に名を知らしめた。
 
  翌年もチャレンジ。ここで日本の村上と対戦。
■1996年10月18日 エクストリーム・ファイティング
 ヘビー級ワンマッチ=5分3R
 ○村上一成(1R4分31秒 パウンド→TKO)●バート・ベイル
 ちょっと名前は違いますが、現BML社長・村上和成が対戦相手。当時はほとんど無名に近かった村上、おそらくはベイルの噛ませ犬として呼ばれたのではないかと思うが・・・4分で村上が完勝。
 フロントチョークで一瞬のチャンスもつかみかけるが・・・最後はボコボコ。
 観客の落胆ぶりは凄まじかったらしい・・・。
 当時の格闘技通信は「いかにベイルが総合格闘技のベ-スを知らないか」ということを4ページに渡って詳しく解説。

 この4年後、ダン・スバーンとも対戦している。
■2000年3月25日 CFA1
 ○ダン・スバーン(2R0分34秒 TKO)●バート・ベイル
  Fight Finder によれば、いわゆるMMAはこの3試合のみ。
 結局、いいところなく消えてしまった。
 一発目のヘンゾが優勝した大会で、もしベイルが活躍していれば・・・MMAの歴史は変わっていたかもしれない。まぁ、実力がないんじゃどうにもならんが。年齢的にも遅かった。

 また、96年にはK-1参戦、GPに出場して1回戦(開幕戦)でアンディ・フグと対戦、KO負け。98年には角田信朗と対戦、1RKO負け。

 UWF時代は地元でサブミッション・レスリングの道場を持っていたらしく(現在もあるかは不明)、UFCで活躍するディン・トーマスや、PRIDE武士道・パンクラスに参戦経験のあるポール・ロドリゲスが、ベイルの道場でサブミッションを学んでいた時期があるそうです。
(参考: くまページBlog : 4/2 PRIDE武士道其の拾。韓国選手とATTのいぶし銀出場。


 今のMMA大ブームをどんな感じで見てるのかは聞いてみたい。もちろん、UWFの話も。
 藤原組長が話し相手では、U時代の話が中心となりそうかな。 

 で、当日のバトラーツのカードはこちら。
7/21(土) バトラーツ/埼玉・桂スタジオ

 [1]矢野啓太(バトラーツ)vs臼田勝美(BML)

 [2]植松寿絵(フリー)vsカルロス天野(OZアカデミー)

 [3]吉川祐太(バトラーツ)vs佐々木恭介(フリー)

★特別トークショー:藤原喜明&バードべイル

 [4=セ]澤宗紀(バトラーツ) vs フジタJrハヤト(みちのくプロレス)

 [5=メ]石川雄規(バトラーツ)&アレクサンダー大塚(フリー)vs村上和成(BML)&原学(BML)
 村上選手も出場。
 試合前ですが、ベイルさんとの再会にも期待したいところ。


※7月8日に一部追記。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「U-STYLE・UWF」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: U-STYLE・UWF  2007-07-08
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
前田日明 、結婚!
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。

BLOGで突然の告白

 えええ~。

RINGS.CO.JP ≫ 御無沙汰でした。

 一部引用。
2月は、何かと忙しくて更新が出来ませんでした。
実は去年結婚しまして、先月は新婚旅行で京都、伊勢に行き、伊勢神宮では結婚の報告と5月に生まれてくる子供の為の安産を祈りました。
相手はフリーカメラマンをやっている方です。彼女とはかれこれ15年来の友人でしたが、縁あって夫婦となる事が出来ました。
まさか、47歳で妻子持ちになるとは!人生とはわからないもんです。
 ・・・何かのネタではないですよね? 4月1日でもないし・・・。
 結婚は昨年いつ頃の話なんでしょう?

 と、とにかくおめでとうございます! お子さんも合わせて二重のハッピー。

 こんなにサラッと発表しちゃっていいのカ? なんか、まだ信じられん…。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「U-STYLE・UWF」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: U-STYLE・UWF  2007-03-02
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 2 | トラックバック
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 || Next»
コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
  • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
  • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
  • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
  • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
  • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
  • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
  • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
  • あらやどん…目の具合の方はいかがですか?新ブロ...
  • ツカタ…「MVP」藤本つかさ 「最優秀試合」杉...
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY