プロレス専門BLOGブラックアイ2

プロレスとカテゴライズされる可能性があるモノを追い求め、ニュース・情報を紹介。だいたい毎日更新。



プロレス ブログランキングへ
 このBLOGが面白いと思ったらクリックを。
SEARCH

■BLOG記事内検索
 スペースで区切るとand検索。コメント・トラバからも検索します。

NAVI
最近20件の記事
PR

<注意>当ブログからamazonページに飛んだ先のURLを他サイト・掲示板などに貼る(転載する)のは止めてください。




 ■コチラもどうぞ…

プロレス・格闘技DVD&グッズ

etc


sitemap1
sitemap20
sitemap16



ブラックアイ2/Twitter
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
11.24 スマッシュ23・後楽園ホール大会速報まとめ
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
※この記事は9つの速報記事を1つにまとめたものです。試合結果は正しいものに書き換えてあります。




速報開始 

 観戦できることになりました。
 会場から速報します。
 今日の会場は、南側席の中央6段ほど客を入れている。
 いつもはリング直結の花道だったと思うが今日はなし。
 大会開始は18時30分。

今日は矢郷さんがリングアナ。
普通に諸注意アナウンスしてるから気づかなかった(笑)

入りは今のところ7〜8割。
平日だからもう少し埋まるだろうけど満員マークはどうだろう。

開始ブザー、オープニングV。

▼第1試合:土肥孝司デビュー戦
AKIRA vs 土肥孝司

 土肥はスマッシュトレーニングキャンプからのプロ第1号。
 元暴走族のトップだったという。

 土肥は入場曲なしでリングイン。
 レザー系の黒ショートタイツ。
 試合開始と同時に土肥はAKIRAに向かい突進も、当然ペースはAKIRAが奪う。
 土肥はブリッジの攻防にも対応。
 張り手合戦も気合い出てて良い。
 粘っこいAKIRAの攻めを切り抜け土肥がビックブーツ。
 5分経過。
 土肥が切れのいいエルボー。
 しかしAKIRAは延髄蹴りから逆エビ固めに。
 土肥はかなり粘るも、リング中央まで引き戻され逆エビ→オールドボーイと繋がれ土肥タップ。

○AKIRA(6分24秒 オールドボーイ)●土肥

 試合後、AKIRAは健闘を称え土肥の手を挙げる。

▼第2試合
真琴 vs 雫あき

 前大会で華名相手にインパクト残した「お寺プロレス」代表・雫がスマッシュ第2戦。

 試合開始。
 雫がアームロック、足関節とグラウンドで真琴を圧倒。
 真琴は丸め込み、ヘアーホイップ。
 技の対比が面白い。
 雫ペースで試合は進むも、真琴は執念でダブルアームスープレックス決める。大歓声。
 真琴はダイビングボディアタック、WWニー。
 更にスピアー放つもキャッチされ不発。
 雫のデスバレーボム狙いを着地した真琴は丸め込み連発。
 5分経過。
 雫は首固めにくる真琴を途中で止めてぶっこぬきブレーンバスター!
 続けて強烈なスピアー。観客どよめく。
 ジャーマン、デスバレーボム。
 フォール行かず厳しい角度の逆エビ固め!
 真琴は即タップ!

○雫(6分23秒 逆エビ固め)●真琴

 雫、強い!

 次回大会、雫、中川、天龍の参戦発表。

▼第3試合
木藤拓也&紫雷美央&小仲=ペールワン vs 松田慶三&平野勝美&市来貴代子

 木藤の推薦で小仲=ペールワンがスマッシュ初登場。
 松田率いるIWAジャパン軍からは市来貴代子登場。

 煽りV、木藤のラップに観客大爆笑。
 木藤はリングに上がるとラップで紫雷と小仲を呼び込む。
 小仲はトップコーナーで逆立ち座禅。
 観客大拍手。小仲も足で拍手。
 IWAジャパン軍は松田のラップで登場。
 小仲は相手チーム入場中も逆立ち座禅していたが、市来入場前に下りる。
 何か察知したんだろう。

 市来のコールと共に両軍入り乱れ試合開始。
 紫雷と市来が激しくやり合う!
 髪の毛つかみ合い。
 小仲がロープワークから一度止まって松田の顔面に裸足をペタリ。
 松田「臭い!」。
 5分経過。
 小仲がヨガ式STF。
 紫雷が小仲とタッチしてくれず小仲ローンバトルに。

 10分経過。
 小仲の動きにイチイチ歓声。
 松田へ紫雷が張り手→木藤ラリアット。
 カウント2。
 松田がトランク持ち込む。中からお菓子が。
 木藤が集中攻撃くらい市来のダイビング・フットスタンプ(一度失敗)で3カウント。

○市来(11分20秒 ダイビング・フットスタンプ→片)●木藤

 次大会、木藤は北都プロレスから大矢剛功、ルールルルの参戦予告。
 松田はIWA軍からジ・ウインガー参加予告。
 木藤「北都プロレスにもウインガーは出てる」。
 松田は「だったら」と、ウインガーの素顔・岡野隆史の参加予告。
 IWAジャパンvs北都プロレスの全面戦争勃発。
 紫雷は「関係ない」と対抗戦ではレフェリーを志願。

 小仲はまた呼ばれそう。盛り上げてました。

▼第4試合
児玉ユースケ vs YO-HEY

 成長著しいYO-HEYにスマッシュ生え抜き児玉がぶつかる。

 試合開始。
 互角の攻防続く。
 YO-HEYの場外ダイブは児玉がリング戻りカット。
 5分経過。
 児玉が顔面へのゼロ戦キックからドロップキック連発。
 児玉がハイアングルのバックドロップ。
 エルボー合戦からYO-HEYがチョップで打ち勝つ。
 YO-HEYが独特な動きでペース掴む。

 10分経過。
 YO-HEYがバンブードラゴンフライ(横回転式ダイビング・ボディプレス)放つが…児玉かわす。
 横十字系の丸め込みで児玉が勝利。

○児玉(10分11秒 横入り式エビ固め)●YO-HEY

 次回大会に大日本から伊東竜二、佐々木義人、石川晋也参戦発表。
 AKIRA&児玉&YO-HEYと対戦

▼第5試合:ハードコアマッチ
朱里 vs リン・バイロン

 リン・バイロンが久々にスマッシュ登場。“ビッチ”化からまとに戻ったか?

 リンはごみ箱など幾つか凶器持ってきた。
 朱里は竹刀だけ。
 試合開始。
 リンが刀(模造刀?)、朱里が竹刀でやり合う。
 朱里がキックでラッシュ。
 しかし場外戦でリンがペース掴む。
 凶器乗せた場外の朱里へエプロンからのサンセットフリップ!
 リングに戻ると机を巡る攻防。
 リンはちゃんと立たせた机ごと朱里をドロップキックで吹っ飛ばす。
 朱里はトップコーナーから机に雪崩式ブレーンバスター放とうとするが…不発。
 5分経過。
 リンの脚立最上段からのムーンサルトは自爆。
 朱里が狂ったように竹刀連打連打。

 10分経過。
 ごみ箱かぶせたリンへ朱里がバズソーキック。
 カウント2。
 続けてジャーマン・スープレックス・ホールド。
 ややブリッジふらつくが3カウント。

○朱里(10分49秒 ジャーマン・スープレックス・ホールド)●リン

 朱里「リンちゃん…お帰り!」
 そして二人は抱き合う。
 リンが完全に元へ戻ったようです。

 スマッシュ公式サイトのリニューアル発表。
 休憩。
 矢郷さんが普通に売店告知アナウンス。

▼第6試合 SMASHディーバ・チャンピオンシップ
華名(王者) vs 中川ともか

 華名の保持するDIVAタイトルの初防衛戦。
 TAJIRIが「最強」と語る中川ともか、華名のサブミッションにも対応できるか?

 試合開始。
 華名はグラウンドとキック、中川はスピーディーな動きで勝負。
 華名のミドルキック連打に中川は延髄蹴りでやり返す。
 中川が後ろから座った華名へ延髄蹴りも、華名は背後で蹴りをキャッチして足関節→片足折ったままのバックスープレックス。
 中川もすぐドロップキック返す。
 中川が鎌固めのような形で首を極める。
 中川が打撃かい潜り座った華名へラリアット。
 中川が丸め込み連発、かなり追い込むが3カウントならず。
 華名が打撃でラッシュ。
 腕十字→腕折り。かなり厳しく腕を攻める。
 なんとか中川は脱出。
 華名のキックをかわして中川がスクールボーイで丸め込み。
 体重のかけ方が上手い!
 カウント3!

○中川(8分53秒 横入り式エビ固め)●華名

 中川が王座奪取!
 3カウントの瞬間、驚きの歓声。
 両者の全く違うスタイルをぶつけ合うような試合。
 それにしても王座移動は驚いた。

▼第7試合=セミ
TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン vs 大原はじめ&ジェシカ・ラブ

 オカマから完全な「女性」となったジェシカ・ラブがスマッシュ初登場。

 青コーナーはTAJIRI→ウルティモの順で入場。
 試合開始。
 大原コールの中スタート。
 大原とウルティモが流れるような噛み合う攻防。
 TAJIRIvsジェシカ。  
 TAJIRIがバックとると客席ざわめく。
 ジェシカがブロンコライド。
 ジェシカが攻撃されるとブーイング。
 5分経過。
 大原は一人でベテラン二人蹴散らし大歓声受ける。
 TAJIRIのハンドスプリング・エルボーに「ここまで沸くか」というほどの拍手。

 10分経過。
 TAJIRIが珍しく卍固め。
 ジェシカがスワントーンボム。
 TAJIRIがバチンと決まるトラースキック。
 しかしバズソーをガードした大原がフィンランド式フォアアーム放つ。
 一度は当たりも浅くキックアウトされるも二発目で3カウント。

○大原(12分58秒 フィンランド式フォアアーム→片)●TAJIRI

 フィニッシュ以外でも最初から最後まで盛り上がりまくった試合。
 大原応援団がいるとはいえ、このカードでここまで盛り上げるのは。

▼第8試合=メイン SMASHチャンピオンシップ
スターバック(王者) vs デーブ・フィンレー

  “恐怖の大王”デーブ・フィンレーがついにスマッシュ登場。
 外国人同士によるタイトルマッチでメイン。

 選手コール、フィンレーにも紙テープ飛ぶ。
 試合開始。
 歩くだけでフィンレーはぐいぐいプレッシャーかけていく。
 がっちりロックアップ。
 フィンレーがけい動脈クロー!
 普通の技なのに迫力が違う。
 フィンレーがスリーパー。
 ガチっ!と入る。これまた普通な技なのに凄い迫力。
 フィンレーはストンピングも強い。
 スターバックがグラウンドで上になりパンチ連打。
 しかし反撃は一瞬。
 フィンレーだけ場外出てリング角にスターバックの顔面を叩きつける。
 リングに戻るとフィンレーはスリーパー。
 スターバックはスリーパー決められながら「シャ!シャ!」。
 5分経過。
 フィンレーがジャンピング・ヒッププレス。
 フィンレーがカニ挟み→ヘッドロック。
 スターバックがエルボーで反撃。
 フィンレーが場外エスケープ。
 しかし場外からスターバックの足を捕まえ鉄柱に足を打ちつける。
 ついでにスターバックに声援するファンを威圧。
 フィンレー逆片エビ→レッグロック。
 ロープに一度逃げるがまたレッグロック。
 横から入るインディアンデスロック。

 10分経過。
 フィンレーがロープにぶつけるようなボディスラム連発。
 スターバックがニールキック、ブルドッキングヘッドロックと反撃。
 片足を掴むフィンレーへ延髄蹴り。トラースキック。
 カーフブランディングはフィンレーのデッドリードライブで不発。
 フィンレーがイスを持ち出す→スターバックがスライディングキックキックでイスごと弾き飛ばす。
 フィンレーがDDT。フィンレーがWWEでも使っていた「こん棒」を持ち出す。
 フィンレーが隙を突きイス攻撃!
 続けてペディグリーのようなドライバー。
 フィンレーがカナディアンロッキーバスター。
 スターバックが首固め。 
 カウント2。
 スターバックがカウンターのトラースキック。ようやくチャンス!

 15分経過。
 スターバックがパイルドライバー狙いも、フィンレーがカット。
 フィンレーがシュバイン(リアリティチェック)。
 カウント2。
 フィンレーがツームストン・パイルドライバー!
 カウント3!

○フィンレー(15分58秒 ツームストン・パイルドライバー→片)●スターバック

 フィンレーはスターバックに握手を求める。
 おそるおそる握手、抱擁もやはりフィンレーが攻撃。
 大原らも入ってくるが返り討ちに。
 TAJIRIとAKIRAも現れるがエプロンから動けない。
 フィンレーはこん棒でベルトをカンカンと叩き、睨みきかしたまま退場。
 TAJIRI「怖くて動けなかったんだよ」※やや違うかも
 大原が挑戦に名乗り。
 敵対してるはずのTAJIRIと大原が抱き合う。
 打倒フィンレーに団結か。
 大原の「ウィアー、スマッシュ!」で締め。

 いやーフィンレーは凄かった。
 プロレスの説得力とは何かを見せつけてくれた。
 感想はまた。

 速報終了です。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-11-24
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
本日は(たぶん)スマッシュ・後楽園大会を速報します~スターバックvsデーブ・フィンレー
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ちょっとまだ確定ではないのですが、スマッシュ・後楽園大会を観戦予定です。
 見る場合は会場から携帯で速報します。

 デーブ・フィンレーの来日が話題。



 一言もしゃべらずとも威圧感が凄い。
 正直言って、これまでスマッシュに上がったヨーロッパ系レスラーと比べ、数段レベルは違うでしょう。
 ディック東郷に「手のひらで転がされた」と言わせる男。
拝啓、マサ斎藤さん。 ディック東郷は当たって砕けました:本人直送ワールドツアー:東スポWEB-東京スポーツ新聞社
 できれば20分ぐらいフィンレーの試合を堪能したいのだが…早く終わる可能性もあるかな。うーん、スターバック頑張れ!
 ちなみにフィンレーは、WWEで封印していたツームストン・パイルドライバーをフィニッシュとして用意しているようです。パイルドライバー対決。
■11・24『SMASH.23』(後楽園ホール)開場17:30 開始18:30
▼第8試合=メイン SMASHチャンピオンシップ
 スターバック(王者) vs デーブ・フィンレー
▼第7試合=セミ
 TAJIRI&ウルティモ・ドラゴン vs 大原はじめ&ジェシカ・ラブ
▼第6試合 SMASHディーバ・チャンピオンシップ
 華名(王者) vs 中川ともか
▼第5試合:ハードコアマッチ
 朱里 vs リン・バイロン
▼第4試合
 児玉ユースケ vs YO-HEY
▼第3試合
 木藤拓也&紫雷美央&小仲=ペールワン vs 松田慶三&平野勝美&市来貴代子
▼第2試合
 真琴 vs 雫あき
▼第1試合:土肥孝司デビュー戦
 AKIRA vs 土肥孝司



 大会開始は18時30分。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-11-24
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
大会中に地震発生も選手・観客に動揺ほとんどなし~7.15 スマッシュ・後楽園ホールは超満員札止め
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 相変わらずスマッシュは話題が多い。後楽園ホール大会を間単にまとめ。

バトル・ニュース|試合速報・結果|天龍が逆水平やグーパンチを打てば、藤原は一本足頭突きやコブラクローでやり合う!エッジ式スピアーで新生・真琴をアピール!

聖地・後楽園に“神”VENEY降臨

ミックスドタッグマッチで藤原組が天龍組に快勝 日米女子技巧派対決はセリーナが中川に勝利 [ スポーツナビ ]
天龍が逆水平やグーパンチを打てば、藤原は一本足頭突きやコブラクローでやり合う!エッジ式スピアーで新生・真琴をアピール! [ バトル・ニュース ]
『SMASH.19』TAJIRIによる大会総括 [ EVENT RESULT ]
 メインの6人タッグ「天龍&TAJIRI&朱里vs藤原&FUNAKI&華名」、それぞれが味を出しまくった末にFUNAKIがスクールボーイでTAJIRIをフォール。天龍は華名にチョップ&グーパンチ。
 噂の「神」VENENOは普通にイイ選手だったようです。ダイビング・セントーンで木藤に勝利。

 また、午後9時頃に栃木を震源に関東地方で地震が発生。
栃木南部で震度5弱、東京でも震度4 [ MBS毎日放送の動画ニュースサイト - ]
バトル・ニュース
 煽りVの最中に会場内でも十分揺れを感じる地震が発生したが、観客が騒ぎ出すほどのものではなくそのまま進行。リング上に天龍や藤原が揃った頃には観客も歓声をあげていた。

 試合後のコメントによると、入場直前だった選手は集中していたためか、ほとんど気がつかなかったそうです。
 ちなみに、後楽園ホールは震度5で興行中止となります。今回、都内は震度4でした。お隣の東京ドームでは試合が一時中断されました。

 そのほかの情報をまとめて。
  • 次回、8.11後楽園ホール大会に藤波辰爾(ドラディション)、宮本裕向(666)参戦。藤波はMentalloとシングル。
  • 8.11後楽園ホール、決定カード:トーナメント2回戦・スターバックvs天龍。
  • 中川ともかはセリーナに敗れるも、相変わらずTAJIRIは「エディゲレロのような感じ」「ミス・パーフェクト」とベタ褒め。
  • 栗原あゆみが本部席で観戦(紹介などはなかったようです)。TAJIRIは「あの子が出てきたら、またあの子も満足感を得られるような空間を絶対に体感させてあげる」。
  • 矢郷良明の四コマ漫画が電子書籍で発売に。
  • Rayがマスクを脱がされ反則勝ち。素顔は見えず。
  • 真琴はエッジ式スピアーで都宮ちいに3分59秒で勝利。
  • 百田光雄、第1試合で勝利。
  • 王座決定トーナメントはフィンランドのFCFでも行われ、その様子がビジョンで流れる。
 会場は1500人・超満員札止めの発表。
 毎回、思うのですが「このカードで満員か!」と驚かされます。営業力もあるんだろうけど、興行の魅力が伝わりつつあるということだろうか。
 他の団体ではできないことをやっていると思います。

YO-HEI「人としての裏切りがないように日々生活していきたいと思います」

 そして、第2試合のワールドトライアウトには YO-HEY選手が登場。
 かなりイイ動きを見せ、試合後すぐにAKIRAが「合格」を宣言。

 試合後のコメント。
EVENT RESULT
■第2試合
【AKIRAのコメント】
 あいつ随分闘ったと思うんだよ、お客さんや世間の目とね。でも、俺は今の判断しかないから。いまの試合、それと将来性。それを考えたら面白いよね。一個、技で残念なモノがあったけど、そこから崩れることなくフォローできたし。若いにしてはかなりの上手さ。あとは何よりもあいつが長けているのは技どうのこうのよりもエモーショナル。そこを出せる、そこにこだわって試合しているヤツはそうそういないから。こいつを手放すわけにはいかないと思いました。
 だから、将来性を考えていというのもあるけれど、俺とFUNAKIさんとTAJIRIさんにも、そしてSMASHにも決して泥を塗ることがないように。

【YO-HEYのコメント】
そうですね、正直、AKIRAさんには試合後に合格というありがたい言葉をいただきましたけど、自分では全然何もできてないし、まだ不合格のつもりで、次回チャンスをいただいたんですけど、次回出場できるときは今日以上のモノが出せるようにトレーニングして、次に繋げたいと思います。
(SMASHに泥を塗るなという注文があったが?)ごもっともですね。確かに自分のモットーでもあるんですけど、プロレスラーとしては当たり前ですけど、一人の人間としてSMASHに参戦させていただけるということで、人としての裏切りがないように日々生活していきたいと思います。悔しいッスね。まあ、これで終わりじゃないんで、ここで落ち込んでいても何も始まらないんで、しっかり前を見て、次回に繋げられる日々を送っていきたいと思います。

 結局、YO-HEY選手の過去を明かすようなことはありませんでした。
 自分が「事前にファンへ伝えておいたほうがいい」と思ったのは、プロレス関係以外のマスコミが取り上げて騒ぎ立てることを恐れたからです。そうなった時に変なショックをファンに与えてしまいそうで。
 ただ、復帰に反対なわけではありません。一度の失敗で全て切って捨てるようなことはしたくない。自分が同じ立場になたったら、ということも考えます。
 世間と戦ってきたことすらも糧にして、プロレスラーとして生き抜く覚悟をこれから見せてください。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-07-16
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 2 | トラックバック
引っかかりのある試合が連続~1.29 スマッシュ.13
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ちょっと時間もないので簡単に昨日の感想。
 スマッシュ・新宿FACE大会、昼夜興行の夜だけ観戦。

スマッシュ

大森隆男、スマッシュの一員に

 日曜日の大阪大会含めた各大会リンク。

<1月29日・昼>
1・29『SMASH.12』全試合結果 [ Smash News ]
TAJIRIが盟友クレイジーと日本で初めて行ったシングルで辛勝!スターバックとの欧州最強決定戦はコバックが急所攻撃で勝利 [ バトルニュース ]

<1月29日・夜>
1・29『SMASH.13』全試合結果 [ Smash News ]
暴挙&反則攻撃でコバックが勝利し、TAJIRIは王座陥落!復活スターバックに大森が挑戦表明!真琴は元WWEディーバ相手に大健闘! [ バトルニュース ]
1.29 スマッシュ13、速報まとめ [ プロレス専門BLOG:ブラックアイ2 ]

SMASH昼夜連戦 他では味わえぬ面白さ [ 須山浩継伯爵の身勝手日記 ]

<1月30日・大阪>
1・30『SMASH Live in Osaka』全試合結果 [ Smash News ]
 今日はメインのタッグでTAJIRIがスターバックにフォール負け。
 ストーリー的な大きな動きはなかったようです。

 で、感想。
 ひじょうに面白い大会でした。ラストはバッドエンド、年間ベストバウト級の試合があったわけでもない。興行全体でも「大満足!」ってほどでもない。
 でも、それぞれの試合に何かしら引っかかるというか、印象に残る点が多くある。見終わると凄く濃い内容だったと感じた。
 “引っかかり”はそれぞれの試合いろいろ。大森さんのハツラツぶりだったり、リン・バイロンの鬼気迫る攻撃だったり、セリーナと必死に戦う真琴の姿勢だったり。
 リアルな感情がビンビン伝わってくるからのめり込む。それを引き出すマッチメイクと技量のあるレスラーも素晴らしい。
 元WWEのセリーナの試合はシビレた。あんなに巧い選手だとは知りませんでした。間違いなく世界トップクラス。真琴選手は中途半端な相手とやるより全然良かった。
 大森隆男vsAKIRAはなんであんなに熱い闘いとなったのか?2人ともいいオヤジだ(笑)。
 期待の「スペル・クレイジーvsスターバック」、まぁ面白かったんだけど、個人的にはハードコアじゃなくてノーマルな試合で見たかったかも。
 デカいくせに勝つためなら反則お構いなしのマイケル・コバック、「早く倒してスマッシュから消してくれ」の声が多いようですが、次の挑戦者は誰でしょう? いろんな意味で厄介。

 スマッシュは3月に後楽園ホール初進出。ここが2011年前半のビッグマッチか。

スマッシュスマッシュ
スマッシュスマッシュ

 壁、ヤバイだろうなぁ~。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-01-31
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
1.29 スマッシュ13、速報まとめ
「はてなブックマーク」「ツイートする」ボタン&リンク数確認はこちらからお願いします。
 ※この記事は8つに速報記事を1つにまとめたものです。試合結果は正しいものに書きかえてあります。


速報開始

 会場に到着。
 実はスマッシュの新宿大会は初観戦。
 リング近くていいです。
 ビジョンで選手出演のCMが次々流れてる。
 続々お客さんやってくる。
 満員になるでしょう。

 TAJIRI各試合解説のオープニングVからスタート。
 超満員札止めの発表。

▼第1試合 ワールドトライアウト
木藤裕次 vs D-レイ3000

 IWAジャパンなどで活躍したYUJI KITOが本名でトライアル挑戦。
 相手は野人系?のDレイ。アフロ。

 試合開始。
 何やらわめくDレイ。
 木藤はロープークからのジャンピングエルボー、サイドスープレックスなどで着実に攻める。
 5分経過。
 Dレイは各種ヘッドバットで沸かす。
 木藤がバックドロップ→Dレイ着地→木藤がロックボトム。
 そしてクロスフェイスへ。

○木藤(6分59秒 クロスフェイス)●Dレイ

 木藤が完勝。
 キャリアあるし技術的にはもちろん問題ないがテストはどうなるか。
 Dレイはインパクト残せず。

▼第2試合
AKIRA vs 大森隆男

 大森、最終トライアウト。
 ロックアップから試合開始。
 大森、気合い入ってる。
 コーナー串刺しアックスボンバーはAKIRAがカット。
 5分経過。
 AKIRAのチョップに大森はエルボー、観客どよめく。
 AKIRAがミサイルキック、オールドボーイ(ステップトーホールド&コブラツイスト。
 足へムササビプレス。AKIRA足攻め。
 10分経過。
 チョップ合戦から大森がフルネルソンバスター、ダイビングニードロップ。
 そしてアックスギロチン。
 カウント2。
 アックスボンバー→AKIRAカット→AKIRA延髄蹴り(ヒット)→それでも大森アックスボンバー。
 ダブルダウン。
 大森がアックスボンバー、AKIRAは腕クロスでガードするがそれでも吹っ飛ばされる。
 AKIRAが延髄蹴り、変則の丸め込みと畳み掛け。
 AKIRAがDDTも、大森はすぐに立ち上がる。
 AKIRAはもう一発DDT。
 そしてムササビプレス。
 フォール行かずもう一発。
 カウント3。

○AKIRA(14分4秒 ムササビプレス2連発→片)●大森

 AKIRAは「スターバックと戦え!」とマイク。
 観客大拍手。
 素晴らしい試合!負けはしたがテスト合格文句なしでしょ。

▼第3試合
朱里&児玉ユースケ vs 小路晃&リン・バイロン

 小路スマッシュラストマッチ。→明日の大阪大会がラストでした。

 朱里vsリンで試合開始。
 レスリング攻防。
 朱里が強烈なミドルキック出すとリンはカンフー系のパンチでやり返す。
 5分経過。
 小路がジャイアントスイング。
 児玉がなかなか反撃できない。
 小路と朱里がキック・掌打で激しくやりあう。
 凄い凄い!
 朱里はリン相手にも打撃。
 リンがコーナー反転してキックからスワンダイブ技で逆転。
 10分経過。
 朱里vsリンでエルボー合戦。
 朱里がSTO系の技。
 児玉が小路にDDT。
 小路が抱え上げてからの払い腰。
 リンが控えの朱里に強烈ななキック。客席悲鳴。
 リンが横回転しながら飛ぶムーンサルトで児玉から勝利。

○リン(12分33秒 ロー林グプレス→片)●児玉
 試合後もリンと朱里は激しくやりあう。

▼第4試合
真琴 vs セリーナ

 試合開始。
 セリーナは真琴の腕に集中攻撃。
 真琴もグラウンドで切り返し上をとる。
 真琴がロープ走ってクロスボディ。
 しかしセリーナは強烈なチョップで完全にペース握る。
 真琴はダブルチョップ連打で反撃。
 早くも得意のWWニー(側転からのニードロップ)。
 カウント2。
 5分経過。
 セリーナがスピアー。
 真琴は場外エスケープ。
 場外で苦しむ真琴をセリーナはリングに戻す。
 セリーナが各種キック攻撃。
 ロープに張り付け状態の真琴にミドルキック。
 セリーナは観客を煽りながら余裕で真琴を攻撃続ける。巧い。
 セリーナは腕をとりながらボディに肘を突き付ける。これだけで真琴は悲鳴。観客は真琴に声援。
 10分経過。
 セリーナのコーナータックルを真琴かわす。
 しかし立ち上がるのが遅い。
 エルボー合戦から真琴がジャンピングキック!
 さらに真琴がミサイルキック。
 カウント2。
 続くタブルアームスープレックス狙いはセリーナ堪える。
 体入れかえセリーナが逆襲。
 セリーナがロープを一往復走ってからのスピアー。
 カウント3。

○セリーナ(12分40秒 スピアー→片)●真琴

 セリーナ退場後、トリプルテイルズ乱入。真琴を襲撃。
 華名「このスケコマシ。お前のキャンタマ一個ずつ潰してやる!」
 華名は次回大会?で1vs3を要求。
 TAJIRI「(真琴に)スケコマシじゃないから。真琴さん、よくやったよね!」

 セリーナ素晴らしかった。
 真琴もセリーナの手の平の上とはいえ、間違いなく世界レベルを体感できたことは大きい。健闘した。
 セリーナは昼間の朱里戦も見たいなぁ。

▼第5試合
KUSHIDA&Mentallo vs 大原はじめ&ジェシカ・ラブ

 KUSHIDA&Mentalloは合体テーマで入場。
 試合開始。
 序盤からMentalloがブハドーラ。
 KUSHIDAと大原は激しくやりあう。
 ジェシカを中心に華やかな?展開。
 5分経過。
 KUSHIDA&Mentalloは合体技連発。
 ジェシカのスワントーンボムから大原が技を繋ぎフォールもカウント2。
 KUSHIDAと大原で切り返し連続。
 最後は大原がこだわりのランニング・フォアアームで勝利。

○大原(8分9秒 フィンランド式フォアアーム→エビ)●KUSHIDA

▼第6試合=セミ ハードコアマッチ
スターバック vs スペル・クレイジー

 フィンランド、メキシコ、異色すぎる外国人対決は反則自由のハードコアルールに。
 クレイジーはごみ箱に山ほど凶器積めて登場。
 スターバックは椅子を両手に持ち登場。ジーパン・Tシャツで戦う。

 試合開始。
 FCFコールとECWコールが交錯。
 クレイジーがドロップキック連発。速くて高い。
 場外乱闘はスターバックがペース掴む。。
 スターバックが竹刀攻撃。
 スターバックが椅子持ち出すもクレイジーが逆に使う。
 5分経過。
 ECWとFCFのコールが交互に起きる。
 場外乱闘。
 会場の壁が破壊された!ヤバい!w
 そして私の周りの座席崩壊w
 リングに戻りクレイジーが椅子からのムーンサルト。
 スターバックは仔牛の焼き印押し!
 すげえ攻防(笑)
 スターバックは布状のものでチョーク。
 クレイジーが空中技でやり返す。
 スターバックが椅子攻撃。クレイジーの動きが止まる。
 15分経過。
 スターバックが椅子をリングに敷き、そこへパイルドライバー!
 これは返せない。
 3カウント。

○スターバック(16分3秒 椅子の上へのパイルドライバー→片)●クレイジー

 もっと長くやってもいいぐらい。
 でも面白かった。
 流血のスターバックは格好いい 。

▼第7試合=メイン FCFチャンピオンシップ
TAJIRI(c) vs マイケル・コバック

 スターバックに勝利したコバック、一気にTAJIRI超えもなるか?

 コバックが日本国歌吹奏中にTAJIRIを襲撃!
 なんてやつだ!
 そのまま試合開始。
 TAJIRIがキック連打で怒りの反撃もコバックはリスト掴みながらのラリアットを連打。
 コバックは巨体のわりに素早く動く。
 セントーン。
 5分経過。
 TAJIRIのタランチュラを抱え変則のフェイスバスターへ。
 コバックのダイビング・ボディプレスはTAJIRIかわす。
 TAJIRIがエルボー連打。連打連打。狂ったように打ち込み場外乱闘で雄叫び。
 リング戻りTAJIRIがハンドスプリングエルボー。
 コバックが強引にライガーボム。
 それでもTAJIRIは反撃、バズソーはかわされるも顔面へドロップキック。
 トップコーナーに上がったTAJIRIをコバックが追いかける。
 コバックが雪崩式パワースラム。
 カウント2。
 更に必殺のコバッククラッシャー(ハイジャック背骨折りから後方に叩きつける)狙うもTAJIRIは着地、トラースキック。
 コバックはベルトを持ち出す。
 レフェリーとベルト綱引き。レフェリーが大きなリアクションでフットブ。
 コバックがベルトでTAJIRIに一撃。
 カウント2。
 続けてコバッククラッシャー!
 完全に決まり足踏み式でフォール。
 カウント3。

○コバック(12分31秒 コバッククラッシャー→体)●TAJIRI

 なおもコバックはTAJIRIに攻撃。
 スターバックが救出に現れる。
 コバック退散。
 なんとスターバックがTAJIRIにパイルドライバー!
 FCF勢現れTAJIRIをボコボコ。コバックは無視で退場。
 そこに大森が救出に現れる!
 蹴散らす蹴散らす、大森さん格好いい!
 AKIRA「大森さん、宝物を掴みましょう!もうスマッシュの一員ですよね、TAJIRIさん…(TAJIRIはダメージでダウン中)」
 AKIRAが締めて終了。

 なんだか一昔前のアメリカのインディー団体でよくあるような展開だ。
 そんな絵に大森さんがハマってた。
 バットエンドではあったし、コバックも全部見せちゃった気はするけど、いろいろあって面白かった。

速報終了です。

 [ プロレス ] BLOG人気ランキング 
 「WNC・スマッシュ」に関する情報はコチラ↑からでも探せます。

85種類もの面白くて可愛いドメインがたくさん!ロリポップ!レンタルサーバー★



  カテゴリ: WNC・スマッシュ  2011-01-29
投稿者:杉 | 固定リンク | コメント 0 | トラックバック
«Prev || 1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 || Next»
コンテンツ

情報クレクレ掲示板
ニュースを発見したら書き込んでください。「ブラック・アイ2」に関する質問等もこちらでOK。

「ネットプロレス大賞公式サイト」はコチラ
 サイト管理人・ブロガーなどネット・ユーザーのみが投票可能なプロレス大賞。
ネット・プロレス大賞 2011
ネット・プロレス大賞 2010
ネット・プロレス大賞 2009

※以下は更新を終了したコンテンツ
楽天・注目商品
【プロレス/格闘技】WWE John Cena (ジョン・シナ) Neon ベースボールキャップ 【あす楽対応】...
 >>>  アメプロ(WWE・TNA)・プロレスのグッズ・Tシャツならココ → プロレス&MUSICバックドロップ

楽天・プロレス&格闘技 プロレスグッズshopバトルロイヤル
 プロレスグッズ専門店、Tシャツ・フィギュア・マスク・DVD…マニアックなモノ含め何でもある!
【楽天市場】プロレスショップバックドロップ
 アメプログッズならお任せ。新作から絶版モノまで幅広く取扱中。
ボディメーカー
 格闘技用品、筋トレ(ダンベル・サンドバッグ)など販売。
フィットネスショップ
 格闘技用品、トレーニング用品販売。
<以下は楽天ではありません>
DEPORTES(デポルテス)
 原宿にあるプロレス・サッカー・野球グッツのスポーツアパレル店。296さんが店長。

COMMENT

コメント一覧100件を表示

  • …>ダルトンおじさん ありがとうござい...
  • ダルトンおじさん…久々のブログ更新ありがとうございま...
  • …投票は締め切られました。 皆様ありが...
  • 真山…「MVP」中邑真輔 「最優秀試合」WWEサ...
  • ハート…「MVP」1位。中島安里紗。去年からの...
  • ぱっぎゅん…MVP ①石川修司 ②くいしんぼう仮面 ③...
  • ヘソファミ…MVP:  1位=内藤哲也、2位=ケニー...
  • …ここまで入力済み。 1件、サイト不明。
  • あらやどん…目の具合の方はいかがですか?新ブロ...
  • ツカタ…「MVP」藤本つかさ 「最優秀試合」杉...
TRACKBACK

トラバ一覧50件を表示

    CATEGORY