プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
最近20件の記事
PR

<注意>当ブログからamazonページに飛んだ先のURLを他サイト・掲示板などに貼る(転載する)のは止めてください。




 ■コチラもどうぞ…

プロレス・格闘技DVD&グッズ

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



ブラックアイ2/Twitter
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
[速報します]1.29スマッシュ・新宿FACE大会(夜の部)を会場から速報します
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 昼夜興行の夜だけ観戦しますので、携帯から簡単に速報します。

 まず。昼の部の結果を紹介。
 週プロモバイルから。試合の詳細はサイトで。
■1.29 スマッシュ12・新宿FACE
▼第1試合:ワールドトライアウトマッチ
 ○AKIRA(9分8秒 ムササビプレス→片)●D-レイ3000
▼第2試合
 ○大森隆男(5分43秒 アックスボンバー→体)●小路晃
▼第3試合
 ○大原はじめ、ジェシカ・ラブ(10分8秒 ランニング・フォアアーム→片)リン・バイロン、●児玉ユースケ
 ※試合後、トリプルテイルズが乱入、児玉をボコボコに。TAJIRI登場して激怒「2度と来るな」。
▼第4試合
 ○Mentallo(12分3秒 ジャックナイフ式エビ固め)●KUSHIDA
▼第5試合
 ○セリーナ(9分30秒 スピアー→片)●朱里
▼第6試合
 ○マイケル・コバック(15分6秒 急所打ち→首固め)●スターバック
▼第7試合=メイン FCFチャンピオンシップ
 ○TAJIRI(18分59秒 バゾソーキック→片)●スペル・クレイジー
 ※王者・TAJIRIが防衛。

 ※3.18後楽園ホール大会にトミー・ドリーマー参戦決定

 TAJIRIが防衛。これにより夜の部は「TAJIRIvsコバック」がタイトルマッチ。
 「スターバックvsスペル・クレイジー」はハードコアマッチとなった。
■1・29『SMASH.13』(新宿FACE)開場17:00 開始18:00
【全対戦カード】
▼第7試合=メイン FCFチャンピオンシップ
 TAJIRI(c) vs マイケル・コバック
▼第6試合=セミ ハードコアマッチ
 スターバック vs スペル・クレイジー
▼第5試合
 KUSHIDA&Mentallo vs 大原はじめ&ジェシカ・ラブ
▼第4試合
 真琴 vs セリーナ
▼第3試合
 朱里&児玉ユースケ vs 小路晃&リン・バイロン
▼第2試合
 AKIRA vs 大森隆男
▼第1試合 ワールドトライアウト
 木藤裕次 vs D-レイ3000

 大会は18時から。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-01-29
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
スターバックvsスペル・クレイジー~まったく違う道で身につけたプロレスがぶつかり合う軌跡
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 土曜日はスマッシュが新宿FACEで昼夜興行開催(翌日には初の大阪大会も)。TAJIRIvsスペル・クレイジー、元WWE・セリーナ、小路晃ラストマッチなど話題。
 個人的には、夜興行で行われる「スターバックvsスペル・クレイジー」の外国人対決に注目。
 これ、試合展開が予想つきません。

スターバック

スターバックの源流はカルガリー

SMASH(スマッシュ) OFFICIAL WEBSITE|対戦カード
TAJIRIが語る1・29『SMASH.12』完全ガイド [ Smash News ]
TAJIRIが語る1・29『SMASH.13』完全ガイド [ Smash News ]
■1.29昼 「SMASH.12」 新宿FACE
▼FCFチャンピオンシップ
 TAJIRI(c) vs スペル・クレイジー
▼シングルマッチ
 スターバック vs マイケル・コバック

■1.29夜 「SMASH.13」 新宿FACE
▼TAJIRI vs マイケル・コバック
 ※TAJIRIが王者の場合、FCEチャンピオンシップ
▼スターバック vs スペル・クレイジー
 ※クレイジーが王者の場合、FCFチャンピオンシップ。そうでない場合は、ハードコアマッチ。

 4選手が昼夜で入れかわり対戦。ベルトの行方も気になるところ。
 “スターバックの天敵”マイケル・コバックが王者クラス相手にも強さを見せつけるのか。

 そんななかでポンと組まれた「スターバックvsスペル・クレイジー」が面白そう。
 フィンランドとメキシコ。海外の実力者が日本で戦う図は最近じゃ珍しい。
 また2人のファイトスタイルがまったく違う点も興味深い。クラシカルなスターバックに、ルチャから始まりハードコアでも何でもこなすクレイジー。
 噛み合う保証がないところにそそられる。

 両者の経歴を簡単に並べてみる。
 驚いたことに2人は同い年。

<ソース元>
・スマッシュ・JCBホールのパンフレット掲載スターバック・インタビュー。
・ゴング・プロレスカラー名鑑
フランシスコ・イスラス - Wikipedia

スペル・クレイジー スターバック
生年月日 1973年12月3日 1973年4月24日
国籍 メキシコ フィンランド、カナダ(二重国籍)
経歴
1993年 実兄サングレ・ゲレーラのコーチを受ける。 カナダで、ランス・ストームらのコーチを受ける。
1994年 プロレス・デビュー。※注1 ランス・ストームを相手にカナダでデビュー
1995年 「レッスル夢ファクトリー」に留学。TAJIRIと初対面。
UWA世界ウェルター級王座奪取。
ロッキー・マウンテン・レスリングで活躍。
1996年 メキシコAAAに移籍。マスクマン「イステリア(初代)」として活躍。 カナダが経済危機。両親の故郷・フィンランドへ移住。
当時のフィンランドにプロレスは無いに等しかった。
1997年 プロモアステカに移籍。素顔に戻る。 イギリス・ドイツ・フランスなどに遠征して試合を行う。
クリス・ジェリコからプロレスビデオなどを送ってもらい研究。
1999年 TAJIRIとの抗争がブレイク。ECWと契約。
2000年 ECW世界TV王座獲得。
2001年 IWAプエルトリコで活躍(ECWは2001年1月で活動停止)。
2002年 新日本プロレスに参戦。
2003年 メキシコ・CMLL参加。 フィンランドに誕生した団体「VPW」に参加も2大会開催ですぐ消滅。
選手らで新たに立ち上げた団体「PWF」に参加
2004年 ZERO-ONEに参戦。
2005年 WWEのトライアウトに合格。WWEと契約。 資金難によりPWF解散。
2006年 シコシスらとのチーム「メキシクールズ」としてWWEで活躍。 スターバックが中心となり「FCF」旗揚げ。
2008年 WWEを自主退団。
2009年 全日本プロレスに参戦。
2010年 11月、SMASH・JCBホール大会参戦。 2月、FCFでTAJIRIと対戦、勝利。
7月、SMASHに初来日。TAJIRIに勝利。
11月、SMASH・JCBホール大会参戦。TAJIRIに敗れFCF王座失う。

 ※注1=ゴング名鑑では「1994年デビュー」とあるが、wikipediaには「1991年デビュー」とある。

 同い年でほぼ同じ時期にデビューしながらも、その道のりはまったく違う。
 重なることが奇跡に近い。
 プロレス不毛の地で苦労してきたスターバックにすれば、SMASHという舞台がどれだけ大事なのかが分かる。
 TAJIRIに破れ、昨年末にフィンランドでAKIRAにも敗れているスターバックだが、落ち込んでいる場合ではないのです。



 スターバックの源流に、ランス・ストームやクリス・ジェリコと言ったECWのスターがいるのも面白い。
 両者、どの引き出しをチョイスするのか。
 ハードコアマッチかタイトルマッチなのかでも随分展開変わります。スターバックもフィンランドでハードコアの経験はあるようです。

 当日、観戦予定なのでブログで速報します。 

※すいません、本日の「ニュースクリップ」は休みとさせてください。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-01-28
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
「賞味期限切れの女かもしれない」発言に、華名が予想以上のキレっぷりを見せる
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 マニフェストとその言動で、女子プロレス界をかき回しまくった華名であるが、ここにきて思わぬ指摘を受けピンチ?
 TAJIRIの「最近、円くなった」「もはや賞味期限切れの女かもしれない」との発言を受け、21日に会見。
 華名がTAJIRIに対しブチ切れる。

YouTube - Happening Eve' Press Conference - Dec.21.2010 華名ブチ切れ!



 乱闘ぐらいにはなるかと思ったが、予想を超えるキレっぷり。
 ビビリまくりながら、立ち去ったあとに「ヒヒヒ」と笑うTAJIRIさんの表情がまた笑えてしまう(笑)。


 なぜにココまでキレたのか? 最近の流れをまとめ。

<12月5日>
12・24『ハプニングEve'』TAJIRIvs華名の一騎打ち実現! [ Smash News ]
 JCBホール大会で朱里とのタッグに一区切りつけた華名は、TAJIRI戦をアピール。
 11・22『SMASH.10』JCBホール大会終了後のバックステージインタビューで、「私は男子と闘うことに興味があるので、スターバックとかWWEのスーパースターと闘ったらおもろいんちゃうかなと。まずはその一発目にTAJIRIさんと闘いたいと思っています」と、TAJIRIとの対戦をアピールした華名。
===
「いままで私がやってきたこと、他の女子にできないことの証明になるので、これから私が始める女子プロの概念を楽しみにしてもらえたら」

 対戦が決定。
 華名選手が提唱する女子プロ改革は、現在のスタイルを否定し、男子プロレスで通っているような理にかなう闘いを目指している、と思う。
 なので、男子とやろうというのは分からないでもないです。

 しかし決定から約2週間後、TAJIRI選手が思わぬ発言。
「もはや賞味期限切れの女かもしれない」TAJIRIが華名に最終通告! [ Smash News ]
YouTube - Happening Eve' Press Conference 2/2- Dec.17.2010

 今年6月の『SMASH.4』(新宿FACE)での朱里戦以降、女子プロレス改革を唱えたマニフェストの提唱、さらには専門誌の表紙を飾るなど“時の女”としてマット界を賑わせた華名。しかし、そんな華名に対して、12・24『ハプニングEve'』(新宿FACE)で対戦するTAJIRIは、「以前のような何に対しても噛み付いてやるぞっていうような猛々しさが最近なくなったんじゃないかな」と指摘。さらに、TAJIRIは「例えば、暴走族のレディースでおっかなかった人が結婚して幸せになって、急に丸くなっちゃたみたいな。レスラーとして、以前の華名のほうが良かったんじゃないかなっていう気がする」と疑問を呈す。

 もちろんTAJIRIは華名が今年のマット界を賑わせた一人であることを認め、評価しつつも、最近の華名に対しては「もしかして何かが満たされて丸くなっちゃたんじゃないかと思うんですよ。そうなるとレスラーとしては使えなくなるというか、商品価値がなくなるというか。試合はいいんですけど、試合の中に詰まっているべき悪い魅力というか、そういうものがどんどん漂白されているような気がする」と厳しい口調で語ると、「もはや華名は賞味期限切れの女かもしれない」と衝撃発言。さらに、24日の試合内容によっては華名のSMASH参戦が今年限りとなる可能性もあると断言したTAJIRIは、「華名が所属選手じゃなかったので今までそういうことを言わなかったんですけど、今回シングルマッチで闘うということで、言うべきチャンスだと思った」と最終通告を華名に突きつけた。はたして、TAJIRIから発せられた最終通告に対する華名の反応はいかに!?

 話題となったことでハングリーさが薄れてしまったのか?
 TAJIRI選手によると、2回目の朱里戦(7.24)あとから徐々に刺々しさがなくなっていったそうです。
 ちなみにマニフェスト発表は8月上旬。週刊プロレス表紙となったのは9月上旬。
 12月24日「TAJIRIvs華名」の内容次第では、スマッシュ参戦も考え直すとも明かした。

 この発言に華名選手本人はTwitterや電話で「どういう意味か?」とTAJIRI選手に問いただす。
 ツイートからも、その凄まじい苛立ちっぷりが伝わってまいりました。…
 更にTAJIRI選手は、クロスする形でアイスリボン・真琴選手に興味を持ち始め、マスコミ公開で指導も行った。
TAJIRIがWWEスーパースターの極意を真琴に伝授! [ Smash News ]
 WWE契約という大きな夢を持つ真琴選手にはハングリーさがあるということか。
 華名選手のライバルと言っていい、さくらえみ選手の弟子をプッシュするのだから、これにもムカツいて当然。

 そして今回の会見。華名ブチギレ。
TAJIRIの“賞味期限切れ女”発言に怒り爆発の華名が大暴れ! [ Smash News ]
“賞味期限切れ女”発言に華名の怒り爆発=SMASH 記者会見でTAJIRIに張り手&ミドルキック [ スポーツナビ ]
 まったく予期しなかった展開に集まった報道陣も静まり返るなか、華名が投げつけた眼鏡を頭にかけたTAJIRIは、「あ~痛かった。怖かった~。でもまあ、悪いことじゃないと思うので」とニヤリ。さらに、華名の一連の行動から「賞味期限切れという言葉はとりあえず半分撤回。でも、これを聞いたらまた怒り狂うだろうな」と語ったTAJIRIは、華名の眼鏡を見つめながら「この眼鏡、覚えておいてください」と、不敵な笑みを浮かべたのだった。と、ここまではしてやったりの表情を浮かべていたTAJIRIも、ここまで華名が感情を爆発させたことに対しては、「女の子があそこまでブチ切れるとは……僕もちょっと精神的ショックがあるなあ」と苦笑いを見せた。

 あまりの切れっぷりに「賞味期限切れ発言は半分撤回」。
■『ハプニングEve’』
12月24日(金)東京・新宿FACE 開場18:00 開始19:00
(※第0試合ハ18時45分開始予定)

▼メーンイベント
 朱里 vs 米山香織
※24日の時点で米山がJWP認定無差別級王座を保持していた場合は同王座戦となる。
▼セミファイナル
 TAJIRI vs 華名
▼第6試合
 KUSHIDA、都宮ちい、みなみ飛香 vs 木高イサミ、真琴、児玉ユースケ
▼第5試合 ハードコアマッチ
 AKIRA vs KAORU
▼第4試合
 小路晃 vs 倉垣翼
▼第3試合
 大原はじめ vs リン・バイロン
▼第2試合
 植松寿絵、中川ともか、チェリー vs 志田光、藤本つかさ、帯広さやか
▼第1試合
 ジェシカ・ラブ vs さくらえみ
▼第0試合
 AKIRA vs バンビ

 TAJIRIvs華名はセミファイナル。
 観客の反応含めて見ると、リアルな展開が広がって更に面白くなるかも。 

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2010-12-22
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
無名ガイジンのクラシカルな試合で超満員の観客を集めた奇跡~スマッシュ10
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 2日ほど経ちましたが大会のマトメと感想を。
 何しろ超満員札止めという事実が凄い。
 旗揚げを発表した時には、「ハッスル残党がまだ懲りないのか」と随分バカにされたものです。

スマッシュ

感動するのが大変だって知ったのが最大の収穫でしたね

TAJIRIが宿敵からFCF王座を奪回
ハードコアマッチに客席が大熱狂 [ スポーツナビ|格闘技|速報 ]

SMASH初のビッグマッチでTAJIRIがスターバックに感動の初勝利!さくらや矢郷ら他団体の選手も存在感を残す [ バトル・ニュース ]

11・22『SMASH.10』(JCBホール)全試合結果 [ Smash News ]
『SMASH.10』TAJIRIによる大会総括 [ EVENT RESULT ]
『SMASH.10』試合後のコメント(1) [ EVENT RESULT ]
『SMASH.10』試合後のコメント(2) [ EVENT RESULT ]
『SMASH.10』試合後のコメント(3) [ EVENT RESULT ]
■11月22日 スマッシュ/東京・JCBホール(3200人・超満員札止め)

▼第0試合 ワールドトライアウト 時間無制限1本勝負
 ○大森隆男(5分12秒 アックスボンバー→片)●ビヨンセン

・大森:試合後コメント「(SMASHでの大森隆男像はイメージできましたか?)俺が生きる道は……キャリアと体のサイズを活かすという意味では、ああいう外人とバンバンやっていきたい。嬉しすぎて言葉が出ないです。自分の体がプロレスに飢えているっていうのが、でかい相手に飢えているっていうのがわかりましたよ」
・TAJIRI:大会総括から「大森さんは試合勘が戻ってないかなと思ったけど、一緒に見ていた人が『格好いいな、大森』って。ボクもそう思ったんですよ。もし良かったら、ボクはまた出てもらいたいと思ったんですよ。またみんなでいろいろ話し合いをして、出てもらいたいですね。AKIRAさんみたいな役割をこなしてくれるんじゃないかな? ああいう人が一人でもいると、コバックもいろんヤツを連れてくるかもしれないし」

▼第6試合 タッグマッチ 時間無制限1本勝負
 ○朱里、華名(12分19秒 ハイキック→片)●さくらえみ、米山香織

・試合後:さくらコメント「もし今日の試合で朱里がさくらに勝って感動したって思う人間がいたら、ふざけんなって感じで。昨日負けて、今日負けて、そっから這い上がった人間が目の前に立った時に勝負し、感動を呼ぶと思います」
 ・さくら「(華名と朱里は)(泣きながら)もっとこの試合はもっともっと本当に高いところでやれたはずなんですよ。もっともっと高い温度で絶対に試合ができたはずなんで、それが悔しいし、JCBの一番上に届かなかったと思う。それは負けた私の責任だし、悔しい。ふがいないと思う。このままじゃ済ませません。もう一回、ちゃんと対等なところまで登っていきたいと思います」
 ・さくら「(華名の変化は感じられた?)私は華名は逃げられるのが強さと思っていました。でも、今日リングに立ってみて、やり切るんだなと思った。ずっとSMASHのリングに上がると思ったので、逃げない強さを感じました、彼女から」

・試合後:華名コメント「SMASHでは女子プロレスのトップの一角と思われている二人に勝てれたことです。でも、私は男子と闘うことに興味があるので、スターバックとかWWEのスーパースターと闘ったらおもろいんちゃうかなと思っているので。まず一発目にTAJIRIさんと闘いたいと思っています。TAJIRIさんと闘うのはおもろいと思うので、12月24日、『ハプニングEve'』というのがあるんだけど、対戦するのを主張したいと思います。体格差は大きなハンディだけど、絶対的なハンディではない。いままで私がやってきたこと、他の女子にできないことの証明になるので、これから私が始める女子プロの概念を楽しみにしてもらえたらなと思います

▼第7試合 ハードコアマッチ 時間無制限1本勝負
 ○KUSHIDA/木高イサミ、スペル・クレイジー(18分54秒 ミッドナイト・エキスプレス→片)大原はじめ、ヘイモ・ユーコンセルカ、●ジェシカ・ラブ

▼第8試合 FCFチャンピオンシップ 60分1本勝負
 ○TAJIRI(17分34秒 バズソーキック→片)●スターバック ※挑戦者・TAJIRIが王者となる。

・TAJIRI:試合後コメント「スターバックが大原の肩を借りて引き上げたのを見て、どっと力が抜けて、観客を見渡して、やっと感動できましたね。感動するって大変なことなんですね。そんな簡単なことじゃない。正直、感動っていう言葉をナメてましたね、ボクたちは。でも、いまは感動できましたよ。戦前に言っていたように、作戦も何も考えずに無の状態で闘うと、押さえ込んだのは最後だけじゃないかな? いつもは丸め込みとか多用するじゃないですか? そういうのが全く出てこなかったんで。ボクが闘っているのではなく、ボクの中の原型が闘っているというか。こんなに出し尽くしたことはなかった」
・TAJIRI「17分ですか? よく恋人といる時間は矢よりも早いっていうますけど、時間って一定じゃないと思うんですよ。17分のようでもあったし、ある瞬間は7月にJCBをやるって決まってからの長さにも感じたし。正直言うとですね、目が半分見えなくて。見えてんだけど、さっきから視界がいっぱい見えているんですよ。JCBが決まってからそういうことが多くなって、首を攻められて段々視界がおかしくなって、いまもおかしいです。でも、感動したくてやってんだから。自分らが感動したいから必死にやるんだよ。そう思いました。僕なんか9月に40歳になるんで、15年プロレスをやっていてあと30年も生きられればラッキー。でも、生まれ変わってもSMASHをやりたいと思いましたね。感動するのが大変だって知ったのが最大の収穫でしたね」

・来年以降、今のところビッグマッチは年1回予定。
・イベントを手伝ったアイスリボン+19時女子の5選手に12.24新宿大会へオファー。

 スターバックからベルトを奪ってハッピーエンド。
 その試合内容に驚かされる。スターバックの必殺技・パイルドライバーを巡り攻防が続く。
 一点集中、ハデな技は控えめ。それでもちゃんと観客が興奮しているのが素晴らしい。見慣れたハンド・スプリング・エルボーで大歓声が沸く。
 ケガで欠場するレスラーが続出している最近のプロレスは、そろそろ限界が来ているように思います。
 今すぐに全部を変えろとは言わないし無理なことは分かっていますが、「TAJIRIvsスターバック」を中心に、そろそろ新しいスタイルを育てる必要はあるはずです(他団体でもK-DOJOなど取り組んでいるところはありますが)。

 もう一つは煽り方の凄さ。
 まぁ、スターバックなんて無名ガイジンですから、彼をメインにして満員にしてしまったことが革命的。
 試合の“意味づけ”さえシッカリできればビッグカードは生み出せる。プロレスはそういうふうにできている。
 新日本プロレスは「NWF」なる米ローカル団体のベルトを有り難がり、タイガー・ジェット・シンやスタン・ハンセンといった無名ガイジンを次々に売り出してドラマを作った。
 スタン・ハンセンはラリアットでブルーノ・サンマルチノの首をへし折ったわけではありません。
 似たようなことを、この情報溢れる時代にスマッシュはやろうとして、しっかり結果を残した。
 これはかなりハードルの高いこと。
 正直、イメージの植え付けが過剰でウンザリすることもある。
 「感動」や「人生」なんて言葉を連呼されると、自分の場合は、悪い意味での胡散臭さを感じ、なるべく距離をとろうと構えてしまう。
 このバランスは相当に難しい。
 でも、JCB大会に関しては、しっかり感動できました。たぶん大会タイトルに使わなくても感動はできていたはず。

 プロレスで感動するにはリアルな部分が絶対必要。
 レスラーとしての技量はリアル。札止めになるのもリアル。女子プロの感情もリアル。
 ファンタジーばかりではプロレスの面白さは伝わらない。どこまでリアルなモノを持っているかが勝負でしょう。
 今のプロレスは“リアル”をハードヒットに求めすぎ。間違いなく感動はするんだけどレスラーの身体は壊れてしまう。
 スマッシュのやっていることの基本は間違ってないと思います。
 1年目より2年目の方が大変なはずだが、そのチャレンジにはメチャクチャ期待します。

ハードヒットの元祖!ジプシー・ジョー参戦

 今後の試合予定。
Smash News
■ 『SMASH.11』
 2010年12月11日(土) 開場17:00 開始18:00 新宿FACE
▼TAJIRI vs ジプシー・ジョー
▼小路晃 vs 鈴木みのる

■ 『ハプニングEve'』
 2010年12月24日(金) 開場18:00 開始19:00 新宿FACE
▼さくらえみ vs ジェシカ・ラブ
 
 ジプシー・ジョー参戦は驚きました。
 TAJIRI選手によると78歳!!!
 まだ現役でたまに試合してるみたいです。
 ハードヒットがアレだとは書きましたが…この人はその元祖みたいな人だw
 お客さんにイスで殴らせるパフォーマンス、まだやるのかなぁ。 

スマッシュ

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2010-11-25
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
11.22 スマッシュ・JCBホール大会速報まとめ
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 この記事は10個の速報記事を1つにまとめたものです。
 試合結果など間違いがあれば訂正してあります。

スマッシュ
 

速報開始

 会場到着。
 当日券売り場はかなり並んでます。
 入口でドリンク分500円払わされる。このシステムなんとかしてよ。
 フードコーナーも行列でドリンク買えない。
 アイスリボンの子が売り子してる。
 五千円の席だが2階バルコニーだった。
 自由席が3階か。
 カード変更アナウンス。
第5試合出場予定だったゴーレム・ナイトが練習中ケガのため急遽欠場。変更カードはリンvsキム&レザーのハンデ戦。

▼第0試合 ワールドトライアウト
大森隆男 vs ビヨンセン

 6時47分頃スタート。
 大森、登場してコーナー上がるも、ややバランス崩す。
 ロープが緩いのか緊張か。
 大森、大人気。
 大森コール発生。
 ビヨンセンはかなり大型。

 試合開始。
 大森はいつもより観客へのアピールが多いような。
 ビヨンセンはスパインバスター、ダブルアームスープレックス見せる。
 大森もエルボーで反撃。
 ビヨンセンのフロッグスプラッシュをかわした大森、アックスボンバー一発でフィニッシュ。

○大森(5分12秒 アックスボンバー→片)●ビヨンセン

 あら、リングアナさん試合タイム言わないのか。
 大森さん大人気。合格でしょう。
 リング下にマイクがあるらしく受け身とると凄い音。
 3分後大会開始。

オープニング。
これまでの大会を振り返る煽りV。
TAJIRIの解説でカード紹介。

▼第1試合
Mentallo vs 獣神サンダー・ライガー

 今日のライガー、髪の色は金(黄色?)。
 スマッシュ・オリジナルの心臓音SEからゴング。

 試合開始。
 Mentalloが序盤からケブラーダで先制。
 リングに戻るとムーンサルト。
 ライガーはブランチャ、場外での垂直落下ブレーンバスターでやり返す。
 Mentalloは掟破りのライガーボム。
 ライガーもライガーボムお返し。
 5分経過。
 ライガーが掌底などラッシュ。
 垂直落下ブレーンバスターで3カウント。

○ライガー(6分44秒 垂直落下ブレーンバスター→体)●Mentallo

 もう少し長い試合タイムにしてあげたかったが…仕方ない。

▼第2試合
スカリーIIホッティ&AKIRA&KAORU&野崎渚 vs ヌンジオ&TAKAみちのく&植松寿絵&中川ともか

 元WWEと女子がごっちゃの8人タッグ。
 スカリーのWORMが決まるかどうかが勝負。
 8人が一人ずつ入場。スカリーの曲は上がるなぁ!

 試合開始。
 ヌンジオが野崎を意識? 無言の圧力で迫ると野崎は逃げ出しスカリーにタッチ。
 スカリーはノリノリ。
 植松はAKIRA相手に腕の取り合いでコントロール。
 5分経過。
 TAKAがWORMを狙うとKAORUが机で一撃。
 今度はAKIRAがWORMを狙うと…パートナーのスカリーが睨む。
 TAKAと中川の連携が多い。
 KAORUはムーンサルト披露。
 最後はためにためてスカリーが必殺WORMで勝利。

○スカリー(10分39秒 WORM→片)●ヌンジオ

 試合後、植松と中川がスカリーにキス。
 盛り上がりました。

▼第3試合 ワールド・レジェンド・リバイバル
ルーク・ウィリアムス vs 児玉ユースケ

 ウィリアムスはブッシュワッカーズ時代と同じく両腕を大きく振って登場。
 試合開始。
 児玉もブッシュワッカーズのウォークを真似。
 ウィリアムスはラリアット、パンチ、変形DDT放つ。
 児玉はドロップキック、スパインバスター。
 けっこうガンガンと攻める。
 トップコーナーから大技狙った児玉を、ウィリアムスはトップロープに足を引っ掛けた状態でDDT。
 カウント3。

○ウィリアムス(5分4秒 変形DDT→片)●児玉

 試合後、次回大会カード発表。
 なんと、TAJIRIvsジプシージョー!!

▼第4試合
小路晃 vs 矢郷良明

 矢郷のセコンドで大家健も登場。
 頭突きvs殺人コブラ。

 試合開始。
 小路は序盤から頭突き連打。
 矢郷はコブラツイストを狙うが…小路すぐ場外エスケープ。
 場外で大家が手を出すも頭突きで返り討ち。
 序盤は矢郷攻勢。
 小路は矢郷のコブラツイストを切り返し一気にカナディアン背骨折りへ担ぐ。
 こんなの初めて見た。
 小路は矢郷のコブラツイストをワキ固めで切り返す。
 そして頭突き連打。

 5分経過。
 大家はずっと場外に倒れているらしい(よく見えない)。
 小路が頭突き連打。
 ふらつく矢郷に頭突き一発。
 バタリと倒れた矢郷を小路がフォール。

○小路(6分23秒 頭突き→片)●矢郷

 小路が矢郷を認めるマイク。
 起き上がった矢郷、「ジャーナリストとして今日は勝利者インタビューしたい。小路選手、今日の勝因は?」。
 小路も普通に答える。
 ついには「好きな女性のタイプは?」
 小路「ケバ目の人か…」
 最後は大矢郷コール。

 次回大会カード発表。
 小路vs鈴木みのる!

▼第5試合
リン・バイロン vs キム・ナンプン&レザーフェイス

 ゴーレムは欠場。ハンデ戦に変更。
 レザーフェイスが入場で大暴れ。
 2階席の私の目の前までチェーンソーの火柱が上がる!
 でも通る「道順」は決まってるのかな。

 試合開始。
 リンの攻撃がレザーフェイスにまったく通用しない。
 キムは怪しい動きながらも体格差でリンを振り回す。

 キムとレザーフェイスが仲間割れ。
 リンはレザーフェイスのブレーンバスターを切り返し丸め込む。
 分断したところ、キムにムーンサルト。

○リン(5分29秒 ムーンサルトプレス→片)●キム

 休憩。

▼第6試合
朱里&華名 vs さくらえみ&米山香織

 注目の女子タッグマッチ。
 昨日、田村とのタイトルマッチで敗れたばかりのさくらは大丈夫か?

 試合開始。
 朱里vsさくらのグラウンドからスタート。
 タッチを受けた米山が華名を引っ張り出しバチバチやり合う。
 華名がアンクルホールドからスープレックスへ。
 さくらは観客にアピールする楽しい攻防の中に激しさを盛り込む。

 5分経過。
 米山&さくらが一気の攻め。
 朱里が長くつかまる。
 ようやくタッチを受けた華名は見事なミサイルキック。
 さくらvs華名。さくらは女子プロ技のヘアーホイップ!
 華名はワキ固め。華名がヒップアタック。
 朱里が各種キックで攻める。
 さくらはシュークリーム(変形カナディアン背骨折り)。

 10分経過。
 米山がローリングジャーマン。
 さくらが2階からにゃんにゃんプレス。
 カウント2。
 さくらと華名が強烈な張り手合戦。
 華名が振り下ろすようなパンチ?でダウン奪う。
 華名&朱里がさくらにサンドイッチのキック、華名が裏拳、そして朱里が必殺のハイキック。
 3カウント。

○朱里(12分19秒 ハイキック→片)●さくら

 米山が朱里とのタイトルマッチをアピール。
 華名は「朱里とは戦った方がいい」
 朱里が挨拶。
 イイ試合でした。四人全員良かった。

▼第7試合=セミ ハードコアマッチ
KUSHIDA&木高イサミ&スペル・クレイジー vs 大原はじめ&ヘイモ・ユーコンセルカ&ジェシカ・ラブ

 凶器使用OKのハードコア。
 トルネード・ルール。
 ほとんどの選手が凶器を持って登場。
 刃物もあったような…。
 KUSHIDAはラダーを持って登場。

 試合開始。
 いきなり四方に散って場外乱闘。
 しかしすぐリングサイドに集まる。シングルマッチのように一人ずつ入って戦う。昔のみちのく六人タッグみたい。

 ジェシカにキスされた木高、強烈なドロップキックを顔面にぶちこむ。
 ユーコンセルカが机に寝かせたクレイジーに、ジェシカをパワーボムで叩きつけるが…机割れず。2度たたきつ割れる。
 ジェシカ痛そう。

 10分経過。
 クレイジーがかなり高い位置から飛んだ、らしい(私の席から完全に死角、全然見えなかった)。
 有刺鉄線ボードが持ち込まれ次々と餌食に。
 15分経過。
 KUSHIDA&木高が連携技でペース掴む。
 木高がラダーを乗せた大原へ椅子付きダイビングニードロップ。
 KUSHIDAは大原の腕に竹刀を挟みドラゴンスープレックス。
 カウント2。
 木高が竹刀を両手に横に持ったままトペ。
 リングに残ったKUSHIDAがラダーに上がりミッドナイトエキスプレス(スターダストプレス)。
 カウント3。

○KUSHIDA(18分54秒 ラダーからのミッドナイトエキスプレス→片)●ジェシカ

 ※すいません、かなり省略した速報になってます。
 試合後、ダウンするジェシカの前で大原が号泣。
 大原はジェシカを抱きかかえ退場。

 次はメイン。

 試合前、スターバックの天敵、マイケルコバックがリングで挨拶。
 リングサイドでメインを観戦。

▼第8試合=メイン FCFチャンピオンシップ
スターバック(王者) vs TAJIRI(挑戦者)

 試合前、よく聞き取れなかったのですが、フィンランドのエライ人が選手に花束贈呈。

 試合開始。
 スターバックはそんなに大きくないんだなぁ。
 じっくりとした展開からスタート。
 スターバックはリングサイドのコバックが気になる。
 5分経過。
 スターバックがトラースキック、仔牛の焼き印押し。
 ここから首への集中攻撃を始める。
 スターバック、タイガードライバー。
 更にスリーパー。TAJIRIコール発生。

 10分経過。
 スリーパーをエスケープされるとSTFへ。
 スターバックがサイドスープレックス、フィストドロップ。
 トップコーナーのスターバックをTAJIRIはデッドリードライブ。
 TAJIRIがハンドスプリングエルボー。
 見慣れた技に大歓声。
 TAJIRIが、タランチュラ、雪崩式回転エビボム。

 15分経過。
 スターバックがバックドロップで逆襲。
 パイルドライバー狙いをTAJIRIがカット、バズソーキック!
 しかしカウント2。
 ペース奪い返したスターバック、ついにがドリルアホール・パイルドライバー炸裂!
 脳天突き刺さる。しかしカウント2でキックアウト!
 今度はTAJIRIがパイルドライバー!
 そしてバズソーキック!
 カウント…3!

○TAJIRI(17分34秒 バズソーキック→片)●スターバック

 TAJIRIとスターバックが握手、抱擁。
 そこにコバックが現れ健闘を讃える…と見せかけスターバックを攻撃。
 趙雲子龍獅龍の得意技に少し似てるバスターを放つ。
 大原がスターバックを抱え退場。

 TAJIRIが涙のマイク。
 「ベルトを取ったことより満員になったのが嬉しい。プロレスより素晴らしいものはない」
 「プロレスを愛してることに誇りを持ちましょう」
 スマッシュ所属選手が円陣をくみ「ウィアー、スマッシュ!」。
 VTR流れエンディング。
 3200人超満員札止め。

 スマッシュ初観戦でしたが…予想以上に面白かった。
 こりゃやられたなあ。
 確かに、ある意味では革命的な興行だったかも。

 速報終了です。

SMASH.10 [ スポーツナビ | 格闘技 ]

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2010-11-22
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 4 | トラックバック
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
  • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
  • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
  • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
  • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
  • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
  • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
  • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
  • あらやどん…目の具合の方はいかがですか?新ブロ...
  • ツカタ…「MVP」藤本つかさ 「最優秀試合」杉...
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY