プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
最近20件の記事
PR

<注意>当ブログからamazonページに飛んだ先のURLを他サイト・掲示板などに貼る(転載する)のは止めてください。




 ■コチラもどうぞ…

プロレス・格闘技DVD&グッズ

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



ブラックアイ2/Twitter
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»
ディック東郷、ボリビアで引退~世界一周プロレスの旅、約13ヶ月で完走
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ディック東郷、日本の裏側であるボリビアの地でついに引退。
 2011年6月の国内引退試合後、プロレスをしながら世界を巡る旅に出発。
 その場で初めて見るレスラーが相手であっても、その“腕”でしっかり闘い抜き最高の試合を見せる。
 訪れた国は19カ国。約13ヶ月で完走。



最後は笑顔で

 2012年9月9日(現地時間)、ボリビア・ARENA COLICEO DE VILLA VICTORIAでディック東郷引退試合が行われました。
 日本からヤス・ウラノ、佐々木大輔、アントーニオ本多がボリビア入り。そのほか、旅で出会った弟子達もかけつける。
 日本から観戦に来たファンも。地球の裏側、30時間以上かかる。
▼ディック東郷引退試合 8人タッグイリミネーション(?)
 ○ボリビア軍(4-3)●ディック東郷、ヤス・ウラノ、佐々木大輔、アントーニオ本多
 試合の様子は現地で観戦された方の貴重なレポートから

ゴードン・シャムウェイZ (Ochmonek3)さん
 東郷さんの引退試合は日本vsボリビア4-4の試合で、フォールを取られたものが負け抜け、最後の一人が勝ち残った方が勝利チームとなる形式でした。最後は一人だけ残った東郷さんが同じく一人残りのボリビア人レスラーにフォールを取られ負けました
 Ochmonek3 2012/09/10 11:13:46

 何度もセントーンを繰り出しましたが、相手に避けられたり、ヒットしてもフォールを返されたりとなかなか相手を沈めることができません。出し惜しみなく技を繰り出しても、これからボリビアのプロレスを担っていくであろう選手には勝てませんでした。一つ一つの技から東郷さんのメッセージを感じました
 Ochmonek3 2012/09/10 11:17:28

 試合後、ボリビアの観客から日本語で「ありがとう!ディック東郷!」と声がかけられました。そして引退セレモニーにはお客さんが皆リングへ殺到します。つい最近は観客0人で試合が中止になったこともあります。だけど最後の最後にあんなに素晴らしい雰囲気の会場で終われたのは幸せだったと思います
 Ochmonek3 2012/09/10 11:21:49

 何と言うか、本当に大団円すぎて、未だにアレは夢だったのではないかと思う自分がいます。言葉も文化も違う地球の裏側で一人の日本人レスラーの引退を現地の人みんなが祝福する瞬間に立ち会うことってやっぱり上手く言葉で表現できないので今までのツイートはノーコメントで! 
 Ochmonek3 2012/09/10 11:28:50

 ディック東郷、最後は敗戦。
 勝利したボリビア選手は、これを糧にしてボリビアのプロレスを盛り上げてくれるはず。
 試合後にはセレモニーも行われている。東郷さん、最後は笑顔でした。

終わりました! [ Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』 ]
 無事、引退試合が終わりました。
 今回の引退興行は、多くの人達のコラソン(心)です!
 ボリビア(LLA)からアハイユ、アルコン・ドラド(長老)、ゲレーロ・アヤ、スパイ、ハグアル、バルバ・ネグラ、コンデ、マティマティコ。
 チリ(MAX LUCHA LIBRE)からワンチューロ、アグレソール。
 ペルー(LWA)からアポカリシス。
 メキシコからウルティモ・チンゴン。
 日本からウラノ、アントン、佐々木。
 日本からボリビアまで応援に来て下さったファンの方。
 日本から応援して下さったファンの方。
 そして、会場に来てくれた地元ボリビアのファン。
 そして、色々とサポートしてくれたうちの嫁。
 みんなに感謝します。
 最後、ボリビアで良かったと心から思います。
 本当にありがとうございました。

 以下、引退興行についてのツイートまとめがあります。
 画像も多くupされているので、ぜひ確認してください。
2012.9.9開催、ディック東郷引退興行に向けて - Togetter
2012.9.9ディック東郷引退試合~DESPEDIDA DE DICK TOGO LA LEYENDA - Togetter
 画像からも素晴らしい大会であったことが伝わります。

19カ国

 旅を簡単に振り返る。
 2011年8月に日本を出発しオーストラリアに向かった。
ディック東郷、ワールドツアーへ旅立つ!~「笑点」で円楽師匠がエール | ブラックアイ2
 訪れた国を並べる。

 オーストラリア
 イギリス
 フィンランド
 ドイツ
 オランダ
 ベルギー
 フランス
 スペイン
 イタリア
 スイス
 ヴァチカン市国
 アメリカ
 グァテマラ
 メキシコ
 ペルー
 エクアドル
 チリ
 アルゼンチン
 ボリビア

 ヴァチカン市国など試合を行っていない国もあります。
 フランスやベルギーなど、あまりプロレスが行われていない国でも闘った。
 デーブ・フィンレーとの一騎打ちも実現、アメリカでは遠征中だったDDT勢とも闘う。
 各国でセミナーを行っていたことも大きい。しばらくすると、「東郷に教わった」という選手が日本にやってくることもありそう。
 まさにプロレス伝道師。

 もう一度、ゆっくりブログを読み返したい気分。
Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』

 ディック東郷の試合はもう見られない。それは本当に残念。
 過去に例のない世界一周引退ロードはディック東郷の輝かしい実績と共に語り継がれていくに違いありません。

 ボリビアにはゴングがないため(ルチャではゴングを使わずホイッスルで合図する)、10カウントゴングは行われなかった。日本でセレモニーだけでもできれば。
 今のところ、引退後についてのプラン、帰国の日時については語られていません。
 まずはボリビアに行かれた選手・ファンと共に、無事に帰国することを祈っています。
 お疲れ様でした。

追記(9.16)

 引退試合当日の様子を綴るブログが更新されました。
ワールドツアー第39戦(完)|Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「DDT」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: DDT  2012-09-11
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
飯伏幸太「MAXまでやったと思います」、2013年両国初日は異業種コラボ~8.18 DDT・日本武道館大会まとめ
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 遅くなりましたがDDTにとって初の日本武道館大会、そのまとめです。

DDT

5年後の東京ドーム進出を宣言

武道館ピーターパン~DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP~ [ DDTプロレスリング公式サイト ]
飯伏がオメガとの37分死闘を制し王座防衛、初武道館は超満員 5年後の東京ドーム進出を宣言 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]
DDTの15年の歴史は240分に収まらず、5年後は東京ドーム進出へ!飯伏はケニーとの文字通り"死闘"を制す! [ バトル・ニュース ]
8.18 DDT・日本武道館大会、速報まとめ~飯伏幸太vsケニー・オメガ | ブラックアイ2

【8・18リポート①】武道館でマッスルは無理だった!? [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【8・18リポート②】藤原がヨシヒコと異次元対決 [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【8・18リポート③】竹下がジェネリコ相手に武道館デビュー [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【8・18リポート④】DDT20周年興行は本気の東京ドーム [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 【8・18リポート⑤】 ディーノ、透明電流爆破マッチで敗れる [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【8・18リポート⑥】メインは死闘。来年は両国2DAYS [ DDTプロレスリング公式サイト ]
■8.18 DDT / 東京・日本武道館(1万124人・超満員)

▼ダークマッチ マッスル提供試合
 ○マッスル坂井、福田洋、ペドロ高石、酒井一圭HG、藤岡典一、ミスターマジック、諸橋晴也(11分7秒 バーティクト→片)田村和宏、竹田誠志、柴田正人、翔太、那須晃太郎、●趙雲"骨"子龍

マッスル坂井:試合後コメント「ありがとうございました。もう引退してるのに……。高木三四郎が、DDTが武道館をやるということで、何か一緒にできないかと言ってくれて。辞めてるんですけど、自分にできることだったら、僕は何でもやりたいと思いまして。諦めなければ夢は叶うとか言われるけど、諦めても夢は叶うんだなと。DDTは夢を叶えてくれるところだって、改めて思いました」

詳細→【8・18リポート①】武道館でマッスルは無理だった!? [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第1試合 ガントレットタッグマッチ
<参加チーム(入場順)>
1.石井慧介&入江茂弘 2.木高イサミ&妻木洋夫 3.聖闘士凛音&ポイズンJULIE澤田、4.佐藤光留&中澤マイケル 5.高尾蒼馬&坂口征夫

 石井、○入江(6分4秒 自分が垂直落下式バックフリップ→片)木高、●妻木
 ○石井、入江(2分30秒 ニールキック→片)凛音、●PJS
 ○佐藤、マイケル(4分15秒 アンクルホールド)●石井、入江
 ○高尾、坂口(9分1秒 ダイビング・ギロチンドロップ→片)佐藤、●マイケル

※高尾、坂口組の勝利

・坂口征夫:試合後コメント「坂口「この間の後楽園でやられた借りを返すことができました。これでアイツらを忘れて新しい闘いにいけます。(光留に劣勢だったようだが?)打撃は佐藤が嫌がってタックルに逃げたような気がしないでもないです。組み技では僕はストライカーで、あの人はグラップラーなんで、その違いだと思います。まあグーで殴らせたら一発でダウンさせる自信はあります。なんとも思ってないです。これからも一試合一試合を頑張っていきたいです。(桜庭が新日本のリングに上がったが?)いいんじゃないですか。あんまり興味ないです。自分のこと、DDTのことで精一杯です。(武道館の印象は?)気持ちいいですね。スーパーアリーナでもやらせてもらいましたけど、プロレスファン、DDTファンが温かいんで」
・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート②】藤原がヨシヒコと異次元対決 [ DDTプロレスリング公式サイト ]

▼第2試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権ロイヤルランブル
<入場順>
1.DJニラ 1.柿本大地 3.松永智充 4.ばってん多摩川 5.紫雷美央 6.福田洋 7.大鷲透
8.NOZOMI 9.ゴージャス松野 10.彰人 11.愛川ゆず季 12.藤原喜明 13.E.YOSHIHIKO
 ○藤原(19分22秒 ワキ固め)●E.YOSHIHIKO
 ※藤原が第961代王者に

・藤原喜明:試合後コメント「(愛川との対戦を振り返って)いい張り手だった。脳卒中かなんか起こしそうだった(笑)。人形とやったのは初めてで、まさか人形が出てくるとは思わなかった。使ったこともないし(笑)。ほんと困っちゃいました。(王座戴冠となったが?)ベルト以上に金一封がうれしくて、中を開けたら『ペンキ一年分』って。そんな使うもんじゃないから。日本酒とかだったら助かるんだけど。チャンピオンってことはリターンマッチとかあるの?(いつでも挑戦を受けなければならない)え!? 売ることはできないの? あんまり大したことないベルトなんじゃないの(笑)。でもベルトなんでうれしいです
・大鷲透:試合後コメント「何ヶ月ぶりだっけ、DDTに出るの。なんとかアイアンマンマッチがグダグダになるのだけは阻止しようと思ってたんだけど、最後の最後にテロリストがすごいことになってしまいまして、私の力量ではどうにもすることができませんでした。日本武道館大会ということで、DDTに長ことにお世話になっているのもあって、今日はとにかく恩返しをしたいという気持ちで出たんですが、DDTのバラエティーマッチ、恐るべし。私、卒業いたします。後継者はたくさん育ってきているようですし、金輪際、バラエティーマッチには出ません
・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート②】藤原がヨシヒコと異次元対決 [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第3試合 竹下幸之介デビュー戦
 ○ジェネリコ(10分36秒 Brainbustaaaaahhhhh!!!!! →体)●竹下


・竹下:試合後コメント「(デビュー戦を振り返って)まずプロレスラーになれたことが。入場した時に実感できて、もう一つはジェネリコ選手が相手ということで、チョップで心が折れそうになったんですけど、絶対に諦めないという気持ちで向かっていきました。(イメージ通りにできた?)ほかの選手がやっていない技をやろうと思ってたんですけど、なかなか思い通りにいきませんでした。でも場外への攻撃とかミサイルキックとかは高さもあったし、やりたいことはできました。武道館という場所よりジェネリコ選手が相手ということにプレッシャーを感じていました。リングに上がってお客さんから歓声をもらってそこで鳥肌が立ちました。やっとスタートに立てたというのが大きいです。自分はまだ10代で、今のうちにいろんな経験をさせてもらいたい。大阪在住なんで、他団体さんが大阪でやるときには何でもいいんで呼んでもらって、たくさん経験を積みたいです。そして世界で闘えるプロレスラーになりたいです。(目標の選手は?)今日負けているジェネリコ選手に勝つことが最初の目標です。(今後は学業との両立?)後楽園とかもなるべく出させてもらえればと思います。陸上では全国大会で3位になったのが一番の成績ですけど、残りの高校生活で全国大会で1位になりたいです」

・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート③】竹下がジェネリコ相手に武道館デビュー [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第4試合 サッカーマッチ5vs5
 マサ高梨、佐々木大輔、星誕期、遠藤哲哉、藤本つかさ(2-2)ヤス・ウラノ、アントーニオ本多、火野裕士、タノムサク鳥羽、世IV虎
▼PK戦
 ○高梨組(2-0)●ウラノ組


・藤本つかさ:試合後コメント「ずっと私はフットサルとプロレスの架け橋になりたいと思っていて、この武道館という大きな舞台で実現できたことがうれしいです。ただPKで外してしまったことは、あとで先生に怒られてしまうと思います」
・高橋先生:コメント「(藤本は)普段の練習から下手なんでね(笑)。(プロレスは)普段から好きで会場にも行ったりします。(プロレス漫画を描く予定は?)プロレスの場合は筋肉を描くのが大変そうだなって(笑)」

・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート③】竹下がジェネリコ相手に武道館デビュー [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第5試合 KO-Dタッグ選手権
 藤波辰爾、○MIKAMI(9分4秒 ウ゛ォルカニックボム→片)KUDO、●大石真翔

 ※挑戦者・藤波&MIKAMIが王座奪取、第45代王者に

・藤波辰爾:試合後コメント「長いことやってるとね、いろんなこともあるなと。今回はMIKAMI君の呼びかけで、最初は選手権があるなんて全く予期してなかった。自分の場合はもうベルトからは縁遠いというか、リングに上がれるだけでよかった。MIKAMI君の自分に対する想いから始まったわけですけど、こっちの方が緊張しますよ」
藤波「MIKAMI君の指示もあったし、脚立からのニードロップなんて初めてやったよ。高かったね。お客さんの歓声を聞いたら、これがすべてでしょうね。(久々の武道館だが?)NOAHで三沢君とタッグでやった以来かな? この歓声は独特だね。よく入ったもんだね。獲ったってことは次もやらなきゃいけないんじゃないの? ベルトは11年ぶりなんだ。どこの団体でもベルトっていうのはなかなか巻けるものじゃないし、それでどうやって価値を高めていけるかということですね」

・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート④】DDT20周年興行は本気の東京ドーム [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第6試合 スペシャルシングルマッチ ハンディキャップウェポンランブル
 ○鈴木みのる(17分33秒 ゴッチ式パイルドライバー→体)●高木三四郎

・投入されたアイテム→<1>メカマミー3点セット、<2>分身の術(新高木三四郎)、<3>お色気(愛川ゆず季)、<4>マッスル、<5>藤原喜明
・試合後、高木三四郎は引退表明→10カウントゴング中に「ウソじゃー」。
高木三四郎は5年後のDDT20周年記念大会を東京ドームで開催すると宣言。そこで鈴木みのると再戦を約束。

・高木三四郎:試合後コメント「(手書きで書かれた『選手コメントスペース』を指差し)これを見てくれ。これがメジャーとインディーの違いだ。ちゃんとしたのなんかないんだよ。でもな、俺たちは旗揚げした時から心のおもむくまま動いてるんだ。なぜだかわかるか?
 俺たちは一回の失敗も許されない。1回失敗したらお客さんを逃しちゃうからだよ。だから俺たちは200人のお客さんからここまでこれた。どうすれば盛り上がるんだろうか、どうすればできるんだろうかと思ってやってきた。
 他の団体は悔しくないのか? 今年、武道館でやるプロレス団体はDDTだけなんだぞ! 俺たちはまだまだ諦めないぞ。5年後の東京ドーム、本当にやってやる! 末端から浮上してきた団体だ。今まで10年、20年とやってきた団体、悔しくないのか!? そして俺たちのあとを走ってる団体、お前たちもだ。見たらわかるだろ。日本武道館にこれだけお客さんを集めてる、どこにそんな団体があるんだ!
 正直、ここにくるまでに毎日吐くほどキツかったよ。これだけ入ったから、退屈して寝てるか? そんな人は一人もいないだろう。これがDDTなんだよ。15年間とにかくキツかった。これからもキツいと思う。でも俺たちは頭を使っていく。金がないから、頭を使うしかない。俺たちはもっともっと仕掛けて、もっともっとおもしろくしてやる。5年後の東京ドームはホラなんかじゃない! もっとプロレス界、やろうよ! みんなでがんばろうよ。鈴木みのる選手は本当に強かった。まったく歯が立たなかった。でも俺は本気で5年後、勝ちを狙いにいくよ。もっともっと大人げなくやるからな

・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート④】DDT20周年興行は本気の東京ドーム [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第7試合 スペシャルハードコアタッグマッチ
 真壁刀義、○HARASHIMA(14分36秒 スワンダイブ式蒼魔刀→体)●石川修司、伊東竜二


・真壁刀義&HARASHIMA:試合後コメント
 真壁「あのデクノボー、石川やるな、あいつな、十分だよ。あと、スペシャリスト、伊東? 言うことねえな! いいんじゃねえの、デスマッチはデスマッチのスペシャリストが揃って」
 HARASHIMA「先輩、ありがごとうございました!」
  真壁「何コノヤロー! 今、俺のコメント中だ、邪魔すんな!(笑)。昔からこいつそうなんだよ、まあ、HARASHIMA、まあこんなもんだな」
(略)
 真壁「(ゆずポンが通りかかって)ゆずポン? ゆずポン? おめえの話はどうだっていいんだよ! ゆずポンのほうが気になんだよ。ただよ、確かに新日本プロレスの中では俺が一番こういうハードコアは成績を残しているよ。ただよ、ここの団体の奴ら、周りがスペシャリストだろ? キャリアなんか関係ねえんだよ。だから、正直言うと、ここまで俺の名前がプロレスの世界で広まっていて、ここで負けることは許されないなって思ったよ。だからこそ、HARASHIMAをタッグパートナーを選んだというのが正直なところあんだよ。だからこそ、負けられんねえからこそ、こいつを選んで、こいつに託したっていうのはあるよな。ここの付き合いがなげえからよ。おまえとは違うんだよ。わかったか?」
──プロレスの夢が先輩後輩のタッグチームとして実現しましたね。
真壁「その通りだよ。だってよ、こいつと俺、学生プロレス出身だぜ? 俺がこの世界に入った時はご法度だよ。タブーだよ。いつかこいつら見返してやろう、こいつら食ってやろうって、それが今現実になったろう? 元学生プロレスラー二人がこんなに武道館を震わせてんだぜ、チ○コギンギンでよ。今のいらない?
HARASHIMA「先輩!(笑)」
真壁「俺はいつもシモネタ止められてるから。だから、今日は学生プロレスの先輩後輩というのもあるし、このプロレスのプロの世界に入って、こいつがどの程度の臭い飯食ってきたか? そしてこの俺も食ってきた。その雑草の奴らがよ、この武道館いっぱいの客を興奮させるか? それがプロだよ。あとはHARASHIMAに聞いてくれ。HARASHIMA、センキュー! 男は流血が似合ってたら大したもんだよ」

 新日本プロレス公式サイトのレポート↓
真壁刀義、“後輩”HARASHIMAと合体してDDT武道館に見参! ハードコア戦で石川&伊東に激勝!! [ 新日本プロレスリング ]
 学生プロレス時代の話も書かれてます。
・試合詳細・各選手コメント→ 【8・18リポート⑤】 ディーノ、透明電流爆破マッチで敗れる [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第8試合=セミ 透明電流爆破デスマッチ
 ○透明人間(16分16秒 爆破→片)●男色ディーノ


・試合後、透明人間マイク「(高木三四郎の声)DDTの旗揚げから15年いろいろあったよ。でもそんなこと、これから始まる歴史に比べたらどうってことない、今からメインでDDTの未来を見せてやる! 心の準備はいいか!? メインの曲をかけろ、ミュージックスタート!」
・男色ディーノ:試合後コメント「まだ私は終わってないんだなというのがわかったわ。今日、透明人間に勝てなかったことが、私の伸びしろなんだと思う。勝てない、でも先がある。これがプロレスだったかなんて、私にはどうでもよくて、私がたどり着いたところはプロレスってすげえなって。私を受け入れてくれる。プロレスじゃないものも、プロレスは受け入れてくれる。それが今日、見えた。透明人間と闘って何も見えないかと思ったら、それが見えた。それだけで私はまだ前に進める。
・ディーノ「(試合後に透明人間とどういう会話をした?)あんたには今の私じゃ勝てないって。プロレスのルールでは勝つことができるかもしれない。でも根本的には勝つことができない。そう言ったの。透明人間の原動力、大人げなさが何からくるのかはわからない。でも今の私じゃ勝てない。そう思ったわ。悔しいけど、強い。よっぽどのことじゃないと勝てない……。」
・ディーノ「DDTの男色ディーノはこんなもんじゃないです。でも今の時点の私の力は全部出しました。これからを楽しみにしてください、もっとおもしろくします」。

・試合詳細・各選手コメント→ 【8・18リポート⑤】 ディーノ、透明電流爆破マッチで敗れる [ DDTプロレスリング公式サイト ]


▼第9試合=メイン KO-D無差別級選手権
 ○飯伏幸太(37分26秒 フェニックス・スプラッシュ→片)●ケニー・オメガ

※王者・飯伏が2度目の防衛

・飯伏幸太:試合後コメント「ケニーは大丈夫ですか? ケニーが心配です。でも、こういう激しい試合はいいかなって。エスカレートしていくだけだし、違った形のすごい試合を次からします。僕? 大丈夫じゃないです(苦笑)。 限界です。気持ちよかったですけど。ただこの形はMAXまでやったと思います。次は死にますよ、本当に(苦笑)。武道館でやれて僕は満足です。
 おもしろかったですか? (観客からの声援は?)みんなやめろって言ってたけど、やめないです。(ケニーとこういった試合は最初で最後にする?)勝って逃げるのは嫌ですけど、正直、自分が限界ですね。もし挑まれたら、負けるのも嫌ですけど、降参すると思います。
 (場外ムーンサルト・アタックは?)あれは……死ぬつもりでやりました。(場外への雪崩式フランケンは?)あれは、ケニーごめんなさい。でもやるしかなかったです。(5年後の東京ドームについては?)また僕がメインでしょう。5年後も勝ち取ります」
・両者とも病院に直行するようなケガはしていない。

・試合詳細・各選手コメント→【8・18リポート⑥】メインは死闘。来年は両国2DAYS [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 試合については以上です。
 こちらは高木三四郎総括、来年のビッグマッチについて。
【8・18リポート⑥】メインは死闘。来年は両国2DAYS [ DDTプロレスリング公式サイト ]
・2013年8月17日、8月18日の両国国技館連戦開催を発表。
 「今度DDTは2013年に両国を2日間やります。僕の案ではまったく同じ興行をやるつもりはありません。日曜日はDDTオリジナルの興行になると思いますけど、土曜日はいろんな業種とコラボしたいです。なんでそうなるかというと、もっともっとプロレスを見てもらいたいから。1万人のお客さんしか見れなかったのは惜しいですよ。もっともっと見てもらいたい。プロレス以外のファンを動員したいです。アイドルでもいいし、ロック歌手でもいいし、なんでもいいと思う。DDTでしかできないコラボした興行をしたいです。モチーフにあるのは『戦国武将祭り』ですね。GACKTが歌った時、みんながギャーと騒いで、そういう人たちがプロレスの魅力を知るみたいな。プロレスを知らない人たちにもっともっとプロレスを見てもらう。そういうための2DAYSです」。
 東京ドーム前に両国連戦。初日は異業種とのコラボ興行。本日の東スポでは「AKBとコラボ」なる記事も出てました。AKBでなくても、やはり今ならアイドル系か。
 普通に連戦しないところはさすが。

こぼれ話&コラムほかいろいろ

 以下、Twitterを中心に拾った話いろいろ。
Twitter / YasuUrano: 武道館大会当日のこと。試合も後半に差し掛かり、当日 ...
 武道館大会当日のこと。試合も後半に差し掛かり、当日受付のスタッフも精算作業に入っていた。そんななか、ふと現れた女性はこう訪ねた。「北斗さんはもう出発したんですか?」 …あのデザインの功罪。

Twitter / kisotaro: 武道館までは相当死ねるスケジュールで当日も朝からバタ ...
 武道館までは相当死ねるスケジュールで当日も朝からバタバタ。その上アイアンマンで松野さんにトドメを刺されHPは0に。ハードコアのレフェリーなんか無理だと思ってたけど、花道前で『おいレフェリー!休憩明けまであと何分だ?』「あ、あと5分です」『おう、サンキューな』→HP全回復!

Twitter / wakizawa: 弁当食って、モリモリモリモリ♪明日、頑張るぞ~! 木 ... …スターダム・脇澤美穂さん
 弁当食って、モリモリモリモリ♪明日、頑張るぞ~! 木村響子をベノムアームで握りつぶす!!
Twitter / t346fire: そういや昨日、観戦に来てた脇澤さんがケータリングルー ...
 そういや昨日、観戦に来てた脇澤さんがケータリングルームにあった弁当を山積みして持って帰る現場を目撃してしまった…
Twitter / Ho_sakoKaori: @t346fire 証拠写真、あります! http ... ←証拠画像
Twitter / PrinceMasa019: 今日の1枚。飯伏と世Ⅳ虎。 #ddtpro http ...
 ↑大会エンディング、こんな場面もあった。
Twitter / yaroutxt: 本日の透明人間選手の控室。藤波さんの試合前インタビュ ...
 透明人間の控え室、凄いメンバー。
Twitter / MIKAMI__: ずっと藤波さんの控え室に居たんだけど、二人とも妙に落 ...
 ずっと藤波さんの控え室に居たんだけど、二人とも妙に落ち着かずソワソワ部屋を出たり入ったり。藤波さんほどの人でもさすがに今日ばかりは落ち着かないんだなぁって思ってた。試合後に気付いたんだよ。控え室入口【藤波辰爾様】の上に小さく透明人間様って書いてある事に…。

Twitter / MichaelNakazawa: ケニーは試合前「お願いがある。オレが苦しそうに見える ...
 ケニーは試合前「お願いがある。オレが苦しそうに見えるとき声をかけて思い出させて欲しい。『お前のカラダはまだ動ける、お前を止めようとしてるのはただの脳みそだ』」と。そして「きっちりとした決着がつくまでは何があっても試合をレフリーに止めさせないでくれ」とも。

第206回 ドラマチックでドリームなチーム [ 三田佐代子の猫耳アワー ]
ー5年後に東京ドームに進出すると高木社長が宣言しましたが。
飯伏:ほんとですか?じゃあ5年後も僕がメインですね(ニッコリ)。5年後も勝ち取ります。

 飯伏幸太を見る喜びは、いつも不安と隣り合わせです。もしかしたら急にこの人はプロレスを辞めてしまうかもしれない。何の予告もなく、私たちの前から消えてしまうかもしれない。そんな一抹の不安を抱えながら、いつも私たちはこの繊細で壊れやすい天才を見つめ続けています。そもそもこんな身を削るような試合を続けていたら、プロレス人生そんなに長くはないだろうということは誰にでもわかる。
 そんな飯伏選手が、5年先の約束をしてくれた。何の躊躇もなく、それを即答してくれたことが嬉しかった。もちろんこの5年の間に何があるかわからない。そんなのなんの確約でもないけれど、少なくとも今の段階で、5年先までこの人はプロレスを、しかも最前線でやり続ける気持ちがあるんだなってわかったことが嬉しかったのです。
 5年後の2017年には、飯伏幸太35歳。唯一決まっている高木三四郎vs鈴木みのるの一戦は、47歳vs49歳の大ベテラン同士の対決になります。そして今日デビューしたばかりの竹下幸之介選手は、22歳。どんな選手になっているだろう? 「5年後もメイン」宣言をした飯伏幸太を、脅かすほどの存在になっているだろうか?

鈴木健.txt(@yaroutxt)/2012年08月19日 - Twilog
危険度の高い技を出す時ほどスイッチが入って我を失うことなどなく飯伏選手は冷静でした。だからギリギリのところで惨事にはならなかったのだと思います。させないのです、プロとして。それは試合後話をして感じました #ddtpro #prowrestling
posted at 01:54:03

そしてどんなに危険な試合になったとしても冷静さを失わず戦況を見極めるその姿勢こそがケニーに対する友情でした。飯伏選手はケニーとやったらこういう試合になるのがわかった上で対処してました。パンフのインタビューの行間にその思いがにじみ出てるはずです #ddtpro #samuraiTV
posted at 01:56:26

そんな飯伏選手の内面が取材で伝わったから私も覚悟をしてました。本当に今回限りの試合。二度はないです。次がないからこそ「無事でよかった」の言葉には額面通りの意味以外の思いも含まれてました。それを別の言い回しで表せなかったためこの言葉になりました #ddtpro #samuraiTV
posted at 02:04:09

危険度を高める、難易度の高い技を出す、選手寿命を縮める試合をする…いずれも飯伏が求めるものではありません。だが思い入れ深きゆえにそんな飯伏を超えたいと思うケニーがいる。傷つけ合いたくない者同士が闘いなぜああなったか…そこに友情があったからです #ddtpro #samuraiTV
posted at 02:14:31

澤田さんの涙は10年前にDDT提供試合として新日の武道館に出場して以来、この会場で自分の団体でできたことに対しての「感無量」でした。あの時は練習生時代の古巣に戻り今度は今の居場所として自分の一生に2度も武道館に上がれたことでこみあげてきたと #ddtpro #samuraiTV

極限の闘いの先に… [ maikai ] …小佐野記者ブログ
 そしてメインの飯伏幸太vsケニー・オメガだ。この試合は賛否両論が出ているようだが、それはそれだけ凄い試合だったことの裏返しである。私は昨日の『速報!バトル☆メン』で「昔の四天王の試合を思い出した」とコメントしたが、それはもちろん、いい意味である。飯伏とケニーには試合前から「本気でぶつかり合ったら、行きつくところまで行ってしまう」という共通認識があったと思う。飯伏の1階からアリーナへのムーンサルトはあったものの、20分過ぎあたりまではお互いに制御している部分があるように感じた。だが、最後、彼らは真っ白になって闘った。それはプロレスラーとしての心意気と覚悟であり、DDT15周年の日本武道館初進出のトリを飾るという責任感であったと思う。ケニーはマイケルに「何があっても途中で試合を止めないでくれ」と言っていたという。

 その2人を誰が責めることができるのか? 安全なプロレスをやっていると「仕事しろ!」「体を張れ!」と言われ、とことんやると「危険過ぎる!」「あれはプロレスじゃない!」と言われる。これではレスラーは救われない。もちろん、彼らにストップをかけることは必要だが、それは否定という方法ではないはずなのだ。試合後に飯伏は「ケニーが心配です。こういう激しい試合はもういいかな。違った形でもっと凄い試合をやります」「大丈夫じゃないです。限界ですね。この形はMAXまできた。勝って逃げるのは嫌ですけど、自分が限界ですね」と語っていた。飯伏自身、決してこの試合が理想形だとは思っていないし、これからは違った形で凄さを表現していくことを語っていたので安心した。この極限の試合を経て、飯伏がどんなスタイルを確立していくか楽しみだ。


早くも1週間後に後楽園大会

 8月26日、早くも後楽園ホール大会。DDT48総選挙が始まる。
 8月26日DDT後楽園ホール大会全カード [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【大会名】DDT48総選挙2012 ~最初のお願いスペシャル~
【日時】8月26日(日) 11:00開場12:00開始
【会場】後楽園ホール

▼メインイベント DDTEXTREME選手権試合 時間無制限1本勝負
 <王者>石川修司 vs 入江茂弘<挑戦者>
▼セミファイナル スペシャルタッグマッチ 30分1本勝負
 飯伏幸太&佐々木大輔 vs HARASHIMA&佐藤光留
▼10分1本勝負
 男色ディーノ vs DJニラ
▼10分1本勝負
 MIKAMI vs ヨシヒコ
▼10分1本勝負
 高木三四郎 vs 火野裕士
▼10分1本勝負
 石井慧介 vs 高尾蒼馬
▼10分1本勝負 KO-Dタッグ次期挑戦者決定3WAYタッグ
 ヤス・ウラノ&アントーニオ本多 vs 星誕期&マサ高梨 vs 諸橋晴也&大家健
 ※この試合の勝者が9月16日大阪大会でMIKAMI&藤波組に挑戦できる
▼10分1本勝負
 KUDO&彰人 vs 坂口征夫&木高イサミ
▼大家拳號試練のハンディキャップ 10分1本勝負
 大家拳號&紫雷美央 vs ゴージャス松野&塩田英樹&中澤マイケル&ばってん多摩川
▼10分1本勝負
 遠藤哲哉&竹下幸之助 vs 福田洋&風戸大智
▼ダークマッチ 激烈バトルロイヤル
<参加予定選手>大石真翔 松永智充 聖闘士凛音 趙雲子龍  内田祥一 キアイリュウケンエッちゃん ゴローズ 
<他参戦選手>
NOZOMI
※当初組まれていたチェリーvsNOZOMIは、風疹で欠場中のチェリーの病状回復具合を見ての判断とさせていただきます。
 興味深いカード並ぶ。DDT48総選挙へのアピールを兼ねた大会でもある。

飯伏が満足してくれてホッとした

 以下は自分の感想。
 振り幅広いDDTらしい興行でした。
 やはりメインのインパクトが凄まじい…。この試合だけ切り取ってしまえば「やり過ぎ」という言葉が先に来る。
 しかし、この試合は親友同士の対戦、お互いを一番よく知っている者だからこそ、限界に挑戦できたということになる。4年ぶりの対戦で、今後も当分は実現しないだろう一騎打ち。前哨戦ナシの意味がよーく分かりました。
 コメント読むと、飯伏も満足できたようで、これからは別の形のイイ試合を目指してくれるという。心底ホッとした。
 飯伏幸太という怪物がMAXのパワーを出すとこうなるわけですか…。
 年間ベウトバウトとする方も多いと思いますが、ちょっと自分の場合は「別格」としてしまうかも。“2度とない試合だからこそベストバウととして残しておきたい”という意見もありそうだが。
 とかなんとか言いながら、飯伏が新日本プロレス参戦時、この試合のダイジェストを煽りで流してもらい、新日本ファンが唖然とする様子は見てみたい。私もだいぶ狂ってる。
 序盤のケニーの肩攻めは見事。多彩なだけでなく観客に痛さが伝わる技がほとんどでした。それに対抗し飯伏は破天荒な動きで強引にペースを握りに行く。プロレスの枠を超えた展開というわけではなかった。ただ終盤は凄まじかった。

 そのほか、思いついたことを。
・セミとメインを繋げた形は賛否あるだろうけど、「DDTは“お笑い”だけでも“飯伏”だけでもない」という意味に捕らえ納得しています。自分もDDTにはそういうイメージ。ただ今回は飯伏vsケニーが凄すぎて…(笑)。
・ディーノvs透明人間、DDT15周年へのメッセージも込めた内容。見た人によって受け取り方はいろいろあるのでしょう。ただ、もう少し長い時間、オーソドックスな「vs透明人間」が見たかった。普段、DDTを見ない人には変化球すぎたかも。今大会でプロレスファン以外に最も届いていただろうカードでもあるし。
・藤波のラダー・ニードロップには大拍手。あれは良い物を見た。
・アイアンマンロイヤルランブルが最高。本来、中心となるはずだった大鷲透とDJニラが全く目立ってなかっといいうのに(笑)。面白い顔あわせが次々実現。抜群の面白さ。あそこで一瞬でも組長vs彰人を実現させちゃうのは痺れるた。
・竹下選手のデビュー戦も素晴らしかった。これは今後楽しみ。
・DDTビッグマッチでは毎回思うのだが、前半カードの多人数試合連発がどうにかならないものか。人数多い理由は分かっているのだが、ちょっと今回はボリュームありすぎ。その分、竹下選手のシングルマッチが際立った感はあるが。
・超満員発表はちょっと厳しい。2階スタンド上段は空席ありました。東京ドームが目標というなら、それまでに1万人クラス会場を札止めにしてほしいですねぇ。それで多人数マッチ止めろというのは酷だが…。
・マッスル、「サカイ」の歌詞などいろいろ気になる点はありまして…。後日、完全版でマッスルも放送されたとき(ニアライブ中継でダークマッチはカット)細かいところまでチェックするのが楽しみ。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「DDT」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: DDT  2012-08-21
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 3 | トラックバック
8.18 DDT・日本武道館大会、速報まとめ~飯伏幸太vsケニー・オメガ
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
※この記事は11個の速報記事を1つにまとめたものです。試合結果は正しいものに書き換えてあります。



速報開始

 ド・ピーカン。さすが大社長晴れ男!
 朝はどしゃぶりだったが…。
 会場到着。
 会場外売店なかなかの賑わい。
 中に入る。
 ビジョン&花道で座席の四分の一とちょっとを潰す。
 上の方の安い席は空席あるが他はだいたい埋まり始めた。
 さすがに札止めは無理っぽい。
 中央に巨大なビジョン、その左右にもビジョン。
 リング直結花道。

 15時27分、予定より7分遅れでマッスル煽りVスタート。
 観客手拍子してるが、これ10分続くんだぞ(笑)。

▼ダークマッチ マッスル提供時間

<マッスル軍暫定メンバー>
マッスル坂井 ペドロ高石 酒井一圭HG 藤岡典一 ミスターマジック 諸橋晴也
<スタイルE軍メンバー>
田村和宏 竹田誠志 柴田正人 翔太 那須晃太郎 趙雲“骨”子龍


 ※申し訳ありませんが、大まかな流れの説明のみになります。
 やや遅れてオープニングVスタート。
 「マッスルハウス10.5」。
 行こうぜ金型の向こう側。
 なんと途中で映像が止まるアクシデント! 観客拍手は続く。
 鶴見亜門テーマでマッスル軍、スタイルE軍入場。
 マッスル坂井でなく福田洋がいる。

 鶴見亜門マイク。
 マッスル坂井は新潟の金型屋でトラブル起こり昨日帰郷。急いで東京に戻ってきたが渋滞にハマリ間に合わず。
 車を捨て武道館まで“マラソン”でやってくる。
 ビジョンに走る坂井の姿。今新宿のあたり。
 坂井の走る映像流したまま5vs6?のタッグ対抗戦開始。場内実況つき。
 映像。座り込む坂井を諸橋がストレッチで回復させる。
 試合は続く。
 坂井の靴にトラブル。
 坂井と諸橋は「負けないで」かかるなかタクシーに乗り込む。
 リングでは全員参加ブレーンバスター。
 「サライ」ならね「サカイ」が場内にかかる。
 坂井やってくる。
 趙雲子龍が剣持ち出し坂井に切り掛かると…藤岡が身代わりとなり切られる。
 坂井がバーティクトで勝利!

○坂井(11分7秒 バーティクト→片)●趙雲子龍

 亜門「マッスル坂井はこれがやりたかったんですかねぇ。やっぱり単独で武道館マッスルは無理だったんじゃないか?」
 観客笑。
 亜門「もう4時だから締めて」
 坂井「一番凄いのは!」
 観客「プロレスなんだよ」
 坂井「LLPWはな!」
 観客「神取忍なんだよ!」
 亜門「もう4時過ぎちゃったよ!」
 スリーツーワン、マッスルマッスル。
 曲が変わりサンプラザ中野くん登場。

 サンプラザ中野くんが「大きな玉ねぎの下で」DDTバージョン熱唱。
 オープニングV。
 CG駆使したかなりの力作。透明人間は包帯姿から透明に。

▼第1試合 ガントレットタッグマッチ
石井慧介&入江茂弘 vs 佐藤光留(パンクラスmission)&中澤マイケル vs 高尾蒼馬&坂口征夫(坂口道場) vs 木高イサミ&妻木洋夫 vs 聖闘士凛音&ポイズンJULIE澤田

 タッグの勝ち抜き戦。
 5チーム参加なので4試合行われる。

<1>石井&入江vs木高&妻木

 入場時のライト演出が素晴らしい。
 レフェリー和田京平。
 入江のタックル一発に大歓声。
 木高のバズソー連打。
 やはり入江の動きは素晴らしい。
 スヒーディーな展開のなか入江が得意技で勝利。

○入江(6分4秒 自分が垂直落下バックフリップ→片)●妻木

<2>入江&妻木vsポイズン&聖闘士凛音

 凛音は歌いながら入場。聖闘士星矢のコスチューム?
 歌ってる間にポイズンが合体技食らいダウン。
 試合開始して凛音が掻き回すも…かなり、あっさりポイズン敗退。

○石井(2分30秒 ニールキック→片)●ポイズン

<3>入江&石井vs佐藤&マイケル

 佐藤はスクール水着、マイケルはナース。
 マイケル&佐藤がローション口にふくみダブルのマーライオン。
 石井がDDT、丸め込みなどで攻勢も…佐藤がアンクルホールドでとらえ、マイケルがアルティメット・ベノムアーム(自分のアンダータイツを手に持ち相手の顔面に押し付ける)。
 これで石井&入江がダウン。
 ※追記:同時に佐藤のアンクルホールドも極まっていたようです。

○佐藤(4分15秒 アンクルホールド)●石井

<4>佐藤&マイケルvs高尾&坂口

 佐藤はスク水姿で坂口とUチックな激しい攻防。
 観客拍手。でもスク水。
 マイケルは早くもアルティメット・ベノムアーム振りかざす。
 高尾を捕まえる股間をトップロープに乗せ擦りつける。
 佐藤vs坂口になると激しい打撃戦。でも佐藤はスク水。
 坂口の打撃はシャレにならないレベル。
 佐藤が坂口にバックドロップ。
 佐藤とマイケルがダブルでアルティメット・ベノムアーム狙うが…同士打ち。
 高尾がボマイェ。
 更にダイビング・ギロチン。
 カウント3。

○高尾(9分14秒 ダイビング・ギロチンドロップ→片)●マイケル

 高尾&坂口が勝利。

▼第2試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権ロイヤルランブル

 出場決定選手:松永智充、ゴージャス松野、彰人、ヨシヒコ、NOZOMI、福田洋、DJニラ、柿本大地、大鷲透、紫雷美央、ばってん多摩川、愛川ゆず季(スターダム)、藤原喜明(藤原組)
※8月17日現在王者:DJニラ

 24時間いつでもどこでも挑戦可能なのがアイアンマンヘビーメタル級王座。
 オーバー・ザ・トップロープ・ルール採用で最後の一人になるまで行われる。
 
 ニラ、入場曲なしで登場。
 柿本に大量紙テープ。
 柿本がニラに組み付きにいくがニラはユラユラかわす。

(3)松永智充
(4ばってん多摩川
(5)紫雷美央
(6)福田洋
(7)大鷲透
 大鷲何人かオーバーザトップロープで排除。
(8)NOZOMI
 NOZOMIは紫雷をピンフォール!
(9)ゴージャス松野
(10)彰人
(11)愛川ゆず季
 ゆずぽんキックから踏み付けグラビアポーズで福田をピン。
(12)藤原組長
 愛川が藤原にキック連打連打!
 ちょっとふらついたか?
 愛川が藤原にコーナー串刺しプレス。
 藤原ニヤリ。
 すぐ場外退場へ。
 藤原はNOZOMIにワキ固め!
 藤原vs彰人!
 彰人グラウンドで勝負挑む。やはり組長強い!

(13)ヨシヒコ
 そこにヨシヒコ!YAZAWAバージョン!
 大鷲、松野、彰人ら退場させる!
 最後の二人、ヨシヒコvs藤原!
 藤原は心臓マッサージ(笑)
 更に足のあたりから空気を注入。
 ヨシヒコにワキ固め!
 あああヨシヒコの腕が外れた!
 外れた!
 レフェリーストップ!

○藤原(19分22秒 レフェリーストップ)●ヨシヒコ

 藤原が新王者!ベルトを巻く。
 花道で福田が襲うもワキ固めで返り討ち。
 見所満載面白かった。
 ニラがどこで退場したか見逃した…。

▼第3試合 竹下幸之介デビュー戦
エル・ジェネリコ vs 竹下幸之介

 現役高校生であり、陸上競技実績豊富のアスリート、竹下が武道館デビュー。
 小学生からDDT入りを夢を見てきた彼にとってこれ以上無い舞台

 試合開始。
 序盤の攻防、ダウンした竹下にジェネリコは手を差し延べ引き起こす。
 竹下は打点高いドロップキック連発。
 ダウンしたジェネリコに竹下が手を差し出す!
 デビュー戦でやるか、強心臓!

 5分経過。
 ジェネリコのチョップ強烈。竹下の胸が早くも真っ赤。
 竹下が見事なハリケーンラナ。
 すぐさまジェネリコがラリアット。
 竹下ダウン、しばらく立ち上がれず。
 トップコーナーのジェネリコに竹下がドロップキック!レインメーカーか!
 更に竹下はリング走りプランチャ。豪快だがやや落ち型が危ない。竹下ミサイルキック。
 ジェネリコやり返すが…竹下がカウンターのRKO! 見事!
 更にランニング・エルボーアタック!
 ジェネリコはビックブートから逆襲。
 ジェネリコがブルーサンダー(?)。垂直に落ちる!大丈夫か。
 カウント…2!
 ジェネリコはトップコーナーにセット狙うが、竹下は前方回転エビで切り返す。
 竹下がヨーロピアンエルボー。
 竹下がトップコーナー上がるが…ジェネリコ追い掛ける。
 必殺Brainbustaaaaahhhhh!!!!! (トップコーナーから垂直に落としコーナーポストへ落とすブレーンバスター)。
 カウント3。

○ジェネリコ(10分36秒 Brainbustaaaaahhhhh!!!!! →体)●竹下

 竹下、デビュー戦にしては大健闘。
 しかしジェネリコは容赦ない。

▼第4試合 サッカーマッチ5vs5
マサ高梨&佐々木大輔&星誕期&遠藤哲哉&藤本つかさ(アイスリボン)  vs ヤス・ウラノ&アントーニオ本多&火野裕士(K-DOJO)&タノムサク鳥羽&世?虎(スターダム)

 サッカーマッチ・ルールは以下の通り。
・サッカーマッチとは、前半5分、後半5分を戦いその間にフォール(カウント2でフォール)、ギブアップ等の数を競う。
・ロスタイム制度を採用し、負傷者のアピールや怪我の程度の判断、負傷者の搬出などにより空費された時間が猶予時間として加算される。空費された時間はタイムキーパーが時間を計測し、試合の全後半それぞれの後にその時間を追加するものとする。
 10分間、得点で争う。
 当初と違いカウント2でフォールのルールに。
 高橋陽一先生の煽り漫画上映。

 ゴングでなくホイッスルで試合開始。
 前半は1−1。
 火野がファッキンボム狙ったところで前半終了。
 陣地交代。
 後半開始。
 ○火野(ファッキンボム)●遠藤
 2ー1。
 ○高梨(タカタニック)●ウラノ
 2ー2
 世IV虎vs藤本。
 世IV虎がリフトアップ→セントーン→カウント1。
 世IV虎がダイビング・セントーン。
 カウント1。
 ここで終了。
 2ー2ドロー。

 鶴見亜門GM現れサッカーのPKによる決着に。
 ステージにサッカーゴールが用意されホントのPK始まる。
 2ー0で高梨チーム勝利。
 ちょっとPKはグダグダだった…。

 ハチミツ二郎がバックステージの藤波をリポート。
 続いて三田佐代子さんが、ほもクロをリポート。
 三田さんも強引にポーズ決めるさせられる。

▼第5試合 KO-Dタッグ選手権
<王者組>KUDO&大石真翔 vs MIKAMI&藤波辰爾(ドラディション)<挑戦者組>

 藤波辰爾がKO-Dタッグ王座挑戦!

 藤波&MIKAMIが先入場。
 藤波を目の前にして、ほもいろクローバーZ踊りまくる(笑)

 試合開始。
 藤波vs大石、グラウンド攻防。
 藤波が腕十字を巧みに切り返す。
 大石&KUDOはMIKAMIを捕まえ合体攻撃連発。
 ようやくタッチした藤波…ドラゴンリングイン!
 武道館大歓声大拍手!(笑)
 藤波がドラゴンスクリュー連打。更に二人まとめてドラゴンスクリュー。
 MIKAMIがデュランデル決めると…藤波がラダーをリングにいれる!
 ラダーを巡る攻防、藤波がドラゴンスクリューでラダーから落とす!
 MIKAMIがラダー最上段から450スプラッシュ!
 更に藤波がラダーに上がる!
 中段からダイビング・ニードロップ!
 凄いものを見た!
 更にMIKAMIがラダー最上段からスワントーンボム=ウ゛ォルカニックボム!
 カウント3!

○MIKAMI(9分4秒 ウ゛ォルカニックボム→片)●大石

 まさかの王座移動!

▼第6試合 スペシャルシングルマッチ ハンディキャップウェポンランブル
高木三四郎 vs 鈴木みのる(パンクラスmission)

 一定時間ごとに高木三四郎が用意した公式凶器がリングに投入される。鈴木みのるは使用できない。

 武道館のファイアーポーズ、壮観。
 試合開始。
 レスリング攻防、やはり高木劣勢。
<第1アイテム>メカマミー三点セット
 しかし鈴木がリング入れる前にカット。使えず。
<第2アイテム>分身の術
 新高木三四郎現れる!
 場内「わからない」コール。
 鈴木「わかるだろ!」
 高木は和田京平レフェリーともグルグル。
<第3アイテム>お色気攻撃
 愛川ゆず季登場。露出度高い水着。
 鈴木は携帯で撮影。
 ダブルゆずポンキックから反撃も鈴木は愛川の髪を掴み押さえつける。
<第4位アイテム>マッスル
 マッスル軍入場。
 スローモーション!
 マッスル坂井がゆっくり殴りかかるが…鈴木普通に殴る。
 マッスル軍退散。

 鈴木がワキ固め!
 そこに次のアイテム。
<第5アイテム>藤原組長
 高木そっちのけで師弟対決。
 藤原が頭突きからワキ固め。
 立ち上がった組長、高木に張り手。
 高木が鈴木にワキ固め!組長との特訓成果。
 それを見て組長は退場。

 高木がメカマミーのドリルで攻撃。
 思い切り投げつけると鈴木ダウン。
 高木がエプロンから引っこ抜きブレーンバスター。
 シットダウン・ヒマワリボム狙い→鈴木がスリーパー。
 長い張り手合体。
 高木がスリーパーかけられたまま五輪スラム風に持ち上げ投げる。
 高木がヒマワリボム狙い→鈴木が降りてフロント・ネックロック→ゴッチ式パイル。
 カウント3。

○鈴木(17分33秒 ゴッチ式パイルドライバー→体)●高木

 試合後、高木が引退を表明!
 15周年で後輩に道を譲るとマイク。
 帰りかけた鈴木が戻ってくる。
 高木と鈴木抱き合う。
 高木は涙声。
 テンカウントゴング。
 ゴング途中…高木「ウソじゃー!」
 高木が鈴木にスタナー!
 高木は「まだまだやることある」と鈴木との再戦アピール。
 「1年後…いや違う!5年後だ」。
 なんと高木は5年後のDDT20周年を“東京ドーム”で開催すると宣言。
 マジか!
 激しいマイク合戦のすえ…鈴木も応じる。

 いやあびっくり。
 まさかの東京ドーム。
 休憩。
 観衆、1万124人(超満員)発表。
 うーん超満員発表はちょっと言い過ぎか。
 透明人間が同僚の応援で多く観戦してる可能性もあるが。

 ディック東郷ピジョンに登場。
 しかし音が出ない…。
 引退試合は9月9日。

 更に発表。
 セミで透明人間が完全決着ルール要求。
 試合形式は「透明電流爆破マッチ」に。

▼第7試合 スペシャルハードコアタッグマッチ
HARASHIMA&真壁刀義(新日本プロレス) vs 石川修司&伊東竜二(大日本プロレス)

 イス、テーブル、チェーン、有刺鉄線バットの使用が認められる。
 石川は机、伊東はイス、真壁&HARASHIMAは有刺鉄線バットを持って入場。

 試合開始。
 真壁と伊東でイス・チャンバラ。
 石川が花道走ってリング内に投げすてパワーボム。
 伊東がトップコーナーから場外の机に寝かせた相手へダイブ。
 HARASHIMAが大流血。
 5分経過。
 真壁がコーナー・パンチなど得意ムーブ。
 石川はカンヌキで極め頭突き連打→かんぬきスープレックス。真壁の巨体投げ捨てる。
 HARASHIMAが場外の机に寝かせ相手にスワンダイブ式ボディプレス。
 伊東がイスを縦に立て並べ、そこに真壁を雪崩式ブレーンバスター!
 真壁よく受ける。
 伊東がドラゴンスプラッシュ。
 真壁がチェーン・ラリアットで逆襲。
 真壁がスパイダージャーマン。
 HARASHIMAが石川の頭ににイス!
 しかし底が抜け石川は仁王立ち。
 HARASHIMAがイスを幾つも石川に投げつける!
 HARASHIMAがファルコンアロー。
 石川もやり返すが…激しい攻防の末…イスを幾つも乗せた石川へスワンダイブ式蒼魔刀!
 カウント3!

○HARASHIMA(14分36秒 スワンダイブ式蒼魔刀→体)●石川

 熱戦。
 HARASHIMA「ちょっと血が出ちゃったけど大丈夫さ!」
 ちょっとじゃないよ(笑)

▼第8試合 透明電流爆破デスマッチ
男色ディーノ vs 透明人間

 日本武道館で透明人間!DDTにしかできない前代未聞マッチ。

 試合前、解説席の神実況コンビに透明人間が見えるメガネが渡される。
 空席にも透明人間が座っているそうです。
 試合開始5分から電流が流れる。
 ディーノ、ほもくろトレインで入場。
 武道館でも狩り。
 ディーノも透明人間が見える眼鏡つける。
 透明人間はマント姿で登場。
 マントを脱ぎリングへ。

 試合開始前、透明人間が急襲。
 場内実況入る。
 ディーノ、ヘッドロックで絞め上げる。
 場外戦。
 ディーノがトップコーナーから場外にトペコンヒーロー!
 しかしかわされた(らしい)。
 ディーノが垂直落下ブレーンバスター。
 しかしメガネを奪われピンチ。
 トップコーナー上攻防でディーノが唇固め。
 5分経過。電流が流される。
 ディーノは透明人間をロープに振ろうとするも透明人間堪える。
 ディーノはコックボトム、ナイトメアー。
 更に男食ドライバー狙うが…ロープに押し込まれる。
 爆破!本当にエプロンあたりで軽い爆発。

 エトピリカがかかりビジョンにディーノ回想。
 「まだ負けられない」
 ディーノは透明人間が見えるメガネを手にする。
 しかし爆破。
 ここでまたエトピリカ。透明人間回想。
 DDTの歴史と飯伏vsケニーの煽り的映像。
 透明人間「まだ負けられない」
 スローモーションのなかディーノがスタナーを食らう。
 ビジョンに流れる高木三四郎がスタナー放つ映像とシンクロ。
 ディーノがロープと接触。
 跳ね返ってきて倒れこみながらレフェリーを覆い隠すように倒れる。
 暗転。
 大きな爆破(本当に)。
 透明人間がディーノをカバー。
 ディーノの足が上がってるので片エビ固め。
 カウント3。

○透明人間(16分16秒 爆破→片)●ディーノ

 二人は肩を組み退場。
 ゲート前でディーノが透明人間にマイクを差し出す。
 「未来を見せてくれ(要約)」。
 声が高木三四郎の声。
 闘っていたのは…三四郎?
 そこにケニーのテーマ曲がヒット!

▼第9試合=メイン KO-D無差別級選手権試合
<王者>飯伏幸太 vs ケニー・オメガ<挑戦者>

 4年ぶり2度目の一騎打ち。初のDDT武道館はこの2人が締める。

 試合開始。
 キック、波動拳が交錯。
 お互い得意技すかし合い。
 ケニーが飯伏の腕を攻め始める。
 攻め方が多彩のうえ、誰の目から見ても痛そう。
 飯伏がバミューダトライアングル狙うも…ケニーは途中で止めて、エプロンでドラゴン・スープレックス!
 強烈!
 5分経過。
 ケニーが強引なブレーンバスター。
 ケニーが飯伏の首から肩にかけてエルボー連打。

 10分経過。
 ケニーの腕攻め続く。
 時折飯伏もキック返すがケニー・ペースは変わらない。
 飯伏がキックからムーンサルトの得意ムーブ→ケニーが膝剣山。
 飯伏がスワンダイブ技→ケニーがカウンターでドロップキック、顔面ヒット!高い!
 飯伏がフランケンシュタイナー連打→場外へ反ひねりプランチャ。
 花道のケニーに飯伏がスワンダイブ式ドロップキック!
 花道攻防、飯伏がハーフネルソン・スープレックス!
 15分経過。
 飯伏、その場飛びバク宙で踏み付け!
 破天荒な動きで飯伏が強引に主導権握りに行く。
 ラストライド→ケニー着地。低空ドロップキック、コタロウクラッシャー。
 ケニーがまたペース掴む。
 ケニーが高速ドラゴン・スープレックス、トペコンヒーロー。

 20分経過。
 場外戦。会場奥までいく。
 飯伏がステージ横足場を登り始める。
 そのまま2階席(正しくは1階席スタンド)へ。
 まさか…飯伏が2階席からムーンサルト!
 距離ありすぎで飯伏の体が一回転半ぐらいしてた。
 信じられん!
 飯伏元気にリング戻ってくる。笑ってる…。
 リング戻り、トップコーナー上攻防。
 ケニーがトップコーナーからパワーボムの形からポストに顔面叩きつける(説明難しい)。
 更にコーナーにパワーボムでたたき付ける。
 ケニーが波動拳。
 カウント2。
 ケニーがクロイツラス。
 カウント2。

 25分経過。
 飯伏がラリアット。
 飯伏シットダウン式ラストライド。凄い角度。
 カウント2。
 ケニーが雪崩式クロイツラス!
 カウント2。
 飯伏が雪崩式パイルドライバー狙い、やめてくれ〜。
 ケニーが叩き落とす。
 しかし飯伏が側転・バク宙キック。
 トップコーナー上の攻防……飯伏が場外への雪崩式フランケンシュタイナー!!!
 トップコーナーに両者立った状態から。こえええ。
 ケニーが場外ダウン、相当きつそう。なんとかカウント19でリング戻る。
 ケニー腹を押さえている。
 そこに飯伏がソバット。
 飯伏グーパンチ連打。
 ケニーがドラゴン・スープレックス。
 飯伏がフェニックススプラッシュ放つも…かわす。
 ケニーがジャンピングニー。
 そしてケニーが必殺、片翼の天使。
 カウント2。
 両者、膝をつき殴り合う。パンチ強烈。
 飯伏笑ってる。
 ラリアット相打ち。
 飯伏のラリアットかわし…ケニーが腕十字!
 ここで腕攻め!
 なんとかロープ。
 ケニーは雪崩式の片翼の天使狙い!
 しかし飯伏堪える。
 そして飯伏が…雪崩式フェニックス・プレックス・スープレックス!
 ぎゃあ。
 カウント…2。僅かにケニーの肩上がる。
 更に飯伏がトップコーナーへ。
 フェニックス・スプラッシュ!
 カウント3!

○飯伏(37分26秒 フェニックス・スプラッシュ→片)●ケニー

 「死闘」という言葉以外浮かばない。
 両者ダウンするなか、ステージにサンプラザ中野くん現れ「大きな玉ねぎの下で」を生歌熱唱。
 全選手がリングに。
 ケニーはリング降りたか。
 飯伏は一度リング下り再び戻っ

 来年のビックマッチ発表。
 8月17日、8月18日、両国2デイズ!
 うーんDDT攻めの姿勢は崩さない。
 飯伏がマイクで締め→バク転。

 いや凄い興行だった。
 でもメインは正直やりすぎだな…。
 許さされるとするなら、この二人で、このタイミングだから。
 全体しては満足度高い試合多かった。
 速報終了です。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「DDT」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: DDT  2012-08-18
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
【速報します】本日はDDT・日本武道館大会を会場から速報します
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 いよいよ武道館。会場から携帯で速報します。

  直前になって残念なお知らせ。
日本武道館大会チェリー欠場のお知らせ [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 チェリー選手が風疹でダウン。伊橋選手に続き2人目の欠場(伊橋は急性腸炎)。
 悔しいでしょうが、これで再び武道館大会を開催しなければならぬ理由ができました。
 なお、チェリー・伊橋共にロイヤルランブル出場なのでカード変更はナシ。追加参戦あるかは不明。

 対戦カードはこちら。

 8月18日日本武道館大会情報(8月16日現在) [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【日時】2012年8月18日(土) 開場14:30 開始16:00
 ※「マッスル」は15時30分開始、カウントダウンPVを15時20分から上映
【大会名】武道館ピーターパン ~DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP!~
【会場】日本武道館

▼第9試合=メイン KO-D無差別級選手権試合
 <王者>飯伏幸太 vs ケニー・オメガ<挑戦者>
▼第8試合 スペシャルシングルマッチ
 男色ディーノ vs 透明人間
▼第7試合 スペシャルハードコアタッグマッチ
 HARASHIMA&真壁刀義(新日本プロレス) vs 石川修司&伊東竜二(大日本プロレス)
▼第6試合 スペシャルシングルマッチ ハンディキャップウェポンランブル
 高木三四郎 vs 鈴木みのる(パンクラスmission)
 ※時間差で高木三四郎が用意する公認凶器が投入される。(鈴木みのるは用意できない)
▼第5試合 KO-Dタッグ選手権試合
 <王者組>KUDO&大石真翔 vs MIKAMI&藤波辰爾(ドラディション)<挑戦者組>
▼第4試合 サッカーマッチ5vs5
 マサ高梨&佐々木大輔&星誕期&遠藤哲哉&藤本つかさ(アイスリボン)  vs 
ヤス・ウラノ&アントーニオ本多&火野裕士(K-DOJO)&タノムサク鳥羽&世Ⅳ虎(スターダム)
▼第3試合 竹下幸之介デビュー戦
 エル・ジェネリコ vs 竹下幸之介
▼第2試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権ロイヤルランブル
 出場決定選手:松永智充、ゴージャス松野、彰人、ヨシヒコ、NOZOMI、福田洋、DJニラ、柿本大地、大鷲透、紫雷美央、ばってん多摩川、愛川ゆず季(スターダム)、藤原喜明(藤原組)
※入場順は1番手入場:その時点での王者(8月16日現在王者:DJニラ)2番手入場は柿本大地となり、対峙してからの選手コールとなります。この時点での紙テープ投入は問題ありませんが、3番手以降の入場時に紙テープを投げる行為は試合の妨げとなりますのでご遠慮いただきますようお願い申し上げます。
▼第1試合 ガントレットタッグマッチ
 石井慧介&入江茂弘 vs 佐藤光留(パンクラスmission)&中澤マイケル vs 高尾蒼馬&坂口征夫(坂口道場) vs 木高イサミ&妻木洋夫 vs 聖闘士凛音&ポイズンJULIE澤田
▼ダークマッチ   マッスル提供時間 15:20よりVTR開始、15:30より提供時間開始
<マッスル軍暫定メンバー>
 マッスル坂井 ペドロ高石 酒井一圭HG 藤岡典一 ミスターマジック 諸橋晴也 
<スタイルE軍メンバー>
 田村和宏 竹田誠志 柴田正人 翔太 那須晃太郎 趙雲“骨”子龍

 自分が一番注目するのは「高木三四郎vs鈴木みのる」。真逆なキャラクターのぶつかり合いに加え、高木が用意するウエポンによっては無限の広がりを見せることもできる。
 もちろん他の試合も楽しみ。

 マッスル提供試合が15時半。速報もそこから。
 DDTは説明ごとが多いため、やや省略ぎみの速報となるかもしれません。あしからず。
 サムライTVでは22時よりニアライブ中継あります。結果知りたくない方はしばらくブログ見ないでください。

 当日券もまだあるはず。雨も止んだので間に合う方は今からでも武道館へ。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「DDT」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: DDT  2012-08-18
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
DDT・日本武道館大会情報まとめ!~ドラマチックだらけの9試合+1
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ビックリするほど日が経つのは早い! DDT・日本武道館大会は明日となりました!
 ここで公開されている情報をまとめておきます。間違いあればご指摘お願いします。

 こちらもチェックを!
DDT日本武道館大会見どころ



今回の透明人間は、これまでと全く別の透明人間

8月18日日本武道館大会情報(8月16日現在) [ DDTプロレスリング公式サイト ]
【日時】2012年8月18日(土) 開場14:30 開始16:00
 ※ダークマッチ開始=15:30予定(カウントダウンVTR15:20開始)
【大会名】武道館ピーターパン ~DDTの15周年、ドーンと見せます超豪華4時間SP!~
【会場】日本武道館

▼第9試合=メイン KO-D無差別級選手権試合
 <王者>飯伏幸太 vs ケニー・オメガ<挑戦者>

飯伏「秘策はあるけど、教えません」 [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 4年前、“カナダの路上王”としてDDTへ乗り込んできたケニー・オメガ、いきなり飯伏幸太と一騎打ちで伝説級の大激戦を繰り広げる。この試合を通じ2人には友情が生まれ、後に東スポ・ベストバウトも獲得するタッグチーム「ゴールデン・ラヴァーズ」へと繋がっていく。
 シングルプレイヤーとしてもそれぞれ大活躍。新木場の路上で暴れ回った2人も今やプロレス界を代表するジュニア戦士。
 最初の対戦以降、シングルでの対戦はナシ。タッグでも数えるほど。
 ケニー・オメガがKING OF DDT(KO-D無差別級王座挑戦者決定トーナメント)に優勝したことで対戦が4年ぶりに実現。ここに来ても互いに前哨戦による対戦を拒否。傷つけあうのは一度で十分、親友として日本武道館メインに立つ。
 勝敗度外視と見るファンもいるが、ケニーにすれば飯伏を超える最大のチャンス。ケニーは公開練習で“手術した肩を狙う”と宣言。一方の飯伏は恐ろしい垂直落下技を公開。
 ギリギリの闘いとなるか。何にしても年間ベストバウト級の試合が期待されている。
 なお、日本武道館はひじょうにい規制が厳しいため、路上系の攻防は見られない可能性が高い。

<参考記事>
【プロレス】ゴールデン・ラヴァーズ(飯伏幸太&ケニー・オメガ)まとめ - NAVER まとめ

<公開練習動画>



▼第8試合 スペシャルシングルマッチ
 男色ディーノ vs 透明人間

【8・9リポート⑨】男色「この試合はDDTにしかできない」 [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 男色ディーノがDDTに上がるキッカケとなったのが透明委人間。2003年5月、春日部インディーズアリーナで行われた「男色ディーノvs透明人間ミステロン」がサムライTV「インディーのお仕事」で放送→ネットで拡散したことで一気に名が広まる。動画を見た高木三四郎がオファーをかけたのが始まり。
 ディーノにとっては原点回帰。あれから9年経ち透明人間とどう闘うか?
 ディーノ「そういうのじゃなくて、言うなれば私は見えない敵と闘うわけです。ただ、見えない敵と闘っているのは、私だけじゃないんですよ! 世の中で生きていたら、見えない敵はいっぱいいるんですよ。そういった見えない敵とどのように闘うか、見えない敵とはいったい何なのか。そういった思想の闘いに……ならないと思います。単純にどうなるんだろう、どうするんだろうという気持ちで、武道館に見に来てもらえればと思います。ただ、この試合はDDTにしかできないと思います」。
 「武道館での対透明委人間」はDDT以外で実現不可能。ここでしか見られない。
 なお、今回闘う「透明人間」は、過去の「ミステロン」や「スケスケジャネーカー」とは“別人”だそうです。実力未知数、試合スタイルや体格も不明。透明人間に対する固定観念は消しておいた方が良さそう。得意技はシャイニング・ウィザードとの噂も。

 ↓必読
4Gamer.net ― 男色ディーノのゲイムヒヒョー ゼロ:第193回「透明人間と戦う前に」  

▼第7試合 スペシャルハードコアタッグマッチ
 HARASHIMA&真壁刀義(新日本プロレス) vs 石川修司&伊東竜二(大日本プロレス)

ハードコア戦は有刺鉄線バット使用可 [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 学生プロレス時代の先輩・後輩である真壁刀義とHARASHIMAがタッグ結成。対するはデスマッチ経験豊富の石川&伊東。
 ルールはハードコア。イス、テーブル、チェーン、有刺鉄線バットの使用が認められる(それ以外はダメ?)。デスマッチ慣れしていない真壁&HARASHIMAがどこまで対応できるか。石川&伊東が規制の厳しい武道館でどこまで破天荒なことができるか、注目される。

<参考記事>
第202回 HARASHIMAと真壁先輩の17年 [ 三田佐代子の猫耳アワー ]

▼第6試合 スペシャルシングルマッチ ハンディキャップウェポンランブル
 高木三四郎 vs 鈴木みのる(パンクラスmission)

高木、ウェポンにゆずポン投入!? [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 高木三四郎が武道館の対戦相手に鈴木みのるを選んだ理由、それはマッスル坂井が現役最後に闘った相手だから。もともと「マッスル」が目指していた日本武道館、DDTが受け継ぐ形となった夢を「鈴木みのる」を通し繋げることが一つの目的。
 「勝てる気がしない」という高木はハンデとして「ウェポンランブル」を決定。一定時間(数分)ごとに高木三四郎が用意した公認凶器がリングに投入される。鈴木は使用できない。
 公認凶器は何でもアリ。有刺鉄線バットのような凶器から、レスラーをアイテムとして投入することも可能。鈴木が使えないとなると、かなり高木が有利になると思うが…それでもやはり勝てそうにない? 高木三四郎、18年のプロレス人生全てを懸けて挑む。

<参考記事>
マッスルハウス10 10/6 後楽園ホール大会 [ Extreme Party ]
メカマミー 、機能停止で鈴木みのるに完敗! | ブラックアイ2

▼第5試合 KO-Dタッグ選手権試合
 <王者組>KUDO&大石真翔 vs MIKAMI&藤波辰爾(ドラディション)<挑戦者組>

DDTプロレスリング公式サイト | DDT | リポート
 挑戦者組はMIKAMIがケガからの復帰戦で対戦相手に藤波を指名したところから始まる。試合後、武道館でのタッグ結成は承諾もタイトル挑戦は“聞いていない”と藤波は「保留」。しかい結局タイトルマッチ決定。
 藤波は王座奪取となれば約10年ぶりのベルト戴冠(IWGPタッグ以来)。10年以上の歴史ある「KO-Dタッグ選手権」に藤波の名が刻まれるのも大変なこと。
 一方の王者組は「ほもいろクローバーZ」のKUDO&大石。恒例のダンス披露はここになるか? 対抗して藤波がドラゴン体操披露する予定、はない。

<参考記事>
ドラゴン体操 - YouTube
CMLL認定KO-Dタッグ選手権 [ DDTタイトル史 ]

▼第4試合 サッカーマッチ5vs5
 マサ高梨&佐々木大輔&星誕期&遠藤哲哉&藤本つかさ(アイスリボン)  vs ヤス・ウラノ&アントーニオ本多&火野裕士(K-DOJO)&タノムサク鳥羽&世Ⅳ虎(スターダム)

CWは夜のボール遊びに長けているらしい [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 サッカーマッチのルールは以下の通り。
・サッカーマッチとは、前半5分、後半5分を戦いその間に通常プロレスルールで奪ったピンフォール、ギブアップ等の数を競う。
・ロスタイム制度を採用し、負傷者のアピールや怪我の程度の判断、負傷者の搬出などにより空費された時間が猶予時間として加算される。空費された時間はタイムキーパーが時間を計測し、試合の全後半それぞれの後にその時間を追加するものとする。
 過去には、本当にサッカーをするだけの形式もあったが、今回はプロレスをするっぽい。フットサルの巧さを買われチーム入りした藤本つかさ選手の立場は(良い選手なので問題はありませんが)。
 高梨組が「ファミリア」、ウラノ組が「Crying Wolf」という軍団。もともとは同じ軍団(モンスターアーミー)だったが仲間割れして今回これで決着戦。
 また、この試合の「煽り漫画」を「キャプテン翼」で有名な高橋陽一先生が書き上げる。

<煽り漫画・先行公開画像>
Twitter / ch_furutake: 高橋陽一先生の煽り漫画先行ビジュアル第一弾です。佐々 ...
Twitter / ch_furutake: 日付が越えたので、高橋陽一先生の煽り漫画先行ビジュア ...

▼第3試合 竹下幸之介デビュー戦
 エル・ジェネリコ vs 竹下幸之介

DDTプロレスリング公式サイト | DDT | リポート
 現役高校生・竹下幸之介のデビュー戦。竹下は1995年5月29日生まれ、大阪府大阪市出身。186cm、85kg。現在、高校2年生で部活は陸上部に所属。砲丸投げのジュニアオリンピック入賞、混成競技全国3位などの成績を収めた。アスリートとして素材は一級品。 
 小学生の頃から「DDTに入りたい」と高木社長にmixi等で訴えていた。デビュー戦の相手がエル・ジェネリコ(飯伏幸太にも勝利している一流レスラー)だと決まったときに「やっぱり、この会社は狂ってる」とコメント。
 エル・ジェネリコは完全無欠の必殺技「Brainbustaaaaahhhhh!!!!!」を持つ(ムリヤリ日本語にすると「ブレインバスタァァァァァアアアアア!!!!!」)。雪崩式ブレーンバスターの体勢からトップコーナーに脳天を突き刺す超荒技。デビュー戦選手相手に放つか?

<参考記事>
エル・ジェネリコPV - YouTube

▼第2試合 アイアンマンヘビーメタル級選手権ロイヤルランブル
 出場決定選手:松永智充、ゴージャス松野、彰人、ヨシヒコ、チェリー、NOZOMI、福田洋、DJニラ、柿本大地、大鷲透、紫雷美央、ばってん多摩川、愛川ゆず季(スターダム)、藤原喜明(藤原組)
※8月7日現在王者:DJニラ

パイプイスがアイアンマン王者に [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 24時間いつでも挑戦できるベルト。取りあえず、この試合中はリングを中心にベルトが争われる。試合時間が発表されていないが、おそらく「○分間」終了するまで試合は続く。
 過去最高とも言われるメンバーでの開催。鍵は「ツッコミ役」としてDDT復帰となる大鷲透。
 また柿本大地はケガから約4年ぶりにリング登場(正式な復帰戦ではない)。引退していてもおかしくない大怪我から再起。
 入場順は、1番手=王者(現在はDJニラ)、2番手が柿本。以降は未定。
 ※伊橋剛太選手が急性腸炎のため欠場となりました(8.17深夜追記)

<参考記事>
愛川ゆず季コメント「ゆずポンキックでベルトを取ります!」 [ DDTプロレスリング公式サイト ]

▼第1試合 ガントレットタッグマッチ
石井慧介&入江茂弘 vs 佐藤光留(パンクラスmission)&中澤マイケル vs 高尾蒼馬&坂口征夫(坂口道場) vs 木高イサミ&妻木洋夫 vs 聖闘士凛音&ポイズンJULIE澤田
ド変態團が武道館大会中止に追い込む!? [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 ガントレットマッチ=勝ち抜き戦。後半に登場する方が絶対有利のルール。おそらく登場順は入場曲かかって分かる形式。
 第1試合の扱いに怒る佐藤光留&中澤マイケルは「第1試合で興行中止になれば俺たちがメインだ」と不気味すぎる予告。
 歌舞伎町ナンバーワン・ホスト(本当)でもある美月凛音が聖闘士凛音に改名。
 坂口征二の息子であり俳優・坂口憲二の兄である格闘家・坂口征夫も登場。

▼オープニグ
 サンプラザ中野くん登場


▼ダークマッチ   マッスル提供時間
<マッスル軍暫定メンバー>
マッスル坂井 ペドロ高石 酒井一圭HG 藤岡典一 ミスターマジック 諸橋晴也
<スタイルE軍メンバー>
田村和宏 竹田誠志 柴田正人 翔太 那須晃太郎 趙雲“骨”子龍

【ダークマッチのすり合わせ】趙雲はSTYLE-E軍メンバーに [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 15時30分開始、30分間で強制終了となるダークマッチ・マッスル。15時20分よりカウントダウンVTR上映開始。
 突如、勃発したスタルEとの対抗戦。そのキッカケは?…?
 新潟から駆けつけた坂井も「遺恨なんかないっしょ、マジで」と言うと、続けて「これは卵が先か、鶏が先かという話なんですよ。遺恨が先か、対抗戦が先か。お客さん側から見れば遺恨があるから対抗戦があると見ているんでしょうけど、我々レスラー側から見たら、対抗戦があるから遺恨が生まれるというパターンもあるわけですよ」と説明。「チョップを打たれたら、プロレスラーは?」(坂井)「チョップを返す」(田村)「やられたら?」(坂井)「やり返す」(田村)「一番すごいのは?」(坂井)「プロレスなんだよ!」(田村)「一番盛り上がる試合形式は?」(坂井)「対抗戦なんだよ!」(田村)このやりとりを経て、鶴見亜門GMは「対抗戦をやるってことでいいんですね?」と確認。坂井は「そうすることでしか、俺はリングに帰れないし。俺がリングにいれる時間は30分なんですよ。辞めてしまいましたから」と答え、双方に遺恨はまったくないものの、対抗戦を行なうことが改めて決定した。
 分かったような分からないような感じで対抗戦正式決定。
 なお、当初、両軍に名前のあった趙雲子龍はスタイルE軍を選択している。

<参考記事>
マッスル軍vsスタイルE、日本武道館で全面対抗戦決定!しかし…… - Togetter


 ここまで。
 …後半になるにつれ、紹介分が短くなってる気もするが…気のせいだろう。
 こう見ると、大河ドラマが背景に見える試合多い。会場だけで無く試合に対する気持ちも大きい。
 2012年、プロレス唯一の武道館大会はもう明日。もちろん私も観戦します。

そのほか情報



 東スポ・告知動画。


 ほもいろクローバーZ、公演ライブ。

問題です|Backpacking wrestler ディック東郷の『東郷見聞録』
 ディック東郷選手が引退試合の日にちを発表します。

8月18日日本武道館大会で発売するグッズについて [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 グッズは12時から建物外テントで販売されます。

Twitter / t346fire: 公式HPでは8.18武道館大会のチケットの取扱いは終 ...
 公式HPでは8.18武道館大会のチケットの取扱いは終了しましたが、自分は明日の16時までチケットを取り扱ってます。ご希望の方はお名前、電話番号、席種、枚数を明記して t346fire@ddtpro.com までください。一階席、二階席ABCがございます。
 「明日の16時」とは8月17日の16時。

※以下、8月17日深夜追記
武道館大会ドラマチックドリームジャンボくじについて [ DDTプロレスリング公式サイト ]

あとひとつ寝ると!8月18日日本武道館大会直前情報 [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 伊橋剛太選手が急性腸炎で欠場。

8月18日日本武道館大会についてのQ&A [ DDTプロレスリング公式サイト ]
 スタイナーブラザーズは出ません(そういう問い合わせが実際にあったそうです)。

第205回 行くぞ、行くぞ、武道館! [ 三田佐代子の猫耳アワー ]

鈴木健.txt OFFICIAL WEBSITE Ken@suzuki.txt が投稿した記事 リアル最下層プロレスラーから両国へ昇りつめた男

Web Radio.|DX-R ~Degenerate X'treme Radio~
 武道館見所紹介(WEBラジオ)


 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「DDT」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: DDT  2012-08-17
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 2 | トラックバック
«Prev || 1 | 2 | 3 |...| 37 | 38 | 39 || Next»
コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
  • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
  • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
  • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
  • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
  • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
  • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
  • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
  • あらやどん…目の具合の方はいかがですか?新ブロ...
  • ツカタ…「MVP」藤本つかさ 「最優秀試合」杉...
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY